カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

評価の高まる50年代ジュエリー この指輪は当店で通常扱う指輪より後の時代、1950年代の作品です。
アンティークと言うよりヴィンテージと呼ぶべき時代のリングですが、この時代の一部のハイクラスのジュエリーは近年欧米で大変人気があり、近年は私も気に入ったものは仕入れるようにしています。
50年代のジュエリーは、1940年代に比べても更に大きくダイナミックに変化します。
地金としては1937年頃までフランスではホワイトのジュエリー(プラチナあるいはホワイトゴールド)が流行しますがそれ以降は肉厚のイエローゴールドが好まれます。
この指輪もその例に漏れずイエローゴールドを豊かに使った作品です。
19世紀ジュエリーでは肉厚なゴールドはつや消しなどが施されていたり古色での仕上げになっていることが多いですが、この時代のイエローゴールドは表面全体を鮮やかに磨き上げらたものが多いです。
デザインも簡略化されているものの、ジュエリー製作としては非常に手が込んでいて高い技術が見られるのが、この時代のジュエリーの魅力です。
カボションカットブルーサファイヤ 中心の青石はブルーサファイヤで、カボションカットにされています。
その両隣がダイヤモンド。
縦にメッシュがはいったイエローゴールドの地金を背景に、宝石は円形でセットされていて、その対比がユニークです。
手にするとずっしりと重く、通常のアンティーク指輪の2倍ほどの重みがあるのも実にこの時代らしいです。
大きく重厚に作られたフィフティーズのジュエリー。
身に着けた時に特別な存在感は、やはりこの時代特有のものです。
ボリュームがあり現代のお洋服との相性も抜群です。
指輪サイズは13号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:13mm 
    重量:6.2g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:194,400円(税込み)

カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

  • 19世紀までのアンティークとは異なる、時代を切り開く革新さがこの時代の魅力
  • 指輪の縦幅が1.3センチとボリュームもあり、マニッシュなスタイルとも合います
  • 宝石が台座に直接付いているように見えるところも面白いです
  • ゴールドメッシュは手作業で削りだしてます。宝飾技術がまだ高いのです
  • フランス18金の刻印と工房印の両方が残っています
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

194,400円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

戦後のエステートジュエリー(ヴィンテージブランドジュエリー)

戦後エステートジュエリー
戦争から解き放たれた開放感とともにより自由で女性的なデザインにか変わっていきます。
アールデコを継承した幾何学的なデザインの他に花やリボンなどフェミニンなデザインのジュエリーが作られ、それらが流行の主流になっていきます。
1930年代までのジュエリーに比べて制約から放たれ解放感に溢れ、女性的で柔らかいデザインです。
デザインも簡略化されているものの、ジュエリー製作としては非常に手が込んでおり高い技術が用いられています。

ファッションの世界では1947年にクリスチャン・ディオールが発表したコレクションが「ニュールック」と呼ばれヨーロッパ中を席捲します。

ディオールニュールック

ゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、長いフレアースカートが特徴です。
ジュエリーもエレガントで女性的なシルエットが求められるようになります。

艶やかなイエローゴールドをたっぷり使用したジュエリーは、戦後の女性達が求めたフェミニンなファッションと共に時代の主流になっていきます。
下記は当店扱いの1940-1950年頃製作推定のブローチ。
裏面がクリップになっているのも特徴的です。

デザイン美、機能美、ファッション性、新しい時代を告げるジュエリー

戦後のジュエリーに関して更に詳しい情報は1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.