アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)

透明だからこそ意味がある、クリスタルのロケットペンダント 2枚の円形のクリスタルを合わせて、その間に写真等を入れることができるロケットペンダント。
素材は2枚のクリスタルとゴールド枠とねじで、クリスタルを2枚重ねてゴールドの枠にはめてゴールドのねじを回すことによって、開閉ができます。
1900年頃のフランスのアンティーク作られたジュエリーで、これまで数は少ないですが何度か目にしました。
通常のロケットと異なり、中が透明なところがポイントで写真の他、四葉や押し花などを入れることが多いようです。
年月を経ても透明できれいなクリスタル。
それぞれのクリスタルの厚みが1ミリ程です。
一緒にアップしました同時期の六角形のクリスタルロケットと同様、ねじも締めきるった後もガラス部分に多少遊びがでます。
なぜかこのタイプの2つのクリスタルを重ねるロケットはいずれも同じぐらい遊びの部分があります。
ゴールドのフレームに固定されていますので、少し遊びがあってもクリスタルのフレームが外れたりすることはありません。 シンプルな楕円のシルエット 先にご紹介しましたのは六角形のクリスタルロケットペンダントでしたが、こちらは真円です。
直径が2.4センチ程。
このタイプのロケットペンダントはこのような真円のものが一番スタンダードですが、かつてクリスタルに色のついたものも見たことがあります。
2つのクリスタルを合わせてゴールドの枠に収め、くるくるとねじを回す。
分解すると、2つのクリスタル、枠、ねじの三種類に分解できます。
それが100年を経た今でも分解したり、組み合わせたりできるのですから、ゴールド枠やねじの作りも秀逸です。
ロケットペンダントのようにその構造上、負荷のかかるジュエリーこそアンティークジュエリーの良さが活きます。
1900年頃のフランス製。
18カラットゴールド。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:24mm 
    高さ:29mm 
    重量:2.6g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:64,800円(税込み)

アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)

  • こうして見ると1枚のクリスタルのように見えます。シンプルこそ美しい
  • 透明なクリスタルは背景の色を映し出し表情を変えるところも魅力的です
  • くるくる回して閉めることの出来るネジ、完全に締めあげることができます
  • 分解した状態、クリスタルも尖ったところがないので磨耗もなく綺麗な状態です
  • フランス18金の刻印あり
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)
  • アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティーククリスタルロケットペンダント(円形)

64,800円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

アンティークロケットペンダント(locket pendant)、ロケットリング(locket ring)

アンティークロケットペンダントは最も人気の高いアンティークジュエリーの一つです。
その歴史は中世のヨーロッパまで遡ります。
この頃は宗教的意味合いが強く、聖像などを収めたりするものでした。

下記は当店扱いの何と18世紀の非常に古い時代のロケットペンダント、何と「鉄」でできています。




18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)

ジュエリーとして美しいロケットが出始めるのは、主に19世紀。
19世紀初頭に、イギリスやフランスを中心に大切な人の髪や形見の品などを入れる物としてロケットペンダントが普及します。
宝石をちりばめたものや細工の凝ったものなど、美しいロケットが作られます。
下記はオニキスで作られたロケットペンダント(19世紀)。

アンティークロケットペンダント(ブラックオニキス、18金ゴールド、モノグラム)

下記は1900年頃のフランス製のロケットペンダント。
ブルーエナメルと真珠とダイヤモンド、そして葉をモチーフにしたアールヌーボーらしい構図の美しいロケットです。

ブルーエナメル アンティークゴールドロケットペンダント

イギリス・ヴィクトリア時代(19世紀中ごろ)のロケットには積極的に愛のメッセージが込められているのが特徴です。
下記はヴィクトリア&アルバート美術館所蔵の1840年頃、イギリスヴィクトリア時代中期のロケットペンダントです。
ハートの形に南京錠、その鍵が描かれています。
その心は「私の心(ハート)の鍵はあなたが握っている」です。
使われている宝石にも愛のメッセージが込められています。
ルビー、エメラルド、ガーネット、アメジスト、ルビー、ダイヤモンドでその頭文字をとって「Regard」。

ロケットregard
(c) Victoria & Albert Museum, London

下記もやはりハートをモチーフにした、こちらはフランスべルエポック時代に作られたロケットペンダント。
前述のヴィクトリアンのハートペンダントほどの重たさはなく、都会的で洗練されたロケットです。

ハートのロケットペンダント

ロケットのモチーフには時に、珍しい題材も選ばれました。
下記は当店で販売済みの、お酒のボトルをモチーフにしたロケットペンダントです。

アンティークロケットペンダント(ボトル型、天然真珠、ミルグレイン)

下記はサンジャック貝(帆立貝)がモチーフのロケットペンダント。

サンジャック貝(帆立貝)アンティークゴールドロケットペンダント

アンティークロケットでは金細工に優れたロケットが多いですが、金細工やエナメル細工が施されたロケットもアンティークジュエリーならではの醍醐味です。
下記はアールヌーボーの金細工が美しいロケットペンダント。

水仙(スイセン)アールヌーボーロケットペンダント

ギロシェエナメルのロケットペンダント。

ギロッシュエナメルネックレス (ギロシェ ロケットペンダント アメジスト)

ロケットジュエリーの大半はイエローゴールドで作られていますが中には例外もあります。
下記は銀製のロケットペンダント。

銀のロケットペンダント

またアンティークロケットペンダントも非常に人気があり、常に品薄状態なのですが、それ以上に見つけにくいのが、ロケットリングです。
ペンダントに比べても細工を施す面積が少ない指輪で、このような細工を施すのは非常に大変なことで、作られた数も極めて少ないのです。
下記は当店で販売済みのバラをモチーフにしたロケットリング。

アンティークロケットリング(フランス アールヌーヴォー 18ctゴールド)

このロケットリングのように無色のガラスの場合、何も入れない状態で着けても美しいですし、押し花のように小さな葉などを入れてもよいと思います。

下記は当店にて販売済みのイギリス・ヴィクトリアンのアンティークロケットリング。
この手の比較的小さなロケットリングは、故人の髪を入れるためのものでした。


エナメルアンティークロケット指輪

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.