テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)

何とテニスラケットがモチーフのペンダント 魅力的なアンティークジュエリーの一つに、一風変わったモチーフをテーマにしたチャームペンダントがあります。
これまで(人の)手や花や動物、靴、笛など様々なチャームペンダントを扱ってきましたが、テニスラケットのチャームペンダントは初めて入手します。
「テニス」のヨーロッパでの歴史は実はとても古いです。
複数の人間が1つの球を互いに打ち合うという形式の球技の起源は、紀元前にまで遡ることができ、本格的なテニスの前身は16世紀以降。
特に貴族の中で本格的に流行するのは、18世紀から19世紀にかけてで、あの有名なウィンブルドンテニスは19世紀後期に始まっています。
このペンダントが製作されたのは19世紀後期の頃のフランスです。
チャームペンダントの中でも珍しいモチーフのものは、プレミアがつきます。 金細工でネット、真珠がボール 地金はすべて18カラットゴールドと、贅を尽くしたテニスラケット。
特に見どころなのがラケットのネット部分です。
ゴールドのメッシュ編みになっています。
ラケットの内側に、このような形でゴールドのメッシュを施すことは難しく、どのようにして製作したのでしょう。
ボールはなんと真珠。
ラケットの裏面からゴールドの針を突き刺して留めています。
テニスボールだと思うとすぐにどこかに行ってしまいそうなイメージがありますが、こちらのペンダントでは取れにくいのでご安心を。
このようなミニチュアの手の凝ったチャームはアンティークジュエリーの十八番です。
テニス好きな方に、これ以上のプレゼントはございません。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:10mm 
    高さ:30mm 
    重量:1.1g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:110,000円(税込み)

テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)

  • 横幅1センチ、縦幅3センチ程のラケット、重さは軽いです
  • チェーンを通した時はこのようにやや斜めになります
  • ハンドル部分のシルエットや模様まで成功にできたミニチュアです
  • ネットに吸い付いたようなボールは裏側からしっかり留められてます
  • フランス18金の刻印あり、チェーン通しもついてるのですぐに使えます
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)
  • テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

テニスラケット アンティークチャームペンダント(18金)

110,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

アンティークチャームペンダント

チャーム(charm)とは腕輪・鎖などにつけて身につける飾りものを指します。
ラテン語の「歌(carmen)」から派生した言葉でフランス語ではシャルムと言います。

チャームという英語の意味は簡単なようで分かりづらいですが、 「人を喜ばせる、魅了するものや資質」、「ネックレスやブレスレットについいている小さな飾り」、「魔法の力が宿ると信じられている物や行動」といった意味があります。

ジュエリーの用語トして使うときは、しあわせを叶えてくれそうな魔法の力を持ったお守りのような装身具、といった意味合いになります。

アンティークジュエリーでは実に様々な魅力的なチャームが作られました。
チャームはそれだけでペンダントになったり、 ブレスレットから吊り下げるてチャームブレスレットになったり、小さなチャームが指輪についた「チャームリング」と呼ばれるものも存在します。

細工に長けたアンティークジュエリーではチャームも実に凝った、多用なデザインのものが作られました。
順番に見ていくことにしましょう。

まずは動物編。
ウサギ。
ウサギ(兎)のアンティークチャームペンダント

猿。
猿(モンキー)アンティークゴールドペンダントトップ (19世紀後期 ダイヤモンド)

定番のモチーフとしてハートのチャーム。
ハート型エナメル スモールペンダントトップ(アメリカ製)

やはり定番の球体のボール。
アンティーク金細工チャームペンダント

花や葉もチャームのモチーフとして好まれました。
下記は薔薇のチャーム。
薔薇(バラ)のアンティークペンダントヘッド(イエローゴールド)

変わったものとしては、実用性も兼ねた笛。
アンティークイエローゴールドの笛(ホイッスルペンダント、ミニチュアチャーム)

金細工を駆使したものが多いですが、下記はエナメルも秀逸な「手」のチャーム。
手のミニチュアペンダント(エナメル、ルビー、ダイヤモンド、天然真珠、18Kゴールド)

小さすぎて履けませんが、見事にリアルな靴。
靴のチャームペンダント(9ctゴールド)

チャームをブレスレットに垂らしたスタイルも流行します。
下記は1960年代のシャネルのチャームブレスレット。
シャネルチャームブレスレット(ヴィンテージ、1960年代)

様々なチャームの連なったブレスレット。
イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代のカクテルジュエリー、ロケット、ミニチュア)

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.