署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)

リモージュエナメル、作家のサイン入りペンダント エナメルで知られるリモージュで制作されたペンダントトップ。
リモージュエナメルは、作家のサインが入っていないものがほとんどですが、こちらのペンダントに裏面に作家Faure Martyのサインが入っています。
Faure Martyは1900-1920年頃に活躍したリモージュの作家で、ジュエリーの他にエナメル彩の施されたアールヌーボーやアールデコの陶器なども残しています。
もちろん同時代のルネラリックのような知名度はありませんが、オークションなどでもその名前が記されて取引をされるレベルの作家です。
そのサインが入ったジュエリーはやはり価値があります。
図柄はリモージュエナメルが得意とした女性の肖像画です。
光沢があり、光の当たり具合によって鮮やかな色が浮かび上がります。 多彩な色合い、 艶やかな明るい赤色を背景に、穏やかな表情の女性が描かれています。
女性は帽子をかぶっており、黄色、青、紫、シルバー。
着衣にも黄色、紺、紫、銀色と実に多彩な色合いが用いられています。
リモージュエナメルは「シャンルヴェ技法」といって、金属の下地を彫り下げて窪みを作り、そこに何度も焼成と研磨を繰り返しながら透明から不透明まで様々なエナメルを入れていきます。
使われるが色ごとに薄い隔壁で区切りますが、クロワゾネエナメルほどはっきりとした壁を作らずほぼ無線の状態ですから、これだけ多彩な色のエナメルを入れるのは色漏れしやすく大変な作業です。
赤色の背景は、地金を少し荒らしてその上に半透明の赤色のエナメルを施すことで、独特のテクスチャーを出しています。
この明度は高いけれど深みのある赤色が、女性像に絵画の額縁のような輪郭を与えています。
フレーム部分は18金ゴールド。
1900年頃のフランス製。
注:チェーンは付いていません。

  • 商品の状態:裏面に2箇所、地金の色が出てしまってる箇所があります
  • 販売価格:129,600円(税込み)

署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)

  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)
  • 署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

署名入りリモージュエナメル アンティークペンダント(作家Faure Marty)

129,600円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

リモージュのアンティークエナメルジュエリーとエナメルボックス

リモージュ(Limoges)はパリから約400キロに位置するフランス南西部にある町です。
この小さなフランスの町は、2つのことで世界的に知られています。
それが「磁器」と「エナメル」です。

18世紀の中頃、磁器の主原料カオリンの鉱脈がこの地で発見されて以来、フランス王朝の華やかな宮廷生活を飾った磁器づくりの都となります。
18世紀ロココ時代、貴婦人のあいだで珍重された愛らしいボックス(リモージュボックス)が流行します。

下記は当店で販売済みのリモージュの香水瓶ボックス。
このような小さなリモージュの小物入れは、かつてはアンティーク市場で比較的豊に見つかったのですが、昨今はめっきり見かけなくなりました。

リモージュ焼き香水入れ(香水ビン、1910-1930s)

一方リモージュを世界的にエマイユ(エナメル)でも有名になります。
リモージュでは古くからステンドグラスの制作が行われ。 リモージュボックスの絵付にはこのエマイユの技術が、活かされていました。

シャンルヴェ・エナメルエナメル
リモージュエナメルは、シャンルヴェ・エナメル(フランス語でエマイユ・シャンルヴェ)という技法で作られています。
金属の下地(胎)を彫り下げるなどして作った窪みを様々な素材で埋め、彫り下げていない下地の部分と埋める素材によって装飾パターンを描いていきます。
焼成過程でせっかく描いたものが流れ出てしまうこともあり、高度な技法です。


下記はリモージュの作家、Faure Martyによるペンダントです。
光の当たり具合によってエナメルの色が鮮やかに浮かび上がる、エナメルならではの幻想的な美しさです。

Faure Marty リモージュのペンダント

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.