17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

なんと17世紀末にまで遡るリングです これまで仕入れたジュエリーの中で、指輪としてはもっとも古い時代まで遡る指輪です。
製作されたのは17世紀の末から1700年頃にかけて。
これまで18世紀のテーブルカットダイヤモンドの指輪は数点扱ってきましたが、ぎりぎりですが17世紀末とはいえ17世紀まで遡る指輪は当店としても初めて仕入れることができました。
バロック様式の只中にあった17世紀。
ドーム状になった銀の台座がなど、台座を中心とした独特のセッティングが18世紀と大きく異なり、整然としたラインが特徴的です。 古の時代のテーブルカットダイヤモンド ダイヤモンドはテーブルカットです。
テーブルカットはご存知の方も多いと思いますが、基本的には18世紀までのダイヤモンドに見られます。
指輪自体は華奢ですが、テーブルカットダイヤモンドは大きさがあり、見えている箇所だけで横が3.5ミリ、縦が2.5ミリ程です。
銀の台座にすっぽり包まれるようにセットされていますので、石全体はもう少し大きさがあります。
厚みもしっかりあり、特に横から見たときはその直線的なラインとダイヤモンドの凄みにぐっときます。
触れると見た目以上に軽量なのも、この時代ならではです。
年月を経た独特の迫力の中にも、バロック様式ならではの一抹の可憐さが感じられます。
他のジュエリーにない、この時代の特有の雰囲気が漂いう味わいあるリングです。
指輪サイズは14号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:6mm 
    重量:1.2g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

  • フレームがイエローゴールド、宝石の台座が銀。他にない形状のリングです
  • 指輪ベゼルの縦幅が6ミリ、フレームはゼルに向かって二手に分かれます
  • 整然としたスクエアカットと丸みを帯びた台座とフレームの対称が印象的です
  • 内包物はあるものの透明感あるダイヤモンド
  • クローズドセッティング、経た年月を感じさせる丸みを帯びた台座裏面です
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)
  • 17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークダイヤモンドのカッティング(テーブルカット)

ダイヤモンドは紀元前6世紀から宝飾品として用いられていたのではないかと言われています。
しかし現存している最古のダイヤモンドは古代ローマの時代のものです。
この頃はダイヤモンドと言っても、この世で最も硬い物質であるダイヤモンドをカットする技術はありませんでした。
古代のダイヤモンドは原石のままで、八面体の結晶の形のまま使われています。
カッティングによって八面体になったのではなく、ほとんど原石の形のままセットされたのですが、こうした八面体のダイヤモンドは「ポイントカット」と呼ばれるようになります。

ダイヤモンドのカッティングが最初に生まれるのは、13世紀のことです。
ここで最もシンプルなファセットカットが生み出されます。
これが「テーブルカット」と呼ばれています。
テーブルカットはポイントカットのてっぺんと底をカットして、ダイヤモンドのダストでダイヤモンドを磨いたものです。
このテーブルカットは、中東ないしヴェネチアで考案されたものと考えられています。
下記は当店でもこれまで唯一扱う17世紀のテーブルカットダイヤモンドのリング。

17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

下記は18世紀のテーブルカットダイヤモンドリング。

18世紀 テーブルカットダイヤモンド指輪

下記もやはり18世紀のフランスのダイヤモンドネックレス。
南仏の作品です。

ビジュードプロバンス テーブルカットダイヤモンドネックレ

基本的には18世紀までのダイヤモンドにしか見られませんが、19世紀のジュエリーにも時々部分的に見かけることがあります。

これは、当時ダイヤモンドの数は絶対的に少なく、19世紀よりもっと古い年代のダイヤモンド・ジュエリーから外されて石を使っているからなのです。

テーブルカットダイヤモンドは、ダイヤモンドの極みというべき贅沢なカットです。
なぜなら傷やインクルージョンが非常に目立つカットで、当時はそうした内包物を人工的に消すことはしていませんでしたから、きわめて上質なダイヤモンドに限ってしかできないものだからです。
またファセットが少ない分、ブリリアンカットそしてローズカットと比べても、ダイヤ特有のファイヤーが出にくいです。
それでも尚、ジュエリーとしてテーブルカットにできるダイヤモンドとは最高級のものでなければならなかったのです。
またこの時代は、19世紀と比べてもダイヤモンドが想像も出来ないぐらい希少で貴重なものでした。
テーブルカットのダイヤモンドを手に入れることが出来た人と言うのは、当時の相当な権力者であることは間違いありません。
テーブルカットダイヤモンドは一見地味に見えますが、光を受けたり身に着けて動いた時に強い輝きを放ちます。
オリジナルのテーブルカットのアンティークダイヤモンドは数が極めて少ないので出てくること自体、奇跡的と言えます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.