ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)

人気のガーランド(花綱)スタイルのネックレス ふっくらと垂れ下がる大きな4つのガーランドのパーツが印象的なデザインのネックレス。
ガーランド(花綱)はフランス、ベルエポック時代にジュエリーモチーフとして好まれました。
このようなゴールドネックレスは、フランスのアンティークジュエリー特有のもので製作されたのは1890-1910年頃。
当時隆盛していたアールヌーボーの影響も見られる、フランス以外の国ではまず見られないアンティークジュエリーの類です。
しっかりと大きさのあるガーランドの装飾の真ん中に、大きめのペアシェイプ型の真珠が垂れます。
このパールはよく見ますとかなりいびつなバロックパールで、真珠を留めた傘のようなパーツもこの時代によく見られるデザインです。
バロックパールの直径は7.5ミリ程。
傘のようなパーツに小さなダイヤモンドが埋め込まれるようにセットされています。 お花、そしてリボン このネックレスの素敵なところは、ガーランド共にリボンもそのモチーフとして入っているところです。
ガーランドとガーランドの模様の間には、ゴールドで形作られたリボンが添えられています。
ゴールドという硬い素材で作られたとは思えない、しなりの美しいリボンは今まさに結ばれたばかりのようです。
リボンとリボンの間にはゴールドのチェーンが美しく垂れて、そこには小粒のパールが入れられています。
最後の貴族時代と言われたベルエポック時代にふさわしい、上品な華やぎが感じられるネックレスです。
手にすると意外なほどしっかりとした重みがあります。
特にガーランド部分がしっかり重みを持っているので、装着時もストンと綺麗に垂れてくれます。
ネックレスの長さは41.5センチ。
18カラットゴールド。
左右対称であるところも着けていただきやすいです。

  • 幅:415mm 
    重量:11.3g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:291,600円(税込み)

ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)

  • 写真からもガーランドのパーツに厚みがありボリューム感が伝わるでしょうか
  • 左右対称でど真ん中にリボン、その下に真珠が垂れるグッドデザインです
  • ガーランドの左右両端には、円形のゴールドで作られたお花が添えられてます
  • 正面から丸に近くみえますが、かなり個性的な形のパール、色艶良いです
  • フランス18カラットの刻印あり
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)
  • ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ガーランドスタイル ゴールドネックレス(花綱 リボン模様)

291,600円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

ベルエポック時代のガーランド様式(花綱)のジュエリー

「ガーランド」とは「花綱模様」のことです。
フランスではベルエポックの時代に、イギリスではほぼ同時期のエドワーディアンの時代にジュエリーモチーフとして好まれました。
花が連なった模様です。

18世紀文化への回顧
ベルエポック時代の宝飾界では、18世紀ルイ16世時代のブルボン王朝時代、あるいはそれ以前の貴族文化への回帰する動きがありました。
そこから「伝統的で貴族的なジュエリー」へのリバイバルが起こります。

このようにして生みだされたのがガーランド(花綱)モチーフ、リボンモチーフ、ローレルリースをモチーフとするジュエリーです。

ガーランドゴールドネックレス ダイヤモンド

ガーランドゴールドネックレス ダイヤモンド

ガーランド(花手綱)は、18世紀後期より結婚式の装飾として一般的でした。
フランスの地方の結婚式は野外で行われていた為に、木から木へこのガーランドの装飾を施すのが一般的でした。

下記のネックレスではガーランド(草花のモチーフの連なり)とローレルリース(下部のリース部分)の両方がモチーフとして入っています。

ベルエポック 花冠ネックレス(ローレルリース ガーランドスタイル)

ベルエポック時代よりわずかに後年になりますが、下記のネックレスも挙げておきます。
1910-1920年頃のフランス製。
やはりガーランド模様が入っていますが、ベルエポック時代のガーランド模様はほぼ例外なくイエローゴールドなのに対して、ホワイトゴールドで作られています。

ダイヤモンドネックレス(クッションカット、ローズカット、18金ホワイトゴールド)

隣国のイギリスでもベルエポック時代とほぼ同時代のエドワーディアンで同様のガーランドのジュエリーがこのようにダイヤモンドとホワイトの地金で作られています。

ガーランド様式は非常に短い期間しかジュエリーのモチーフにされなかったこともあり、現地でも大変探されていて高価なことが多いです。
まさに最後の貴族時代、ベルエポックを代表するジュエリーです。

ベルエポック時代のジュエリーに関して更に詳しい情報は、ベルエポック時代のアンティークジュエリーをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.