アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)

ハートシェイプがチャーミングなシトリンペンダント 一粒石のアンティークの色石のペンダントはよくご要望を頂くアイテムですが、アンティークジュエリーではメイン石を脇石で囲うタイプのジュエリーも多く、大きさのある一粒石のペンダントはなかなか見つかりません。
そんな中、久しぶりに入荷したのがこのシトリンのペンダントです。
しかもシトリンの形がハート型になっています。
もともとこの形に近いシトリンがあり、それを成形してハートの形にカッティングしていったのでしょう。
美しくファセットの入ったハートです。
アンティークのセンチメンタルジュエリーでは、ゴールドでハートの形を成形したものが多くみられますが、石を用いてしかも一つ石でハートの形になったジュエリーは珍しいです。
赤石ではなく、黄色いシトリンを用いていることもポイントで、ハートというモチーフでありながら甘すぎません。 シェリー酒のようなオレンジを思わせる美しい色のシトリン 一見良質なトパーズを思わせるような、ゴールデンシェリー色のシトリンです。
照りと艶のあるオレンジイエローは、夕暮れ時に沈み行く太陽の色を思わせます。
台座の金細工にもフランスのアンティークの特徴がよく出ています。
ベルエポック時代のフランスらしい、透かしを活かした緻密な金細工が美しい台座で、横から見たときも美しいです。
透かしの模様は横から見るとフランスの王家の紋章で知られる、「フルールドリス(百合の紋章)」のモチーフになっています、
フランスらしい上品なアンティークジュエリーです。
1900年頃のフランス製。
18カラットゴールド。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:11mm 
    高さ:18mm 
    重量:1g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:121,000円(税込み)

アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)

  • 横幅が最大箇所で1.1センチ、透明感のある綺麗な色のシトリンです
  • 透明感があるので素肌の上ですと一層明るく見えます
  • ギザギザした爪も装飾の一部になっています
  • よくみると真ん中に縦に線が入ってるのが見えますが、石の内側の傷です
  • フランス18カラットゴールドの刻印あり
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)
  • アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークシトリン ハートペンダントトップ(フルールドリス)

121,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

センチメンタルジュエリー 愛を誓うラヴジュエリー(ハートジュエリー)

アンティークジュエリーの中には、個人的な愛情や思い出を表現したセンチメンタルジュエリーと呼ばれるジュエリーが存在します。
センチメンタルジュエリーは大きく分けて「宗教的な信仰を誓うもの」「故人を偲んだモーニングジュエリー(mourning jewelry)」「愛する人との永遠の愛を誓うジュエリー」に分けられます。
ここではラヴジュエリーについて書きますが、モーニングジュエリーについては下記をご参照ください。
センチメンタルジュエリー モーニングジュエリー(mourning jewelry)

センチメンタルジュエリーがヨーロッパで製作されはじめたのは1800年前後からです。
下記は18世紀末のハートモチーフの胸飾り。
後ろの構造から元々衣類に縫い付けられていたものと思われます。

18世紀のハートの胸飾り

ロケットやブレスレットのクラスプに、小さな肖像画を入れたセンチメンタルジュエリーもイギリスで1830年頃に流行します。
目だけ描かれた肖像画をジュエリーにするというのも1780年代から流行します。
ポイントは肖像画に描かれた人を特定するのが難しく、秘密にできるということです。
下記はヴィクトリアアルバート美術館所蔵の「lover's eye」のブローチ。
製作年度は1800-1820年。

モーニングジュエリー
(c)Victoria and Albert Museum, London

フランスでもセンチメンタルジュエリーは作られましたが、数は少ないです。
またイギリスのやや大げさなほど「約束」を前面に出したものではなく、ハートや花などのモチーフ(そのモチーフが持つメッセージ性)を上手に生かしたもの。
手で愛情を表現したものなども好まれました。

センチメンタルジュエリーは、文字が彫られたものもあります。
下記は当店で販売済みのシール(印章)。
「plus loin plus serre(離れれば離れるほど(心は)近くに)」というロマンティックな愛の言葉が彫られています。

アンティーク印章ペンダント(栗鼠、コーネリアン、シール)

またセンチメンタルジュエリーのラヴジュエリーのモチーフの一つとして人気が高かったのが、ハートです。
ハートの起源は古く、中世にまで遡ります。
キリストが「自らのハートを人々への愛の証として見せる」、ということから始まりますが、心臓は愛と感情が宿る大切な場所ということで、ハートモチーフのジュエリーは愛情や幸福を象徴しています。

下記は当店で販売済みのダブルハートのペンダント。
エナメルで描かれた花はパンジー(pensee)、花言葉は「私を想って)です。

ダブルハートとのエナメルのペンダントネックレス

下記はイギリス、ヴィクトリアアルバート美術館所蔵のハートモチーフのリガード(Regard)ペンダント。
ハートと南京錠で、「あなたが私のハート(心)の鍵を握っている」と言うメッセージを伝えています。
また使用されている宝石は左からルビー(ruby)、エメラルド(emerald)、ガーネット(garnet)、アメジスト(amethyst)、ルビー(ruby)、ダイヤモンド(diamond)でその頭文字をとって「Regard」のメッセージが込められています。

リガードハート
(c)Victoria and Albert Museum, London

下記もイギリス製のダブルハートのペンダントで、ヴィクトリアン後期の製作です。
ダブルハートと鍵がモチーフの何ともロマンチックなモチーフです。

ヴィクトリアン、ダブルハートと鍵のブローチ(19世紀後期/イギリス/ルビー、ダイヤモンド)

フランスジュエリーでは特にベルエポック時代に、良質なハートのジュエリーを見つけることができます。

下記は当店で販売済みのハートペンダント、ロケットになっています。

ハート型アンティークロケットペンダント(3色カラーゴールド、天然真珠)

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.