1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング

1カラット以上の大粒クッションシェイプダイヤモンドリング 久しぶりにこの大きさのそして素晴らしいクオリティーのダイヤモンドリングを入手しました。
アンティークダイヤモンドのカッティングは色々ありますが、「最も好きなカッティング」と答えるアンティークディーラーが多いのがクッションシェイプ(オールドマインカット)です。
スクエアを帯びた厚みある、艶やかなダイヤモンド。
その石の良さを活かした端正なセッティングが魅力です。
ダイヤモンドは1カラットを超えるかいなかで、大きく価値が変わります。
0.99カラットと1.05カットではちょっと驚くほど価値が異なるのです。
こちらのリングのダイヤモンドは1.1カットほどですから文句なしです。
色もほぼ無色透明の艶のある綺麗なダイヤモンドです。 プラチナとゴールドの切り替えもこの時代ならではです 台座等、セッティングにも20世紀初頭の時代の雰囲気が出ています。
台座はプラチナ、フレーム等が18カラットイエローゴールドなのも、エドワーディアン(フランスで言うところのベルエポック時代)ならではの特徴が出てます。
ダイヤモンドは2つの対になった爪がワンセットになった爪で、4隅を留められています。
ダイヤモンドも爪もよい状態で、安定感のあるセッティング。
台座部分はプラチナを2枚、それぞれ別の方向に波打ったような形状を描いています。
アンティークならではのさりげなく凝ったセッティングです。
現代のリングは、仮に大きなダイヤモンドを使っていてもセッティングの面で手のかけられたものが少ないですね。
せっかくボリュームのあるダイヤモンドですから、それを活かした良質な細工は長く愛好していただくうえで大事なポイントだと思います。
1910年頃のフランス製。
サイズは12.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:8.5mm 
    重量:2.6g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:820,800円(税込み)

1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング

  • 厚みもあり内側から漲るようなダイナミックなシンチレーション
  • 指輪自体は大きすぎずフェイスに向かうショルダー部分も絞りがきいてます
  • キューレットの先端を切り落としているので、穴が開いたように見えるのも特徴的
  • 2枚のプラチナ台を逆方向に波打たせた、さりげなく凝った台座部分
  • フレームは18金、フランスの18金の刻印あり
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング
  • 1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

1.1カラット クッションシェイプダイヤモンドリング

820,800円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

オールドマインカット(クッションシェイプ)ダイヤモンドとは

アンティークダイヤモンドには、現代のブリリアンカットとは異なるアンティークジュエリー特有のダイヤモンドのカッティングがいくつか見られます。
その中の一つがクッションシェイプカット(クッションカット)です。
なぜ「クッション」と言うかというと、まるでクッションのような形だからです。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

円形とスクエアの混ざったような形のダイヤモンドカットです。
オールドマインカットより後年に出てくるオールドヨーロピアンカットとの違いはアウトラインが角ばっていて四角帯びていること。
オールドヨーロピアンカットはシンメトリーですが、オールドマインカットは完全なシンメトリーではありません。
またオールドマインカット方がオールドヨーロピアンカットに比べても更に、クラウンに厚みがあり、キューレットが長いです。
ともにテーブル面は小さいです。


オールドマインカット

クッションシェイプダイヤモンドのアンティークピアス(大粒、お花)

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

オールドマインカットもオールドヨーロピアンカットも真ん中は、まるで穴が開いているように見えると思いますが、これはキューレットの先端をカットしているからです。

まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
クッションシェイプのダイヤモンドには質で厚みのある石が使われたことが多く、美しいダイヤモンドジュエリーが多いです。

オールドマインカットの次に出てくるオールドヨーロピアンカットに関しては、オールドヨーロピアンカットダイヤモンドとはをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.