1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)

高評価を得る1970年代のエステートジュエリー 1970年頃は世界的な景気の良さも反映し、歴史的に見てもオートクチュールそしてハイジュエリーにとって素晴らしく恵まれた時代の一つです。
「アンティーク」と呼ぶほど古くはありませんが、1970年代の良質なジュエリーは欧米を中心とするジュエリー市場で、時にアンティークジュエリーを凌ぐ価値が認められています。
高い評価の理由は、無駄をそぎ落とした「勢いを感じさせるモダンデザイン」。
一見1920-1930年代のアールデコのジュエリーをリバイバルしているようで、重厚でジュエリーのサイズも大きめです。
実際にこのリングも通常のアンティークジュエリーより大きく重量も2-3倍あります。
幾何学的なシャープなデザインとたっぷりのボリュームが、現代のファッションと絶妙にマッチします。
近年の70年代ジュエリーブームに納得がいきます。
こちらのリングは、スクエアを基調とした幾何学的なデザイン。
スクエアを曲げた、デフォルメされたシルエットが芸術的です。
70年代のリングの例に漏れず大きさもあり、今の洋服にもかっこよく馴染みます。
全体はイエローゴールド。
そして中心部の3本の縦長のスリットは、ホワイトゴールドで出来ています。
宝石を一切使っていないのにもかかわらず、この存在感。
指輪のフェイス部分はうねるようなカーブを描いていて、唯一無二の現代アートのような作品です。 面白い刻印が入っています このリングにはイギリスの、Sheffieldの刻印が入っています。
ではイギリス製かと言いますとそれは不明です。
なぜなら「18(横に配置)750」という金のカラットの表記の仕方は、イギリスのSheffieldのアセイオフィスで押された刻印には間違いないですが、「輸入品」に押される刻印だからです。
フランスの刻印も、出自が証明できないだけで明らかにフランス製のジュエリーに「(フランスへの)輸入品の刻印」が押されることも多く、刻印だけでは製造国がはっきりしません。
少なくとも読み取れるのは、このリングが 1975年までに押された刻印であることです。
デザインから判断して70年代にイギリスあるいは他の西ヨーロッパで製作された指輪です。
指輪のフェイスには側面も含めて、スリット模様が入っています。
わざと粗めにそして乱雑に見えるように入れられたスリットのカッコよさ。
いわゆるアンティークジュエリーとは一線を画するクールな、70年代のリングです。
18カラットゴールド。
指輪サイズは13号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:14mm 
    重量:6.2g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:198,000円(税込み)

1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)

  • ゴールドがいずれも大胆につや消しされていて、ざらっとしたような触感です
  • 縦幅が1.4センチ、重さと大きさがあり中指にしてもかっこいいリングです
  • 長方形をデフォルメした独特のデザイン、硬いゴールドという素材で見事です
  • YG,WGとも落ち着いた色合いで特にWGは銀のように見える色合いが渋いです
  • 右からアッセイマーク、18ctゴールドの刻印2つ、デイトレター
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)
  • 1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

1970年代ゴールドリング(エステートジュエリー)

198,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

どこまでが「アンティーク」でどこからが「ヴィンテージ」なのか? アンティークやヴィンテージという言葉はよく耳にしますね。
ではどこまでを「アンティークジュエリー」と呼び、どこからを「ヴィンテージジュエリー」と呼ぶのでしょうか?
「アンティークは100年以上たったもの」という定説はありますが、今日ではジュエリーに関しては1930年代のアールデコまでを含んで「アンティークジュエリー」と呼ぶのが一般的です。
1930年代と言いますと厳密に言えば100年を経ていないですが、ジュエリーの素材や製造過程、デザインがその時代特有のものか、量産を目的としたジュエリーか否かがアンティークとヴィンテージを分けるひとつの基準で、それが1930年代で分かれると考えられています。

それでは1940年以降のジュエリーに価値がないかというとそういう訳ではありません。
特に1940年代のジュエリーには戦火の迫る中、その時代にしかない特徴的なデザインで高く評価されています。
1940年代というと、第二次世界大戦を思い浮かべる人が多いようです。
ですので40年代ジェエリーというと、「戦争中にジュエリーなんて作っていたのですか?」と質問をされることがあります。
40年代ジュエリー(フォーティーズスタイル)とは正確に言うと、1939-1943年当たりに作られたジュエリーを指します。

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーに関して更に詳しい情報は1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.