9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)

長さ138.5センチのロングゴールドチェーン 久しぶりにロングチェーン(ソートワール)を入荷しました。
以前からアンティークチェーンの仕入れの難しさはお伝えしてきていますが、実はコロナ禍によってゴールドの価格が暴騰したため、2020年以降一層アンティークチェーンの仕入れは困難になっています。
特に長さのあるソートワールは、値段のいかんにかかわらず見かけることがなくなりました。
このチェーンはご高齢のイギリス人ディーラーさんから、彼女の過去の在庫を譲り受けたものです。
しかし今は現地のディーラーさんにとっても新規にゴールドチェーンを入荷するのは、難しいそうです。
特に長さがあり2重はもちろん3重にもできるような、美しいゴールドチェーンは残念ながら近い将来幻のアンティークジュエリーとなりそうです。 金を縒った、ハンドメイドならではの素晴らしい金細工 ハンドメイドならではの非常に凝った細工が見られます。
ゴールドを縒(よ)って、カーブを付けながら捻っていくことで編み込んでいます。
そしてチェーンに細かくスリットが入っているので、立体的で陰影の出た美しいチェーンになっています。
2つのチェーンを交差させるように編みこんでいて、まるで金の編み物のようです。
硬いゴールドという素材でどのようにしてこのような絶妙カーブを至るところに付けることができたのか、その作り方に想像が膨らみます。
地金は9カラットゴールド。
とても華やかなレイトヴィクトリアンのいわゆる「ローズゴールド」と呼ばれる色です。
そのまま被れる長さですが、大き目の留め具も状態が良く三重にしたい時も使いやすいです。
19世紀後期のイギリス製。

  • 幅:1385mm 
    重量:11.1g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)

  • 縒ったチェーンに8つの直径4ミリ程の金の珠が入っているのも可愛いです
  • 三重も可能。チェーン部分の太さは約1.5ミリと比較的細身でだぶつきません
  • 2つの細かくスリットの入った金線にカーブを付けながら交差させて編んでます
  • 縒って編んだチェーンは細くても堅牢でそして見応えがあります
  • イギリス9金の刻印「9ct」と入ってます
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)
  • 9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

9カラットローズゴールド ハンドメイドロングチェーン(ソートワール)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークロングチェーンネックレス(ソートワール)

アンティークジュエリーの中でもいつもとても問い合わせを多くアイテムにロングチェーンネックレスがあります。
このような特に150センチを超えてくるようなロングネックレスは、フランス語ではよくソートワール(sautoir)と呼ばれます。

時代や様式によりあらゆるデザインで作られたソートワール。
南仏プロヴァンスでは、ソートワールの「連の多さ」は社会的ステータスを表すと考えられていました。

そしてチェーンに十字架やメダル(メダイヨン)、時には時計を通したのです。
時計を通すときはあらかじめ胸の辺りにそれ用の小さなポケットも作られました。
下記は1900年頃の絵葉書で描かれた「アルルの女性たち」。
当時のソートワールの装いが分かる一枚です。

arlesiennes_postal

アンティークソートワールは金銀やプラチナで作られ、豪華なものにはダイヤモンドや真珠、オパールなどが挟まれたものもあります。
下記は当店で販売済みの19世紀後期のソートワールですが、間にオパールが挟まれています。

アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)

シェルシュミディでもこれまで、金細工が秀逸な王政復古の時代のソートワール、1880-1990年頃のゴールドのフィリグリーのソートワール。
1920年代のアールデコの時代のロングネックレスなどをご紹介してきました。
現代の装いにも1重でロングで使ったり、2重、3重にしたり使い勝手がよくしかもエレガントジュエリーで、いつも出すたびにすぐに売り切れてしまいます。
下記は王政復古時代のソートワールで、留め具部分の手をモチーフにした金細工はセンチメンタルジュエリーでもあります。

ゴールド ソートワールロングチェーン(1840年頃)

下記はフィリグリー金細工のゴールドチェーンです。

フィリグリー金細工 アンティークロングチェーン(ソートワール)

またソートワールはゴールド製のものが多いですが、銀製でも下記のように秀逸な素晴らしい作りのアンティークソートワールがあります。
このように凝った留めに具メッセージが込められたものも存在します。

銀のソートワール(ロングネックレス)

珍しい素材では象牙(アイボリー)のソートワールも過去に数点扱いました。

アンティーク象牙(アイボリー)ロングネックレス(ソートワール)

いつも需要が供給に対して逼迫しているアンティークジュエリーでもっとご紹介したいのですが、ソートワールは相続の時に半分にされてしまったりとオリジナルの長さを保っているものが年々少なくなってきています。
例えば2人娘がいた場合に長いネックレスを半分にして、ブレスレットにしてしまうというようにです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.