オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)

お探しの方が多いペアシェイプダイヤモンド、数は少ないです! 「ペアシェイプのダイヤモンドのジュエリー」と言いますとどんな女性をも恍惚とさせる魔力がございますね。
当店にも時々「ペアシェイプのダイヤモンドのジュエリーを探しています」と言ったお声を頂きます。
しかしアンティークジュエリーでペアシェイプのダイヤモンドのジュエリーは驚くほど少ないです。
良い石を見つけたときにやはり一番無駄のないようにその宝石を使おうとしますから、ダイヤモンドの場合、円形あるいはスクエアの形が多くなります。
比較的ありうるのは、古い時代の大粒のローズカットダイヤモンドだと思います。
前置きが長くなってしまい恐縮ですが、このリングもダイヤモンドそのものがペアシェイプなのではありません。
指輪のフェイスがペアシェイプになっています。
全体のデザインがペアシェイプになったアンティークジュエリーもほとんど見ることはありません。
そのせいかこちらの指輪を見つけたときは強い印象を受けました。
直径5ミリ強、驚くほど厚みもあるトップクオリティーのオールドマインカットダイヤモンド ダイヤモンドは分かりずらいかもしれませんが、雫の形の台座の中に4石入っています。
いずれもがオールドマインカット(クッションシェイプ)にされています。
この時代、ハイクラスのダイヤモンドはオールドマインカット(クッションシェイプ)にされることが多かったのですがその例外に漏れず、完璧に美しい石です!
下部のもっとも大きなダイヤモンドは直径5ミリ。
この石は驚くほど厚みがあり、台座から溢れんばかりに煌きます。
オールドマインカットは通常の石より厚みがあることが多く(クラウンに厚みがあるのです)、そのためより強いシンチレーションを発します。
現代のカッティングと異なりますので正確なカラットは計れませんが、表面積で想像する以上に概してカラットも大きくなります。
その他の3石のダイヤモンドもとても「脇石」とは呼べないクラスの、艶やかな石です。
オールドマインカットは「クッションシェイプ」とも呼ばれ、その座布団のようなスクエアの形のカッティングなのですが、このペアシェイプの形にクッションシェイプのダイヤモンドがうまくパズルのように収まっているの見ごたえがあります。
光が当たるとそれぞれの石が発するシンチレーションが重なり合い、より強くダイナミックに煌きます。
20世紀初頭、1910年頃のフランス製。
地金は18金イエローゴールドで、ダイヤモンドの台座とショルダーの一部にのみプラチナが用いられてるのもこの時代らしい特徴です。
指輪のサイズ13.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:7mm 
    高さ:10mm 
    重量:3.3g
  • 販売価格:売り切れました。

オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)

  • こぼれ落ちそうに見えるかもしれませんが台座にも深く埋め込まれてます
  • フェイスは雫のみ、全体はシンプルで潔いデザイン
  • ダイヤモンド周りとその左右の表面部分がプラチナです
  • ショルダーは二重構造になっており、後ろ部分(YG)は二手に分かれています
  • フランス18金の刻印あり
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)
  • オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

オールドマインカットダイヤモンドリング(18金ゴールド、プラチナ、ペアシェイプ)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

オールドマインカット(クッションシェイプ)ダイヤモンドとは

アンティークダイヤモンドには、現代のブリリアンカットとは異なるアンティークジュエリー特有のダイヤモンドのカッティングがいくつか見られます。
その中の一つがクッションシェイプカット(クッションカット)です。
なぜ「クッション」と言うかというと、まるでクッションのような形だからです。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

円形とスクエアの混ざったような形のダイヤモンドカットです。
オールドマインカットより後年に出てくるオールドヨーロピアンカットとの違いはアウトラインが角ばっていて四角帯びていること。
[em]オールドヨーロピアンカットはシンメトリーですが、オールドマインカットは完全なシンメトリーではありません。
またオールドマインカット方がオールドヨーロピアンカットに比べても更に、クラウンに厚みがあり、キューレットが長いです。
ともにテーブル面は小さいです。[/em]

オールドマインカット

クッションシェイプダイヤモンドのアンティークピアス(大粒、お花)

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

[em]オールドマインカットもオールドヨーロピアンカットも真ん中は、まるで穴が開いているように見えると思いますが、これはキューレットの先端をカットしているからです。[/em]

まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
クッションシェイプのダイヤモンドには質で厚みのある石が使われたことが多く、美しいダイヤモンドジュエリーが多いです。

オールドマインカットの次に出てくるオールドヨーロピアンカットに関しては、オールドヨーロピアンカットダイヤモンドとはをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.