ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)

大粒で厚みのあるローズカットダイヤモンド 横幅5.5ミリ、縦幅6ミリの大きなダイヤモンドが用いられています。
しかも横から見ると分かりますが、厚みがしっかりあり、ファセットの多いダッチローズカットにされています。
この時代、良質なダイヤモンドはオールドマインカットにされることが多く、ローズカットは破片のように薄い石を用いることもしばしばでしたから、このように大きさも厚みもあるローズカットダイヤモンドはとても少ないです。
透明で色も無色のとてもきれいなダイヤモンド。
シンプルな一つ石で、大きさのあるローズカットダイヤモンドのリングは誰もが一つは手に入れたいと思うアンティークジュエリーの一つではないでしょうか?
小さなダイヤモンドを複数集めたクラスターリングなどに比べても、一つ石のリングは見つけづらく、特にこのような大きさのあるダイヤモンドは王道でありながらなかなか入手できません。
ぜひお見逃しなく!
お値段もダイヤモンドの大きさ等のわりにリーズナブルに出せていると思います。 状態良し、工房の刻印も入っています 端のほうにわずかなえぐり傷がありますが、古い時代のローズカットではこのような端のえぐれはないことの方が珍しいです。
ヒビや欠けなどもなく、きれいな状態です。
7つの爪で緩みなく綺麗にとまっていて、爪の状態も良いです。
刻印が2か所に入っています。
1つがフランスの18カラットゴールドの刻印である鷲の頭。 もう片方のひし形の刻印のほうが、工房の刻印です。
フランスの刻印はサイズが小さく、年月にいよる摩耗もあり工房印が押されていても読み取ることが困難な場合が多いのですが、「P.G」と工房印の中の文字まで読むことができるのは幸運です。
1900年頃のフランス製。
指輪サイズは13号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:7mm 
    重量:2.9g
    商品の状態:ダイヤモンドの端にわずかなえぐれあり
  • 販売価格:売り切れました。

ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)

  • 無色のきれいなダイヤモンドは厚みもありもっこりとしています
  • 直径が5.5-6ミリ、ローズカットダイヤモンドとしては異例の大きさです
  • 8つの爪はホワイトゴールド。石のカッティングにも乱れがなく立体的です
  • 縦より横より厚みが一番ある、ローズカットとしては珍しいダイヤモンドです
  • 刻印は時計でいうところの4時と6時の方向に入ってます。こちらは工房印
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)
  • ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ダッチカットローズカットダイヤモンドリング(フランス製)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

ローズカットダイヤモンド、ダッチローズカットのアンティークジュエリー

ローズカットのダイヤモンドは、ブリリアンカットが主流となっている現在においては珍しい存在で、「アンティークジュエリー」ならではの味わいのあるものとして人気があります。
ローズカットとは、底辺が平らでドーム上にもりあがった上部に三角形のファセットカットが施されたカッティングのことです。
表面に細かなファセットが入っていて、ダイヤモンドの上部にテーブル(平らな面)がなく、バラのつぼみが開いたように見えます。
フランスでローズカットのダイヤモンドジュエリーは特に18世紀から19世紀半ばのジュエリーに見られますが、ブリリアンカットが19世紀半ばに登場してからも完全になくなるわけではなく、特に小さなダイヤモンドでは度々用いられ続けます。
ダイヤモンドのカッティングは大まかに言いますと
「ポイントカット→テーブルカット→ローズカット→ブリリアンカット」と変遷していきます。

ところでローズカットダイヤモンドはアンティークジュエリーの代名詞のように語られることが多いですが、現代でもカッティングそのものは可能です。
「ローズカットダイヤモンドだから必ずしもアンティークジュエリー」とは限らないということぜひ気に留めておかれてください。

またローズカットダイヤモンドはブリリアンカットのように「どこから見ても輝くよう計算されたカッティング技法」ではありませんので「ローズカットダイヤモンドは光らない」とおっしゃる方もいます。
しかし良質なローズカットダイヤモンドは控えめな輝きながらも、綺麗に煌きます。

また驚かれるかもしれませんが、一言で「アンティークダイヤモンドのローズカット」と言っても、実はローズカットも何種類かありそれぞれ異なります。 例えば下記は「ダッチローズカット(Holland cutting)」と呼ばれるものです。
dutchrosecut.jpg ダッチローズカットブレスレット
ダッチローズカットは普通のローズカットよりカット面数が多く、ダッチローズカット・ダイヤモンドは、優れたカットの石が使われていることが多いです。
ちなみにその名前からも分るようにダッチローズカットはオランダで生まれましたが、オランダに限らずフランスなどのアンティークジュエリーでも見られます。
ダッチローズカットはよくローズカットの見本のように示されていますが、実際のアンティークジュエリーではもっとファセット面が少なく簡略化されたローズカット(「シンプルローズカット」と呼ばれることもあります)の方がむしろ多く見られます。

シンプルローズカット
シンプルローズカット
18世紀ダイヤモンドピアス

他にも底がちょっと厚みがあるものとか、上部がドーム状にふくらんでいるもの等々、ローズカットも色々違いがあります。


ローズカットは主に17世紀半ばから19世紀半ばにかけてジュエリーに用いられます。
17世紀半ば以前はダイヤモンドはテーブルカットや原石に近いダイヤモンドが用いられており、1850年以降はオールドヨーロピアンカット(ブリリアンカットの一種)が登場します。
しかしながらその後も特に脇石などの小さめのダイヤモンドにはローズカットが施されることも多く、「ローズカット」と言うカッティングだけからそのジュエリー(あるいはダイヤモンド)の年代を特定することは難しいです。
もちろんダイヤモンドのカッティングは年代を特定する大事な要素の一つには違いありません。
18世紀のローズカットと19世紀のローズカットには違いも見られます。
一般的に18世紀のローズカットのカッティングは19世紀のそれよりずっと平坦で、またダイヤモンドももっと中に黒い内包物の見られるものが多いです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.