ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)

珍しいモチーフ、ランタン(カンテラ) 珍しくランタン(いわゆる西洋のちょうちん)がモチーフになっています。
オリジナリティのあるとても珍しいチャームペンダントです。
真ん中には大粒のガーネット。
ペンダント通しにチェーンを通してペンダントとして使えますが、スタンド(自立)します。
宝石箱やデスクの上で、こんな愛らしいランタンが自立しているのを見ると癒されます。
立体的でとても良くできていて、ランタンを持つ取っ手部分までゴールドで再現されています。
エピソード欄にも例を挙げていますが、アンティークジュエリーには考えもつかない独創的なものがモチーフとして登場します。
シェルシュミディでもランタンがモチーフになったアンティークジュエリーはこちらが初めてです。 ランタンの中心、ガーネットで火を表現 明るいワインレッド色で、鮮やかな色のガーネットです。
同時代のイギリスではもう少し色がダークないわゆるボヘミアンガーネットを用いたジュエリーが多いですが、この時代のフランスではこのような明度の明るいガーネットを用いているケースも多いです。
モチーフがランタンなので、それに合うようにガーネットもフラットにカットされているところも面白いです。
温かみのある明るいガーネットの色が、火を表しているというところがユニークかつ素晴らしいコンセプト。
19世紀後期のフランス製。
18カラットゴールド。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:10mm 
    高さ:18mm 
    重量:1.7g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)

  • 自立します。奥行きもあり隙間なくセットされたガーネットがチャーミング
  • 横幅が1センチ強、縦幅が(ペンダント通しを含まず)1.8センチ程です
  • 直径7ミリと大きなガーネット。クローズドではっきりしませんが厚みもありそう
  • チムニー(ガーネットの上部)は透かしでリアリスティックなミニチュアです
  • 取っ手部分にフランス18金の刻印がうまく入っています
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)
  • ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ランタン(カンテラ)のチャームペンダント(ガーネット)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークチャームペンダント

チャーム(charm)とは腕輪・鎖などにつけて身につける飾りものを指します。
ラテン語の「歌(carmen)」から派生した言葉でフランス語ではシャルムと言います。

チャームという英語の意味は簡単なようで分かりづらいですが、 「人を喜ばせる、魅了するものや資質」、「ネックレスやブレスレットについいている小さな飾り」、「魔法の力が宿ると信じられている物や行動」といった意味があります。

ジュエリーの用語トして使うときは、しあわせを叶えてくれそうな魔法の力を持ったお守りのような装身具、といった意味合いになります。

アンティークジュエリーでは実に様々な魅力的なチャームが作られました。
チャームはそれだけでペンダントになったり、 ブレスレットから吊り下げるてチャームブレスレットになったり、小さなチャームが指輪についた「チャームリング」と呼ばれるものも存在します。

細工に長けたアンティークジュエリーではチャームも実に凝った、多用なデザインのものが作られました。
順番に見ていくことにしましょう。

まずは動物編。
ウサギ。
ウサギ(兎)のアンティークチャームペンダント

猿。
猿(モンキー)アンティークゴールドペンダントトップ (19世紀後期 ダイヤモンド)

定番のモチーフとしてハートのチャーム。
ハート型エナメル スモールペンダントトップ(アメリカ製)

やはり定番の球体のボール。
アンティーク金細工チャームペンダント

花や葉もチャームのモチーフとして好まれました。
下記は薔薇のチャーム。
薔薇(バラ)のアンティークペンダントヘッド(イエローゴールド)

変わったものとしては、実用性も兼ねた笛。
アンティークイエローゴールドの笛(ホイッスルペンダント、ミニチュアチャーム)

金細工を駆使したものが多いですが、下記はエナメルも秀逸な「手」のチャーム。
手のミニチュアペンダント(エナメル、ルビー、ダイヤモンド、天然真珠、18Kゴールド)

小さすぎて履けませんが、見事にリアルな靴。
靴のチャームペンダント(9ctゴールド)

チャームをブレスレットに垂らしたスタイルも流行します。
下記は1960年代のシャネルのチャームブレスレット。
シャネルチャームブレスレット(ヴィンテージ、1960年代)

様々なチャームの連なったブレスレット。
イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代のカクテルジュエリー、ロケット、ミニチュア)

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.