アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)

真珠が3石、ダイヤモンドが3石の珍しいトリロジーリング その美しいデザインに惹かれて入手した指輪です。
フランスベルエポック時代、1900年頃に作られたと推定できる指輪で。
ベルエポック時代のジュエリーは19世紀からの伝統を受け継いで貴族的でありながらも、洗練されていきます。
この指輪は21世紀に住む私たちから見ても、垢抜けていますね。
指輪のデザイン自体は、1900年頃に流行したクロスオーバーの一種で、上下に3石の宝石を配したトリロジーリングです。
真珠の本当の価値は、美しいかどうかです 円らかな石の内側から秘めた力を発するような真珠は、誰が見ても美しいです。
多くのディーラーさんはこれを天然真珠として売ることと思いますが、これは典型的な初期の頃の良質な養殖真珠だと私は判断します。
艶のあるクリーム色の艶やかな真珠です。
横から見ますと、真珠全体を見ることができるようにセットされていることが分かります。
真珠を裏側から針を指しています。
1900-1920年頃の良質な真珠のジュエリーで、よく見られるセッティングです。
真珠の周りに爪や台座などの遮りがない分、真珠の美しさが引き立ちます。
その分、どこから見ても完璧に美しい真珠でないとできないセッティング技法ともいえます。
指輪自体は大きくありませんが、ダイヤモンドもドキッとするほど大きくそして綺麗です。
3石のダイヤモンドのいずれもオールドマインカットされていて、表からも裏のキューレットが切り落とされているのが見えます。

そのことからも、古い時代の指輪であることが分かります。
私はこのオールドマインカット(クッションシェイプダイヤモンド)が個人的に大好きです。
同じくアンティークジュエリーでよく見られるローズカットよりボリュームがあり(実際、大きめの良質なダイヤモンドはオールドマインカットにされることが多かったのです)、そしてブリリアンカットにはないダイナミックな光の拡散があります。
力強さを感じることのできる、透明で綺麗なダイヤモンドが用いられていることが分かります。
18金ゴールド。
指輪サイズは14号。
有料でサイズ直し可能ですが、フレームの途中までスリットが入っているため、大きなお直しの場合はあらかじめご相談ください。

  • 高さ:8mm 
    重量:2.4g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:154,000円(税込み)

アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)

  • 真珠は直径4.5ミリ程、ダイヤモンドは直径3ミリ程
  • 装着しているときは、二連の指輪のようにも見えます
  • ベゼルに向かってフレームが絞られいたり、スリットが入ったり側面も表情豊か
  • ダイヤモンドと真珠は二箇所であわさっています
  • ダイヤモンドはオープンで真珠はクローズド。裏を見ると構造が分かり易いです
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)
  • アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティーク真珠ダイヤモンドリング(トリロジーリング オールドマインダイヤモンド)

154,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

アンティークダイヤモンド指輪(ダイヤモンドリング)の変遷

アンティークジュエリーの王様と言えばやはり「アンティークダイヤモンドリング」です。
一言でアンティークダイヤモンドと言っても年代や国場所等によって実に様々なダイヤモンドリングが作られました。
年月と共に見て行きましょう。

1)まずは17世紀末まで遡るダイヤモンドリング。
この時代のダイヤモンドのカッティングは、テーブルカットが主流です。

17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

2)次に少し年代があがり、18世紀後期のリングです。
18世紀のダイヤモンドはテーブルカットにされることもありましたが、ローズカットのことも多いです。
このリングのダイヤモンドは、ローズカットにされています。

18世紀ローズカットダイヤモンド指輪(フランス、銀製)

3)こちらも同時代、やはり18世紀後期のリングです。
このリングではダイヤモンドはテーブルカットになっています。

18世紀 テーブルカットダイヤモンド指輪

4)少し年代があがって1800年頃のリング。
こちらのリングは南仏のものです。

1800年頃アンティークダイヤモンドリング

5)イギリス、ジョージアン王朝時代後期(1820-1830年頃)のリング。
大きめのローズカットダイヤモンドです。

ローズカットダイヤモンドリング(レイトジョージアン 1830年頃)

6)第二帝政期(1860年頃)のダイヤモンドリング。
ブルーエナメルも効果的に用いられています。

大粒ローズカットダイヤモンドの指輪(ブルーエナメル、1860年頃)

7)19世紀後期(1880年頃)ローズカットのダイヤモンドリング(フランス)。

ローズカットダイヤモンドリング(レイトジョージアン 1830年頃)

8)アールヌーボーの特徴が出たダイヤモンドリング。

アールヌーボーマーキーズ指輪(ダイヤモンド、草花模様)

9)イギリスで言うところのエドワーディアン(1910年頃)のダイヤモンドリング。
プラチナ細工が美しいです。

エドワーディアンプラチナダイヤモンドリング(0.6-0.7カラット、プラチナ細工)

10)アールデコのデザインと技術が秀逸な個性的なリング。

バゲットカットとラウンドカットのダイヤモンドリング(アールデコ)

11)ヴィンテージと呼ぶべき、1940年代のリング。

ヴィンテージダイヤモンド指輪(1940年代フランス、イエローゴールド)

国や地方によって特徴的なリングが見つかるのも、ダイヤモンドリングの面白さです。
11)下記は南仏アルルの作品。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

12)下記はオランダの典型的なダイヤモンドリング。
ダイヤモンドはもちろんダッチローズカットです。

ダッチローズカット指輪(オランダ製、14金ゴールド)

いかがでしょう?
一言でアンティークダイヤモンドと言いましても、ダイヤモンドのカッティングに始まり地金の違いやデザインのバリエーション等々、ダイヤモンドリングを見ればアンティークジュエリーのバラエティの豊かさを感じていただけたことと思います。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.