アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)

同じ美しさの花が存在しないように、同じ美しさのネックレスも存在しない 1890年頃のフランス製。
年を追うごとに希少になっていく、フランスの金細工のネックレス。
アールヌーボーの時代に作られたネックレスの面白さは、
-金細工が優れていること
そして
-デザインが優れていて、どれ一つとして同じものが存在品しないことです。
薔薇はこの時代よくモチーフにされてきましたが、一言で「バラのネックレス」と言っても与える印象はそれぞれ驚くほど異なります。
フランスのアールヌーボーのネックレスは18金で、いずれもイエローゴールドだけでできているのに、いずれもオンリーワン。
実にこれだけ多様なバリエーションが考えるうるものだと見つけるたびに喜びを感じます。
相対する美 円形の薔薇と直線的な四角いゴールドのパーツを組み合わせた変わった構造が斬新です。
薔薇という愛らしいシルエットのネックレスでありながら、クールな雰囲気も漂います。
そして薔薇は、単純にこの四角いゴールドのパーツの上に置かれているのではありません。
ゴールドを下から打ち出すことで、薔薇の盛り上がったシルエットが作られてるのです。
また気をつけて見てみますと、お花部分の色が他の部分より少し明るく艶やかに見えると思います。
これはゴールドの色を変えているというより、背景のゴールドの四角のパーツにつや消しを施しているためです。
ルーペで見ますと、非常に細い縦ラインの線模様でつや消しがなされているのが分かります。
対比により薔薇がとても艶やかに、色合いも一回り明るく見えるというわけです。
チェーンもハンドメイドの美しい細工で、アールヌーボーの頃によく見られた縦幅を長めにした美しい編み。
このタイプのチェーンはそれだけで美しい装飾ですから、お好きな方が多いです。
ネックレスの長さは46.5センチ。

  • 幅:465mm 
    重量:7g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:259,200円(税込み)

アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)

  • 花びら一枚一枚ゴールドで綿密に作りこまれています。拡大してこの細かさ!
  • 造形の美しいヌーボーのゴールドネックレスがあればそれだけで様になります
  • 左右対称の5つのモチーフが全体で11センチ程、両端でチェーンにつながります
  • 花びらは内側が艶消しがされ、花びらのめくれた所に光が差すように出来てます
  • フランス18金の刻印あり
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)
  • アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド)

259,200円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリー

知られざるアールヌーボーの本質 しなやかな曲線と自然への感性。
日本でも人気の高いアールヌーヴォー様式ですが、その「本質」は意外に知られていません。
アールヌーヴォーは19世紀末(1900年前後)、あらゆる芸術領域を席捲した装飾様式です。
ジュエリーの世界でアールヌーボーは、「貴石をシンメトリーにセッティングした従来のジュエリー作り」から「宝石的価値ではなく色によって選別した石を、美しく彫金されたゴールドにニュアンスカラーのエナメルと共にセットしたジュエリー」への脱皮をもたしました。

アールヌーボーと言うと柔らかな曲線から「ロマンチックな自然主義」と言うイメージが強いことでしょう。
しかしその根底には世紀末ならではの「デカダンス」があります。
溢れんばかりに花をつけた枝や、豊かに広がりうねる長い髪といったアールヌーボーの典型的な図柄の裏には、「自然の残酷さや死」が念頭にありました。

アールヌーボー女性像の指輪(自然主義、1890-1900年頃)

アールヌーボーのジュエラーとパリ万博(1900) 
ジュエリー界でもっとも早く「アールヌーボー」の言葉を使い出したのは、ルネ・ラリック(Rene Lalique)。
下記は1902年にイギリスで発行された「Magazine of Art」に掲載されたルネラリックのジュエリーデッサンです。
女性の顔と睡蓮が描かれたペンダントのデッサンですが、この頃はまだルネラリックはロンドンでは広くは知られていませんでした。

アールヌーボールネラリック

1900年のパリ万博では、ルネ・ラリック、メゾン・ヴェヴェール(Maison Vever/ヴェヴェール工房)、ルシアン・ガリヤール(Lucien Gaillard)の3人がジュエリー部門でグランプリを獲得します。

下記は1900年頃に製作された、ルシアン・ガリヤールの青い鳥の髪飾り。
鼈甲とプリカジュールエナメル、目の部分にダイヤモンドが入れられています。
アールヌーボーは東洋の美意識、特に日本の芸術に強い影響を受けましたが、この作品は私たち日本人が見ても、日本的な美しさを感じる作品ですね。

ルシアンガリヤール

この万博では、ジョルジュ・フーケ(Georges Fouquet)とウジェーヌ・フィアートル(Eugene Feuillatre)が金賞を受賞しました。
ジョルジュ・フーケは1898年にランの花をモチーフにしたジュエリーでアールヌーボーの作品を初めて手がけます。
そしてポスターアーティストのアルフォンス・ミュシャと一緒に、いくつものプレートをチェーンでつなげたジュエリーを発表します。
下記は1900年にアルフォンス・ミュシャがデザインした、宝石商ジョルジュ・フーケの店舗です。
ステンドグラスやモザイクタイルの装飾等、ミュシャがポスターの中で描いたアールヌーボーのテーマや曲線が再現されています。
今日、このインテリアショップの内装は、パリのカーナヴァル美術館で見ることが出来ます。

アールヌーボー、ミュシャ

また同年代のジュエラーの中でルネラリックと並び賞賛を浴びていたのが、ベルギーのジュエラーであるフィリップ・ウォルファー(Philippe Wolfers)です。

アールヌーボージュエリーに関して更に詳しい情報は、アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリーの特徴と魅力をご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.