ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)

バゲットカットのブルーサファイヤ アールデコのジュエリーにおいて、ブルーサファイヤは最も好まれたカラーストーンの一つです。
ダイヤモンドとの対比で用いられることが多かった宝石ですが、こちらの指輪は例外的に、宝石としてはブルーサファイヤのみが使われています。
「原色による色の対比」はダイヤモンドとではなく、プラチナとのコントラストになっています。
ブルーサファイヤは19世紀までのカッティングとは異なり、バゲットカットにされています。
バゲットカットとはステップカット(宝石の外周が四角形に型どられており、ファセットが側面のガードルに対して平行に削られているもの)の一種で、幾何学図形をモチーフにしたジュエリーが作られたアールデコの時代に人気を誇っていたカッティングの一つです。
色鮮やかで透明度の高い目の覚めるような青色の3石のサファイヤは、よく見るとそれぞれの色が微妙に異なるところも味わいです。
天然無加工のブルーサファイヤ(ブルーサファイヤの人口処理が本格化するのは戦後、特に1970年代からです)ならではの色合いで、特に左右の僅かにエメラルドグリーンを帯びた色は滅多に見ることの出来ない絶妙な色です。
試着時の写真が自然光での色合いに最も近く、左右の石がやや淡い僅かにエメラルドグリーンを帯びた青、中心のブルーサファイヤが群青色の最も美しいブルーサファイヤの色です。
バゲットカットにされたブルーサファイヤは、アンティークジュエリーでも1920-30年代のジュエリーにしか見ることがありません。
しかも脇石としてではなく、これだけの色と大きさのバゲットカットブルーサファイヤは私も初めて見ます。
布を真っ直ぐ織った時のラインを思い浮かべてみてください 地金はすべてプラチナで、手にすると高級なジュエリー特有の心地よい重量感があります。
実際この指輪は通常の指輪の二倍ほどの重量があり、たっぷり使われています。
「地金がたっぷり使われている=ぼてっとしている」と思うところですが、土台などこまでも滑らかです。
宝石の周りなどは柔らかく宝石は包み込むようにくセットされています。
ぱっと見たときはアールデコらしい直線を感じるデザインですが、細かく見て行きますと、指輪のどの部分も自然なアールを描いているのが分ります。
ミニマムなストリームラインが魅力的な作品ですが、「直線的なライン」はただ真っ直ぐにすれば良いという訳ではないのです。
この指輪の直線は、布を真っ直ぐ織った時のラインの美しさに似ています。
まっすぐだけれど、尖っているのではない。
指に収めた時の心地の良さをも叶える「直線」です。
内側に製造番号が入っています。
そして外側にプラチナの刻印及び、工房印のようなものがあるのですが残念ですが磨耗もあり読みきれません。
これだけ技術の高い作品ですからメゾン製作の可能性もあります。
またアンティークリングとしては珍しく、男性にもお薦めできるリングです。
宝石もブルーサファイヤだけで、でっぱりがないので毎日かっこよく着けていただけます。
9番目のお写真は男性の指にはめた様子を映しています。
指輪そのものも大きさがありますので、少しサイズアップしてもバランスが取れます。
指輪サイズは16号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:8mm 
    重量:6.75g
  • 販売価格:売り切れました。

ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)

  • 縦に入ったラインが特に美しく、シンプルなのに見飽きず面白いです
  • 大きめの指輪ですが、フレーム部分は細く女性も着けやすいです
  • 真ん中のサファイヤが6ミリx8ミリ、綺麗な海の底を思わせる群青色
  • 完璧なバゲットカット、左右の石は台座の形、これもアールデコ期の特徴です
  • フランスプラチナの刻印、内側の番号はだいぶ消えかかってますがおそらく5142
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)
  • ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ブルーサファイアプラチナリング(バゲットカット、プラチナ、1930年代)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アールデコアンティークジュエリーの特徴

アールデコのジュエリーが、ひときわ煌びやかで輝きを放っているのにはいくつか理由があります。
アールデコジュエリーの主だった特徴をご説明しましょう。

宝石(ダイヤモンド)の密集度
1920-1930年代に作られたジュエリーの特徴の一つに、数多くの宝石(特にダイヤモンド)をぎっしりと、密集度高くセッティングしているという点が挙げられます。
これには19世紀後期に南アフリカでダイヤモンドの新しい鉱山が発見されて良質なダイヤモンドをふんだんに使えたと言う当時の社会事情、及びそれに伴ってダイヤモンドのカッティング技術も飛躍的に伸びたという技術面の進化も関係していまます。

ダイヤモンドのカッティングは19世紀までの伝統的なローズカットに加えて、ステップカット、バゲットカット、プリズムカット(角柱)、台形のカットなど、考えうるありとあらゆるダイヤモンドのカッティングが加わります。
その組み合わせによって、これまでと異なる宝石の屈折、光の反射を知り、革新的なジュエリーが生み出されました。

下記は当店で販売済みのバゲットカットのブルーサファイヤの指輪。
バゲットカットとはステップカット(宝石の外周が四角形に型どられており、ファセットが側面のガードルに対して平行に削られているもの)の一種です。

ブルーサファイヤリング

下記は当店で販売済みのアールデコブローチ。
ダイヤモンドとサファイヤが長方形、正方形、三角など様々な形にカットされています。
ダイヤモンドのセッティングも、これまでのような単純な舗装作業ではなく、光の反射を考えながら行う切嵌(きりばね)を行うた製作過程へと変化します。

