イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)

大人の遊び心に溢れたゴージャスなゴールドジュエリー カクテルパーティが流行していた1940年代前後のタンクと呼ばれるモデルのブレスレット。
当時のカクテルパーティジュエリーは非常に珍しく、世界中のコレクターに探されています。
ゴールドのブレスレットには8つのチャームがついています。
MとSのモノグラムが美しいハートペンダントはロケットになっています(開きます)、吹くと今でも綺麗な音が出る笛、車輪を手で回すことができる電車、足にルビーのついたギタリスト、煙突まで表現された家、手で回すことができる風車、赤いハート(エナメルの流し込みのよう)を閉じ込めた鳥かご、目にルビーの入ったプードル。
1940年前後の高度な金細工技術と、カクテルパーティに興じた当時の粋な遊び心が生んだ、最高に贅沢なゴールドチャームの世界です。
着けた時の音まで楽しみたい、大人のためのヴィンテージジュエリー それぞれ個性的なチャームは、時にはチャーム同士がぶつかってカチャカチャっと楽しげな音が鳴ります。
留め具もとてもよくできていて、ぱっと見た感じではどこに留め具があるのか分りません。
そして留め具の上下にセキュリティーフック。
それぞれのチャームが均等な重さでできていて、身に着けた時に美しく広がるよう計算されています。
艶やかなイエローゴールドを惜しげなく使ったこのようなジュエリーは、フランスでは1930年代の後半から1940年代にかけて製作されました。
当時の華やかな喧騒が今でも聞こえるようです。
コレクター垂涎の40年代ジュエリーでしかも完璧な状態なのですから、これはお見逃しなく!
ゴールドはすべて18Kゴールド(刻印が数箇所に入っています)。
長さは閉めた状態で16.2センチ(長さの調節は不可)。
ブレスの幅は1.2-1.3センチ、各チャームの高さが1-1.5センチ。
1940年代のフランス製。

  • 幅:162mm 
    高さ:25mm 
    重量:39.5g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)

  • この時代らしい艶のある明るいイエローゴールドがボリュームたっぷり
  • 同じアンティークチャームでも英ヴィクトリアンの9金のものより格段に明るいです
  • 例えばこのギタリストの実寸は1センチx1.5センチ精緻なミニチュアです
  • 風車の実寸は8ミリx1.2センチ。それで風車が回るのですから究極の金細工です
  • フランス18金の刻印が複数と工房印、刻印も比較的鮮明に残ってます
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)
  • イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代カクテルジュエリー、ロケット、チャーム、ミニチュア)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

どこまでが「アンティーク」でどこからが「ヴィンテージ」なのか? アンティークやヴィンテージという言葉はよく耳にしますね。
ではどこまでを「アンティークジュエリー」と呼び、どこからを「ヴィンテージジュエリー」と呼ぶのでしょうか?
「アンティークは100年以上たったもの」という定説はありますが、今日ではジュエリーに関しては1930年代のアールデコまでを含んで「アンティークジュエリー」と呼ぶのが一般的です。
1930年代と言いますと厳密に言えば100年を経ていないですが、ジュエリーの素材や製造過程、デザインがその時代特有のものか、量産を目的としたジュエリーか否かがアンティークとヴィンテージを分けるひとつの基準で、それが1930年代で分かれると考えられています。

それでは1940年以降のジュエリーに価値がないかというとそういう訳ではありません。
特に1940年代のジュエリーには戦火の迫る中、その時代にしかない特徴的なデザインで高く評価されています。
1940年代というと、第二次世界大戦を思い浮かべる人が多いようです。
ですので40年代ジェエリーというと、「戦争中にジュエリーなんて作っていたのですか?」と質問をされることがあります。
40年代ジュエリー(フォーティーズスタイル)とは正確に言うと、1939-1943年当たりに作られたジュエリーを指します。

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーに関して更に詳しい情報は1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.