アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)

一つはほしいアールデコの定番ネックレス 1910-20年代のフランス製。
ドラップリーと呼ばれる首にひだをうつようなデザインのネックレス。
肌に直につければ首元を華奢に、タートルネックの上などにつければ、面積の広い細工部分のおかげでゴージャスに見えます。
ドラップリーのネックレスは、こうしたゴールドだけでできたもの、所々にパールや真珠などが付けられたものが存在します。
どれも1910-20年代を代表する優れたデザインが人気。
定番モノであるだけに現地でも手に入れにくいアイテムです。
8グラムとゴールドをたっぷり使用したドラップリー こうしたドラップリーネックレスは、ゴールドをたっぷりしているもの、軽いものなど様ざまですが、これは8.4グラムとかなり重いほうです(通常の細めのアンティークチェーンネックレスは4グラムほど)。
チェーンも華奢すぎず、相応の重厚感があります。
5つのモチーフは花。
真ん中のモチーフが最も大きく、端に行くほど大きさが段々小さくなっていくので、つけたときもとてもバランスが取りやすいです。
モチーフのミル打ちが手作業で現在では再現不可能な細かさであることは、言うまでもありません。
留具の状態も素晴らしいです。
フランスの金の刻印あり。

  • 幅:420mm 
    重量:8.4g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)

  • 5つのモチーフは左右対称になっているところも、アールデコらしいデザイン
  • 42センチなので首元にわりととゆったり目に付きます。タートルの上などでもOK
  • ひなげしの花のよう。全体のモチーフの形も変わっていて面白いです
  • 楕円形を描く様なチェーンのフォルムと、肌にくっつくモチーフで首元を美しくこれはモチーフを裏から見た写真。裏にも一部ミル打ちが入れられています
  • 留め具部分の状態も良好で、留具が集めなので付けやすいです
  • アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)
  • アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)
  • アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)
  • アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)
  • アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)
  • アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)
  • アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティーク金細工ネックレス(フィリグリー、18金、ドラップリーネックレス)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

17世紀アンティークジュエリー(ルネサンスからバロックへ)

18世紀まで遡るアンティークジュエリーは少ないですが、さらにその前の17世紀になりますともうほとんど市場でも見ることがなく、市場にほとんど出回ることがありません。
どのようなジュエリーが作られたと思いますか?

ルネサンスからバロック初期
17世紀に入ると、16世紀までの「ルネサンス様式」を脱却した新しい装飾様式が見られるようになります。
それが顕著になるのが1625年頃からです。
ルネサンス期の女性が着ていた硬く窮屈なドレスへの反動から、ネックラインが下がった柔らかい流れるようなドレスが好まれるようになり、ジュエリーもファッションにあわせて変化していきます。

下記は16世紀末から17世紀初期にかけて活躍したフランス人のゴールドスミス、ダニエル・ミニョ(Daniel Mignot)によるペンダントのデザイン画です。
アラベスク模様が用いられ、また直線的にダイヤモンドを配したシンメトリーで整然としたデザインが見て取れます。

ダニエルミニョ
1625年以降、ジュエリーは自然主義の影響が見られるようになります。
それが顕著に見られたのはまずフランスですが、特に花をモチーフにしたジュエリーはその後、1630-1640年代にかけてヨーロッパ中に流行します。

バロック後期
17世紀後半になってくると、宝石のカッティングが発展し、宝石セッティングもより手の凝った繊細なものになっていきます。
ジュエリーデザインとしてはクラスターからリボンモチーフに流行が移って行きます。
元々ドレスに安全にジュエリーを留めるために使われたリボン(ノット)はやがてジュエリーのモチーフとしてもてはやされて、バロックジュエリーを代表するジュエリーモチーフになります。

17世紀も終わりに近づくと、今度はアンシメトリーな花束(ブーケ)や単体の花がジュエリーのモチーフになっていきます。
エナメルの使用が減り、日中に着けるデイジュエリーと寄るの柔らかいキャンドルの光の下で着けるナイトジュエリーが意識されるようになります。

この後、バロック様式に続いて18世紀初頭(1730年頃)よりフランスから流行しはじめるのがロココ様式です。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.