オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング

クッションシェイプxローズカットダイヤモンドの競演 アンティークダイヤモンドのジュエリーで、カッティングの異なるダイヤモンドが組み合わされているケースは少なくないです。
特にメイン石と脇石でカッティングが異なることが多いです。
脇石はローズカットダイヤモンドを用いることが多かったからです。
このリングでも2つの異なるオールドカットが見られます。
メイン石はオールドマインカット(クッションシェイプカット)で、8つの脇石がすべてローズカットダイヤモンドです。
角ばった形が特徴のオールドマインカットの中でも、非常にスクエアに近い形のカッティングです。
直径が2.5ミリ程、透明無色で美しいオールドマインカットダイヤモンドです。
オールドマインカットはキューレットの先端を切り落としていますが、かなりダイナミックに大きな切り落としが見られる味わいのあるかっこいいカッティングです。
表面積に対して意外なほど厚みがあるのが、横から見ると分かります。
厚みがあるとやはり煌めきが強くなり、石の底から湧くような強い煌めきが魅力です。 透かしとミルグレインが美しいベゼル フェイス部分のデザインが特徴的なリングです。
メイン石はお花の形の台座にセットされていて、全体もお花を描いているのでしょう。
中心部分から、8方向に花びらが伸びています。
それぞれの花びらの間と間には透かしが入っており、すべての縁にミルグレインが打たれています。
全体は18カラットイエローゴールドで、ベゼルの表面だけがプラチナになっているのも1900年頃のジュエリーによくみられる特徴です。
レースのような繊細な細工の一方で下部はしっかりと堅牢で、安心できる作りになっています。
台座下はしっかりと厚みが取られていて、この部分のゴールドの透かし細工もアンティークならではの手の掛けられた方です。
1900年頃のフランス製。
指輪サイズは17号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:10mm 
    高さ:14mm 
    重量:2.4g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング

  • メイン石は真四角に近くキューレットが非常に大胆に切り落とされてます
  • 様式化したお花を枠で囲った個性的なデザイン、横が1センチで縦が1.4センチ
  • 透明できれいなメイン石、脇石はすべて深く台座に埋め込まれています
  • 透かしの入った花びらと花びらの間、外枠すべての縁にミルが打たれてます
  • フランス18金の刻印に加えて、工房印まで入っています
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング
  • オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

オールドマインカットとローズカットのアンティークダイヤモンドリング

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークダイヤモンド指輪(ダイヤモンドリング)の変遷

アンティークジュエリーの王様と言えばやはり「アンティークダイヤモンドリング」です。
一言でアンティークダイヤモンドと言っても年代や国場所等によって実に様々なダイヤモンドリングが作られました。
年月と共に見て行きましょう。

1)まずは17世紀末まで遡るダイヤモンドリング。
この時代のダイヤモンドのカッティングは、テーブルカットが主流です。

17世紀テーブルカットダイヤモンド指輪(17世紀末 銀と18カラットゴールド)

2)次に少し年代があがり、18世紀後期のリングです。
18世紀のダイヤモンドはテーブルカットにされることもありましたが、ローズカットのことも多いです。
このリングのダイヤモンドは、ローズカットにされています。

18世紀ローズカットダイヤモンド指輪(フランス、銀製)

3)こちらも同時代、やはり18世紀後期のリングです。
このリングではダイヤモンドはテーブルカットになっています。

18世紀 テーブルカットダイヤモンド指輪

4)少し年代があがって1800年頃のリング。
こちらのリングは南仏のものです。

1800年頃アンティークダイヤモンドリング

5)イギリス、ジョージアン王朝時代後期(1820-1830年頃)のリング。
大きめのローズカットダイヤモンドです。

ローズカットダイヤモンドリング(レイトジョージアン 1830年頃)

6)第二帝政期(1860年頃)のダイヤモンドリング。
ブルーエナメルも効果的に用いられています。

大粒ローズカットダイヤモンドの指輪(ブルーエナメル、1860年頃)

7)19世紀後期(1880年頃)ローズカットのダイヤモンドリング(フランス)。

ローズカットダイヤモンドリング(レイトジョージアン 1830年頃)

8)アールヌーボーの特徴が出たダイヤモンドリング。

アールヌーボーマーキーズ指輪(ダイヤモンド、草花模様)

9)イギリスで言うところのエドワーディアン(1910年頃)のダイヤモンドリング。
プラチナ細工が美しいです。

エドワーディアンプラチナダイヤモンドリング(0.6-0.7カラット、プラチナ細工)

10)アールデコのデザインと技術が秀逸な個性的なリング。

バゲットカットとラウンドカットのダイヤモンドリング(アールデコ)

11)ヴィンテージと呼ぶべき、1940年代のリング。

ヴィンテージダイヤモンド指輪(1940年代フランス、イエローゴールド)

国や地方によって特徴的なリングが見つかるのも、ダイヤモンドリングの面白さです。
11)下記は南仏アルルの作品。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

12)下記はオランダの典型的なダイヤモンドリング。
ダイヤモンドはもちろんダッチローズカットです。

ダッチローズカット指輪(オランダ製、14金ゴールド)

いかがでしょう?
一言でアンティークダイヤモンドと言いましても、ダイヤモンドのカッティングに始まり地金の違いやデザインのバリエーション等々、ダイヤモンドリングを見ればアンティークジュエリーのバラエティの豊かさを感じていただけたことと思います。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.