 ブルーサファイアアールデコブローチ

色のコントラスト
この時代、ダイヤモンドだけを敷き詰めたジュエリーと、ビビットなカラーストーンとダイヤモンドの組み合わせたジュエリーの両方がトレンドとして存在しました。
カラーストーンを用いた場合は、はっきりとした色のコントラストをつけているのが特徴です。

最も好まれたカラーストーンはブルーサファイヤ、ルビー、エメラルドですが、「白と黒のジュエリー」も好まれました。
黒はブラックオニキス、あるいは着色されたカルセドニーが用いられました。
下記はヴィクトリア・アルバート美術館所蔵のパリのJanesich社が1925年頃に製作したドロップ型イヤリングです。
ブリリアンカットダイヤモンドに、黒く着色したカボションカットのカルセドニー、ホワイトゴールドのセッティングです。

janesich

プラチナあるいはホワイトゴールドによる繊細で目立たないセッティング
アールデコの時代は、イエローゴールドより特に宝石の周りは白の金属が好まれました。
(もちろん概してと言う意味で、イエローゴールドが用いられた秀逸なアールデコのジュエリーもあります)。
「アールデコ=プラチナ」のイメージが強いかもしれませんが、ホワイトゴールドや銀でも秀逸な作品が作られています。
下記は1934年、パリのレイモンド・テンプリエがデザインしたブローチ(ラピスラズリ、ブルーエナメル、ホワイトゴールド)。

templier

プラチナを使ったアンティークジュエリーは1920-1930年代、アールデコ期のジュエリーによく見られるようになります。
プラチナは金属そのものは19世紀中に見つかっていますが、金や銀に比べると溶かす温度が高くまた硬く加工が難しかったため、宝飾品に特に全体の地金としてプラチナが取り入れられ始めるのは1920年以降のことです。
プラチナは特徴としてよく伸びるのですが何といっても硬く、こまかな金細工を施すにはホワイトゴールドのほうが適していることも多々ありました。

一方でプラチナはレースのようなデリケートなプラチナワークはもちろんのこと、オープンワークのジュエリーにも向いた金属です。
「ミルグレイン」という宝石を金属で枠留めした際、その枠の上に小さな打刻模様を連続してつける装飾方法も多く用いられていました。

特にプラチナを好んだのはカルティエです。
カルティエがアールデコ期に製作したジュエリーの地金のほとんどはプラチナ、そしてプラチナは他のメゾンや工房より10年プラチナを早く取り入れていることでも知られています。
下記は1930年にカルティエNY製作の花かごのブローチ。
ダイヤモンド(バゲットカットとブリリアントカット)にロッククリスタルとムーンストーンと言う白と透明色の色の組み合わせもまたアールデコならではの色彩です。

カルティエNY製作の花かごのブローチ

時代が求めたデザインの変化(幾何学的パターン)
ギャルソンルックに身を包んだショートヘアのモダンガールが好んだのは長く垂れ下がるピアス。
この時代、下に長く下がるタイプのドロップイヤリング(ピアス)が再流行します。
下記は当店で販売済みの同時代のクリソプレーズとダイヤモンドのロングピアスです。

クリソプレーズとダイヤモンドの超ロングピアス

長くなったのはピアスだけではありません。
ネックレスも長くなります。
ロングネックレスの先端に更にペンダントやタッセルを付けて更に長くすることもしばしばでした。

ネックレス及びブレスレットは幾何学的な輪に貴石をセットしたものをつなげたものが好まれました。
下記は1930年頃のフランス製ネックレス(2本のブレスレットにもなる)。
バゲットカットダイヤモンド、ブリリアンとカットダイヤモンドを幾何学的なパターンで組み合わせています。
当時の典型的なジュエリーパターンです。

janesich

異国趣味
アールデコは一方で、インドのジュエリー、東洋の芸術、古代エジプト文明、マヤ文明、アジア趣味などいろいろな異文化から影響を受けて発祥した装飾様式です。

下記は1928年にカルティエ・ロンドンがルイス・マウントバッテン伯爵の妻のために製作したブレスレット。
額にバンドのようにして身に着けることも出来るように作られています。
インドのマハラジャのジュエリーに強い影響を受けた作品で、実際にこのブレスレットのルビー、ブルーサファイヤ、エメラルドはそれ以前のインドのジュエリーから再利用したものです。

トゥッティ フルッティ

ロシアバレエ(バレエリュス)もまたアールデコに強い影響を及ぼした異文化の一つです。
ディアギレフによって1909年に結成されたバレエリュスは、ニジンスキーなどのトップダンサーの超人的なパフォーマンスはもちろん、ロシアのフォークアートをヒントにした、レオンバクストによる原色による舞台演出が成功の秘訣であったと言われてています。

またシノワズリとよばれる中国美術にも影響を受けます。
例えば「黒色と金」「黒と赤」「黒とダイヤモンド」といった強い色のコンビネーションが、エキゾチックで強いインパクトをもたらしています。

そもそも自然界には原色はあまり存在しないので、アールデコ時代以前の世界では、原色による表現というのは存在しえませんでしたが、1910-20年代にはさまざまな芸術分野で原色による表現が始まります。
こうした強い色のコンビネーションは「狂騒の時代」と呼ばれた当時の世相を反映しているようです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.