18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)

存在感ある18世紀のアンティークジュエリー 幅が1センチにも満たない小さなペンダントに、意外なほどにダイヤモンドが大きいペンダントトップ。
お探しの方が多いタイプのジュエリーです。
恐らく元々ペンダントトップであったのではなく、胸飾りの一部か何かであったのか後年引き輪だけ加えられてペンダントトップにされたのでしょう。
銀の台座に埋め込まれるようにセットされたダイヤモンドや18世紀独特の爪など、典型的な18世紀のジュエリーです。
お花の形の台座などデザイン的には愛らしいですが同時に、年月を経た渋さがあり古の存在感も強く出た作品です。 大きさのあるダッチローズカットダイヤモンド ダイヤモンドの大きさは直径が4ミリ程と、思いの他大きさがあります。
銀の台座に埋め込むようにセットされていて、上記の直径は表面に出ているところだけ計っていますので、実寸はもっとあるでしょう。
クローズドセッティングにされていますので光は入りませんが、透明感があり内包物も少ないです。
そしてよく見られるシングルカットのローズカットではなく、カット面が多く厚みもあるダッチローズカットダイヤモンドです。
18世紀後期のフランス製。
地金は銀。
ペンダントフック部分のみゴールド。
注:チェーンはついていません。

  • 幅:9mm 
    重量:1g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:108,000円(税込み)

18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)

  • ペンダントの直径は1センチにも満たないのに、遠目にも存在感ある作品です
  • ペンダント全体が真円に近いお花の形であるところも使い勝手抜群です
  • 埋め込まれるようにセットされたダイヤモンドは、意外なほど透明感があります
  • この銀のお花の形の台座と爪、台座に施された銀の細工が特徴的です
  • 内側にダイヤモンド、ダイヤモンドの台座、お花の外枠と3段構成です
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)
  • 18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

18世紀ダイヤモンドペンダントトップ(ダッチローズカット)

108,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

18世紀のアンティークジュエリーについて

アンティークジュエリーの中でも現在市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。
18世紀のアンティークジュエリーというのは、イギリスのアンティークジュエリーでもフランスのアンティークジュエリーであってもきわめて流通量が少ないもの。
どれくらい少ないかというと、現地のアンティークショップに行っても、ほとんどのお店にも一点もないのが普通です。
実際、当ショップでも18世紀のジュエリーは数えられるぐらいしか扱っていません。
出てくることは稀で、高いお金を払おうが払うまいが、滅多に見つけられないのが18世紀アンティークジュエリーなのです。

下記は当店で販売済みの1750年製作のパズルリング。

1750年パズルリング

フランスの18世紀ジュエリーはその大半がフランス革命(1789-1799)に入る前に作られていますから、まさに250年以上前に作られた歴史的遺産です。
ブルボン王家の最盛期から、フランス革命によって王政が滅びた激動のフランス18世紀。
歴史的に見てもとても面白い時代ですし、ご存知のとおり文化的に素晴らしく洗練されて成熟した文化が生まれて、そしてその多くがフランス革命によってフランス国外へ流出してしまいます。

「光の時代」
装飾芸術のフランス語の文献ではよく18世紀は「Siecle des lumieres(光の時代)」と表現されます。
18世紀はライトとライトネス。
蝋燭(ろうそく)が普及して蝋燭の明かりの下で過ごす時間が増えたことが、ジュエリーに大きな変化をもたらします。
この時代にイギリスやフランスでカントリーハウスも増えたこともあいまり(映画「マリーアントワネット」でも描かれていますね)、昼用のジュエリーと夜用のジュエリーがはっきり分かれるようになります。
このようにして17世紀までのヨーロッパで主流であったエナメルを多用したジュエリーから、ダイヤモンドを中心にする宝石のジュエリーへと大きな変革が訪れます。

ロココ様式ではダイヤモンドのみならず彩り豊かなジュエリー、そして大きめの宝石をセットすることが好まれました。
18世紀にエメラルドやサファイヤ、ルビーなど色のついた宝石がそれ以前の時代に比べて多くジュエリーのセットされるようになります。

下記は当店で販売済みの18世紀のエメラルドリング。
指輪はこの時代、裏がクローズドになっているのが一般的です。

j00969-1.jpg

宝石以外では、良質な無色の鉛ガラスや色つきのガラスペーストが当時の貴族たちに好まれ、ガラスとは思えないほど美しくセットされたジュエリーが見られます。
こうしたジュエリーはガラスとは言え、非常に高額に取引されていますし気高く美しいジュエリーです。

18世紀ペーストガラスネックレス(銀とスティール)

こうした本物の18世紀のジュエリーは、数十年前ならともかく現在パリのアンティークショップを回っても見かけることがほとんどありません。
当店でもこれまで仕入れることのできた18世紀のジュエリーは多くは、懇意にしているディーラーの個人コレクションを売ってもらったものです。
今後、この時代のこうしたジュエリーはますます希少にご紹介しずらくなっていきそうです。

18世紀ジュエリーに関して更に詳しい情報は、18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力をご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.