ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

中心のダイヤモンドはは何と0.5カラット、左右の石も大粒です 20世紀初頭のイギリス製。
こちらはシェルシュミディとしては珍しく、ロンドンで仕入れた数少ないジュエリーの一つです。
指輪がずらっと並んだ中で、この指輪のダイヤモンドが燦々と煌いており目に入りました。
細身のフレームと繊細なデザインから、「フランス製だろう」と思い手にしたのですが、意外なことにイギリス製。
やはり20世紀初頭のこの時代は、イギリスのジュエリーとフランスのジュエリー、かなり似ているものもあります。
見れば見るほどあまりにダイヤモンドが美しく、引き込まれます。
3石ともかなりの大きさがあり、中心が直径5ミリ、その左右が直径4ミリです。
ミリ単位でお話をするとピンと来ないかもしれませんが、中心のダイヤモンドは0.5カラットほど、本当に贅沢な大きさです。
そしてこうした3石が並ぶダイヤモンドで、左右の石までこれだけ大粒な物を使うことは珍しいです。
(通常は脇石はもっと大きくサイズダウンします)。
コストをあまり考慮しない、面白いジュエリーの作り方をするのは、やはり古の時代ならでは。
こんなに美しく豊かなリングがさらりと作っていたなんて、今の現代に生きる私たちとしては少しジェラシーを感じてしまいますね。
ボリュームのあるダイヤモンドと細く繊細な指輪 ボリュームがあるだけでなく、非常に透明で石の底から力強い煌きを発する美しいダイヤモンド。
20世紀初頭の頃のアンティークダイヤモンドは史上最強です。
「アンティークのダイヤモンドって何で美しいのでしょうか?」、時々聞かれるのですが、それは現代のダイヤモンドとは質が全く異なるるものだからです。
ダイヤモンドの輝きを生かすべく、ダイヤモンドは周囲を囲まず控えめなゴールドの爪だけで留めています。
更に台座部分は透かしになっており、側面から見たときに美しいだけでなく、光をより取り込むことでダイヤモンドがより煌くのです。
正面から見ると、ダイヤモンドがまるで宙に浮かんでいるように見えます。
(それに対して側面はボリュームのありしっかりとした作りで堅牢さが出ています)。
ボリュームのあるダイヤモンドと極限まで細くしたセッティングがこの時代ならではの洗練です。
フレームも細く、シャープで美しいラインです。
地金は18金。
指輪サイズは10.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 重量:1.2g
  • 販売価格:売り切れました。

ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 拡大してこれだけ内包物がなく透明、完全にクリアでないのは無加工だからです
  • 美しいダイヤモンドが3石、宙に浮かんでいるようなデザイン、うっとりします
  • 正面から見える爪は最小限に、細くシェイプの効いたフレームと調和します
  • 静止画の写真では映しにくいのですが、実物は数段、光を浴びて煌きます
  • ダイヤモンドの側面は高さがあり、透かしが美しいだけでなく、堅牢な作りです
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)
  • ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

上の写真をクリックするとダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)の大きな写真が切り替わります。

ダイヤモンドトリロジーリング(イギリスアンティーク、20世紀初頭、ゴールド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンド指輪のお手入れ

アンティークジュエリーの中でもアンティークダイヤモンドの指輪はもっとも使用頻度が高いジュエリーではないでしょか?
よく「アンティークダイヤモンド指輪のお手入れはどうしたらいいのですか?」と聞かれます。
地金が18金ゴールドかプラチナで、セットされている宝石がダイヤモンドのみといった比較的シンプルな素材で出来ているアンティークダイヤモンド指輪でしたらお手入れは簡単です。
市販のジュエリークリーナーより負荷がなく簡単な方法に、台所用の中性洗剤で洗ってしまうと言う方法があります。
台所用の中性洗剤を歯ブラシにつけ、歯ブラシでダイヤモンド部分を優しく軽くこすり、水に流すと綺麗にとれます。
あとは水でよく流し、自然乾燥させればOK。 注意点はあまりごしごしやりすぎないこと。
軽い力で簡単に汚れはとります。
また他の宝石がついている場合、地金が違う金属の場合もこの方法は避けましょう。
ダイヤモンドは油汚れしやすい宝石で、使用していくうちにくすんできたなと思ったら時は、表面に油が付着してしまっていることが多いのです。
こうした素材のアンティークダイヤモンド指輪でしたら、現代のジュエリーとお手入れはさほど変わらないとういことになります。
ただ現代のジュエリーショップでよくアフターサービスで提供されている超音波洗浄機には絶対にかけないでください。
アンティークジュエリーはやはり細工が命ですので、リスクを伴う場合があります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×