REGARD(敬愛)のアンティークリング

アンティークを代表する指輪REGARD ルビーのR、エメラルドのE、ガーネットのG、アメシストのA、ルビーのR、ダイアモンドのD。
石の頭文字を並べると REGARD 敬愛するという意味になります。
19世紀に貴族たちの間で流行していた愛情を伝えるジュエリーで、一番よく用いられたのは「REGARD」ですが「AMORE」や「DEAREST」などでも存在します。
その貴族的なロマンチックな言葉遊びが由来となったREGARDリングは、アンティークジュエリーを代表するリングです。
文献などにもよく掲載されていますが、実際に市場で出てくるのは非常に少ないです。
もともとはREGARDリングはその由来はフランス貴族にあったようですが、製作されたのはイギリス製のもののほうがずっと多いです。
こちらのリングにもイギリスの刻印が入っています。 状態の良い比較的後年のREGARDリングです REGARDリングは年代として19世紀初頭から作られはじめますが、このリングはその作りや細工から判断してREGARDリングとしては比較的後年の製作。
19世紀後期-1900年頃の頃のイギリス(ヴィクトリアン末期)で製作されたリングだと思われます。
初期の頃のREGARDリングは、小さな爪で4隅を留めたタイプのものも多いため、爪の摩耗などが見られるものも多いです。
一方このリングは爪はあるものの、宝石が台座に深く埋め込まれていてセッティングに安定感がある状態の良いリングです。
エメラルドを始め、いずれの色石も明度が明るい石が用いられています。
全体のフレームも比較的しっかりとしているのも嬉しいポイントです。
REGARDリングは多色のリングであるためイエローゴールド一色のセッティングが一般的で、このリングも然りです。
18カラットゴールド。
1900年頃のイギリス製。
指輪サイズは13.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:4mm 
    重量:3.5g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

REGARD(敬愛)のアンティークリング

  • 左からルビー、エメラルド、ガーネット、アメシスト、ルビー、ダイヤモンド
  • 縦幅が4ミリ強のリング、横一杯に色石が広がり華やかです
  • 少しピンクを帯びた鮮やかなルビー、エメラルドも明度の明るい石です
  • 台座に埋め込まれるようにセットされていて、爪は飾り程度、安定感があります
  • 18CT、イギリスの18刻印が入っています
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング
  • REGARD(敬愛)のアンティークリング

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

REGARD(敬愛)のアンティークリング

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

センチメンタルジュエリー 愛を誓うラヴジュエリー(ハートジュエリー REGARDリング)

アンティークジュエリーの中には、個人的な愛情や思い出を表現したセンチメンタルジュエリーと呼ばれるジュエリーが存在します。
センチメンタルジュエリーは大きく分けて「宗教的な信仰を誓うもの」「故人を偲んだモーニングジュエリー(mourning jewelry)」「愛する人との永遠の愛を誓うジュエリー」に分けられます。
ここではラヴジュエリーについて書きますが、モーニングジュエリーについては下記をご参照ください。
センチメンタルジュエリー モーニングジュエリー(mourning jewelry)

センチメンタルジュエリーがヨーロッパで製作されはじめたのは1800年前後からです。
下記は18世紀末のハートモチーフの胸飾り。
後ろの構造から元々衣類に縫い付けられていたものと思われます。

18世紀のハートの胸飾り

ロケットやブレスレットのクラスプに、小さな肖像画を入れたセンチメンタルジュエリーもイギリスで1830年頃に流行します。
目だけ描かれた肖像画をジュエリーにするというのも1780年代から流行します。
ポイントは肖像画に描かれた人を特定するのが難しく、秘密にできるということです。
下記はヴィクトリアアルバート美術館所蔵の「lover's eye」のブローチ。
製作年度は1800-1820年。

モーニングジュエリー
(c)Victoria and Albert Museum, London

フランスでもセンチメンタルジュエリーは作られましたが、数は少ないです。
またイギリスのやや大げさなほど「約束」を前面に出したものではなく、ハートや花などのモチーフ(そのモチーフが持つメッセージ性)を上手に生かしたもの。
手で愛情を表現したものなども好まれました。

センチメンタルジュエリーは、文字が彫られたものもあります。
下記は当店で販売済みのシール(印章)。
「plus loin plus serre(離れれば離れるほど(心は)近くに)」というロマンティックな愛の言葉が彫られています。

アンティーク印章ペンダント(栗鼠、コーネリアン、シール)

またセンチメンタルジュエリーのラヴジュエリーのモチーフの一つとして人気が高かったのが、ハートです。
ハートの起源は古く、中世にまで遡ります。
キリストが「自らのハートを人々への愛の証として見せる」、ということから始まりますが、心臓は愛と感情が宿る大切な場所ということで、ハートモチーフのジュエリーは愛情や幸福を象徴しています。

下記は当店で販売済みのダブルハートのペンダント。
エナメルで描かれた花はパンジー(pensee)、花言葉は「私を想って)です。

ダブルハートとのエナメルのペンダントネックレス

下記はイギリス、ヴィクトリアアルバート美術館所蔵のハートモチーフのリガード(Regard)ペンダント。
ハートと南京錠で、「あなたが私のハート(心)の鍵を握っている」と言うメッセージを伝えています。
また使用されている宝石は左からルビー(ruby)、エメラルド(emerald)、ガーネット(garnet)、アメジスト(amethyst)、ルビー(ruby)、ダイヤモンド(diamond)でその頭文字をとって「Regard」のメッセージが込められています。

リガードハート
(c)Victoria and Albert Museum, London

下記もイギリス製のダブルハートのペンダントで、ヴィクトリアン後期の製作です。
ダブルハートと鍵がモチーフの何ともロマンチックなモチーフです。

ヴィクトリアン、ダブルハートと鍵のブローチ(19世紀後期/イギリス/ルビー、ダイヤモンド)

センチメンタルジュエリーと言えば「REGARD」を抜きに語ることはできません。
REGARDのリング

宝石を並べるとそこには「REGARD(敬愛)」のメッセージが浮かびます。
R(ルビー) E (エメラルド) G (ガーネット) A(アメジスト) R(ルビー)D(ダイヤモンド)。
このような宝石の頭文字を取って表現されたジュエリーとしては「REGARD」の他には「DEAREST」などがあります。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.