アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

希少なフランスのエタニティーリング 20世紀初頭のフランス製。
現在でも指輪のデザインとして人気のある「エタニティーリング」。
発祥は1900年頃のヨーロッパに遡ります。
ただフランスのアンティークジュエリーにおいて「エタニティーリング」はとても少ないです。
フランス人はエタニティーリングのことを「alliance americane(アメリカの婚約指輪)」と呼ぶことがありますが、どうやらこの時代ヨーロッパに影響を受けたアメリカ人に好まれたデザインのようです。
こちらの指輪はフランスの刻印が入っておりますので、希少な当時のフランス製です!
指輪全体ではなく、全体の3分の2ぐらいぐらいがエタニティーになっています。
正面から見たときも横から見たときも指いっぱいにダイヤモンドが広がり、やはり一つは欲しい憧れのリングです。
ダイヤモンド10粒の競演 中心のダイヤモンドが3.5ミリ強、末端のダイヤモンドが直径3ミリ。
ほぼ同じような大きさでありながら、若干グラデーショのように大きさの変化するダイヤモンドが並んでいるのには恍惚とします。
ダイヤモンドはいずれも無色透明の20世紀らしい素晴らしいクオリティーのダイヤモンド。
いずれの石もオールドヨーロピアンカットされており、光を受けてそれぞれが共鳴しあっています。
地金は爪部分も含めてすべて18金ホワイトゴールド。
当時らしく1石ずつ手作りの台座を少しずつ大きさを変えながら作り上げられています。
その美しいグラデーションはダイヤモンドの裏側「石の窓」を見ても気持ちが良いです。
手にすると思いの他、重量感があります。
フレーム部分にもたっぷりゴールドが使われており、ちょっとぽっちゃりとした柔らかみのあるフレームも、今のエタニティーリングにはない魅力です。
ひし形のフランスの工房印まで入っており、しっかりと作りこまれたジュエリーです。
指輪サイズは13.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:4mm 
    重量:2.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

  • 右から左まで3.8センチに渡ってダイヤモンドが連なっています
  • 正面と横からはフルエタニティーリングのようにダイヤモンドだけが見えます
  • どの石も他のリングなら1石でメインを張れる大きさとクオリティーです
  • ハーフ(半分)と言うより3分の2ぐらいのエタニティーリングです
  • 石の裏を見ると完成度の高さが分かります。フレームは厚めでしっかりとした作り
  • アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークエタニティーリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークエタニティーリング(エタニティリング)

現在でも「エタニティーリング」と呼ばれて愛されている指輪デザインの歴史は古く、フランスでは18世紀のジュエリーに既にエタニティリングを見つけることが出来ます。
この指輪デザインのことをフランス語では「Alliance(結婚指輪=マリッジリング)」と呼びます。
この「alliance」という言葉は元々は、「同盟」とか「協定」といった意味のフランス語で、そこから転じて「結婚」、「結婚指輪」を指します。

下記は当店で販売済みの18世紀のエタニティリング。
緑石はペーストガラスです。

18世紀エタニティリング(緑ガラスペースト、結婚指輪)

アンティークのエタニティーリングはダイヤモンドだけでありません。
古くは上記のようなペーストガラスも用いられましたし、下記はマルカジットを用いたエタニティリングです。(19世紀初頭)

アンティークエタニティーリング(マルカジット、銀製、19世紀初頭フランス)"

エタニティリングはまた、20世紀初頭にアメリカ人に愛されオーダーされた指輪デザインです。
フランスのアンティークジュエリーでもこの頃に作られたエタニティーリングが数としてはもっとも多いです。
そのため、フランスでは「Alliance Americaine(アメリカの結婚指輪)」とも呼ぶことも多いです。
半周だけ宝石が巡らさせたものは、半分と言う意味の「Demi」が前について「Demi-alliance」と呼ばれています。

フルエタニティーダイヤモンドリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

セミエタニティーリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

ダイヤモンド以外の宝石もエタニティーリング(セミエタニティーリング)に用いられました。

下記はガーネットのフルエタニティリング(フランス、1840年頃)。

アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

そしてフランスだけでなく、下記はロシア製作のトルコ石をあしらったエタニティーリング。

アンティークトルコ石エタニティ指輪(ロシア、花冠)

下記のように2つのまったく同じサイズのエタニティリングをあらかじめ重ねづけするように作ったリングも作られました。
これは今日では別々に着けることもでき、とても重宝ですね。

ルビーとダイヤモンドのアンティークセミエタニティーリング

アンティークのエタニティリングは当店でもよくお問い合わせを頂きますが、そもそも数が少ないのに加えて、フルエタニティリングの場合はサイズ直しができないのが難しいところです。
指にぴったりの特にフルエタニティのアンティークリングで気に入られたものを見つけられたときは、迷わずにご購入をお薦めいたします!

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.