ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

中心のダイヤモンドはは何と0.5カラット、左右の石も大粒です 20世紀初頭のイギリス製。
こちらはシェルシュミディとしては珍しく、ロンドンで仕入れた数少ないジュエリーの一つです。
指輪がずらっと並んだ中で、この指輪のダイヤモンドが燦々と煌いており目に入りました。
細身のフレームと繊細なデザインから、「フランス製だろう」と思い手にしたのですが、意外なことにイギリス製。
やはり20世紀初頭のこの時代は、イギリスのジュエリーとフランスのジュエリー、かなり似ているものもあります。
見れば見るほどあまりにダイヤモンドが美しく、引き込まれます。
3石ともかなりの大きさがあり、中心が直径5ミリ、その左右が直径4ミリです。
ミリ単位でお話をするとピンと来ないかもしれませんが、中心のダイヤモンドは0.5カラットほど、本当に贅沢な大きさです。
そしてこうした3石が並ぶダイヤモンドで、左右の石までこれだけ大粒な物を使うことは珍しいです。
(通常は脇石はもっと大きくサイズダウンします)。
コストをあまり考慮しない、面白いジュエリーの作り方をするのは、やはり古の時代ならでは。
こんなに美しく豊かなリングがさらりと作っていたなんて、今の現代に生きる私たちとしては少しジェラシーを感じてしまいますね。
ボリュームのあるダイヤモンドと細く繊細な指輪 ボリュームがあるだけでなく、非常に透明で石の底から力強い煌きを発する美しいダイヤモンド。
20世紀初頭の頃のアンティークダイヤモンドは史上最強です。
「アンティークのダイヤモンドって何で美しいのでしょうか?」、時々聞かれるのですが、それは現代のダイヤモンドとは質が全く異なるるものだからです。
ダイヤモンドの輝きを生かすべく、ダイヤモンドは周囲を囲まず控えめなゴールドの爪だけで留めています。
更に台座部分は透かしになっており、側面から見たときに美しいだけでなく、光をより取り込むことでダイヤモンドがより煌くのです。
正面から見ると、ダイヤモンドがまるで宙に浮かんでいるように見えます。
(それに対して側面はボリュームのありしっかりとした作りで堅牢さが出ています)。
ボリュームのあるダイヤモンドと極限まで細くしたセッティングがこの時代ならではの洗練です。
フレームも細く、シャープで美しいラインです。
地金は18金。
指輪サイズは10.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 重量:1.2g
  • 販売価格:売り切れました。

ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

  • 拡大してこれだけ内包物がなく透明、完全にクリアでないのは無加工だからです
  • 美しいダイヤモンドが3石、宙に浮かんでいるようなデザイン、うっとりします
  • 正面から見える爪は最小限に、細くシェイプの効いたフレームと調和します
  • 静止画の写真では映しにくいのですが、実物は数段、光を浴びて煌きます
  • ダイヤモンドの側面は高さがあり、透かしが美しいだけでなく、堅牢な作りです
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークダイヤモンド指輪(ダイヤモンドリング)の変遷

アンティークジュエリーの王様と言えばやはり「アンティークダイヤモンドリング」です。
一言でアンティークダイヤモンドと言っても年代や国場所等によって実に様々なダイヤモンドリングが作られました。
年月と共に見て行きましょう。

1)まずは17世紀末まで遡るダイヤモンドリング。
この時代のダイヤモンドのカッティングは、テーブルカットが主流です。

17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

2)次に少し年代があがり、18世紀後期のリングです。
18世紀のダイヤモンドはテーブルカットにされることもありましたが、ローズカットのことも多いです。
このリングのダイヤモンドは、ローズカットにされています。

18世紀ローズカットダイヤモンド指輪(フランス、銀製)

3)こちらも同時代、やはり18世紀後期のリングです。
このリングではダイヤモンドはテーブルカットになっています。

18世紀 テーブルカットダイヤモンド指輪

4)少し年代があがって1800年頃のリング。
こちらのリングは南仏のものです。

1800年頃アンティークダイヤモンドリング

5)イギリス、ジョージアン王朝時代後期(1820-1830年頃)のリング。
大きめのローズカットダイヤモンドです。

ローズカットダイヤモンドリング(レイトジョージアン 1830年頃)

6)第二帝政期(1860年頃)のダイヤモンドリング。
ブルーエナメルも効果的に用いられています。

大粒ローズカットダイヤモンドの指輪(ブルーエナメル、1860年頃)

7)19世紀後期(1880年頃)ローズカットのダイヤモンドリング(フランス)。

ローズカットダイヤモンドリング(レイトジョージアン 1830年頃)

8)アールヌーボーの特徴が出たダイヤモンドリング。

アールヌーボーマーキーズ指輪(ダイヤモンド、草花模様)

9)イギリスで言うところのエドワーディアン(1910年頃)のダイヤモンドリング。
プラチナ細工が美しいです。

エドワーディアンプラチナダイヤモンドリング(0.6-0.7カラット、プラチナ細工)

10)アールデコのデザインと技術が秀逸な個性的なリング。

バゲットカットとラウンドカットのダイヤモンドリング(アールデコ)

11)ヴィンテージと呼ぶべき、1940年代のリング。

ヴィンテージダイヤモンド指輪(1940年代フランス、イエローゴールド)

国や地方によって特徴的なリングが見つかるのも、ダイヤモンドリングの面白さです。
11)下記は南仏アルルの作品。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

12)下記はオランダの典型的なダイヤモンドリング。
ダイヤモンドはもちろんダッチローズカットです。

ダッチローズカット指輪(オランダ製、14金ゴールド)

いかがでしょう?
一言でアンティークダイヤモンドと言いましても、ダイヤモンドのカッティングに始まり地金の違いやデザインのバリエーション等々、ダイヤモンドリングを見ればアンティークジュエリーのバラエティの豊かさを感じていただけたことと思います。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.