アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント

リアリスティックな象のチャーム アンティークジュエリーでは様々な動物がジュエリーのモチーフにされていますが、このペンダントは何と象(ぞう)がモチーフになっています
象の中でもこのペンダントのモチーフにされているのはインド象です。
大きな肉体なのに草食で穏やかで賢い動物である象は、数は少ないもののいくつかの有名メゾンが好んでモチーフにしてきました。
特にJean Schlumberger(ジャン・シュランバージェ)がTIFFANYのために製作した象のペンダントはまさにジュエリー史に残る名作です。
かのカルティエも好んで象を題材にしてきました。
この象のチャームも重さが1グラムほどのとても軽量で小さなペンダントなのですが、金の刻印だけでなく工房印が押されています。
明らかにフランスの工房印で、片側のイニシャルが「D」です。
工房がどこのなのか判明しませんが、この技術の高さからいって、高度な技術を持つ工房の作品です。
鼻から尻尾まで素晴らしい金細工 象のすべてが金細工によってのみ表現されています。
先をキュッと曲げた前面に長く伸びた鼻、優しい顔つきに大きな耳、細身のしっぽに至るまで忠実に再現されています。
大きさが横幅1.4センチ(ペンダント通し部分を含まず)、縦幅1.2センチ程の小さい面積であるだけに、その表現力の豊かさに驚かされます。
ボディ部分のゴールドは艶消し(おそらく鏨打ちによります)が施されていて、マットな質感になっています。
これだけの小ささでこの完成度。
1900年頃のフランス製。
18カラットゴールド。
注:チェーンは含みません。

  • 幅:14mm 
    高さ:12mm 
    重量:0.8g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:88,000円(税込み)

アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント

  • 象の毛並みが、つや消しされた金細工によって巧みにひょうげんされてます
  • 小さなペンダント、お守りの様にポーチなどに付けるのもお薦めです
  • ボディの下に穴が空いているのは故意で空気を抜くためです
  • 4本の自立しそうなぐらいしいっかりと作られた脚も何とも言えずチャーミング
  • フランス18金の刻印の他、工房印まで入っています
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント
  • アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティーク象(ぞう)のチャームペンダント

88,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

動物をモチーフにしたアンティークジュエリー(猿 犬 馬 猫 うさぎ 鳥)

アンティークジュエリーでは時々、そのモチーフとして動物が登場します。
こうした動物をモチーフにしたジュエリーは、センチメンタルジュエリーの一つです。
ヨーロッパでは愛する人、親しい人を「私の可愛い子猫ちゃん」「私のおてんばなお猿くん」等、動物にちなんだ呼び方をすることが昔から多くあります。
動物のジュエリーが19世紀の後期以降作られたのも、ヨーロッパでセンチメンタルジュエリーが流行した時期と重なります。
造形的に愛くるしい動物のシルエットを持つジュエリーは、ノベルティのように、愛する人への(特に男性から女性へ)プレゼント、記念品にされました。

よくモチーフとされたのは、犬、馬、猿、鹿、虎、狼,猫あたりです。
身近な動物たちが、贅沢で愛らしいジュエリーに仕上げられました。
下記は当店で販売済みの「狼」のペンダントトップ。

狼(オオカミ)の顔のアンティークペンダントトップ

下記は当店扱いの「猿(モンキー)」のペンダントトップ。

猿(モンキー)アンティークゴールドペンダントトップ (19世紀後期 ダイヤモンド)

猿(モンキー)」は東洋では「神聖な動物」とされており、ルネサンス時代以降にインドやエジプトからヨーロッパへ連れてこられ、当時の宮廷で珍重されていました。
イギリスやフランスで特に19世紀後期以降、猿をモチーフにした指輪やブローチ、ペンダントなどが度々作られました。
猿のボディをダイヤモンドで埋め尽くしたものなど、贅を尽くした作りのものも多いです。

下記は数年前にクリスティーズに出展された猿のブローチ。
ローズカットダイヤモンドとオールドヨーロピアンカットがパヴェセッティングされ、目にはピンクサファイヤが入っています。
1890年頃のフランス製。

猿のアンティークジュエリー

(c) CHRISTIE'S 2017

下記はウサギをモチーフにしたチャームです。

うさぎのチャームペンダント

下記は猫をモチーフにしたブローチです。

ヴィンテージ猫ブローチ(1950年代 ルビー バロック真珠)

1950年前後は、肉厚のゴールドを用いた、旧来のアンティークジュエリーで描かれた動物とは一線を画す、とても明るいテイストのジュエリーが特にグランメゾンを中心に製作されました。
その中でもアイコン的な存在なのが、ヴァンクリーフアーペル社による猫やパンテールのジュエリーです。
下記は1950年代に製作されたヴァンクリーフアーペル社の猫のブローチで数年前にササビーズに出展されたジュエリーです。
目にはエメラルド、鼻にルビー、腹部にカボションカットされたオニキス。
この時代のこうした小動物のジュエリーは、鮮やかなイエローゴールドと宝石がしっかり使われているところがポイントです。

猫ヴァンクリーフアーペル

(c) Sotherby's

下記はまた鴨(かも)をモチーフにした指輪です。
一見蛇のように見えるのですが、鴨であるあたりがまた面白くフランスらしいです。

鴨(かも)のアンティークリング

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.