アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

ダイヤモンドのキューレットを見ることができます 現在でも特に「結婚指輪」として絶大的な人気を誇るエタニティリング。
その歴史は古く、フランスでは既に18世紀から存在しますが、ダイヤモンドのアンティークエタニティーリングの大部分は1900年以降になってから製作されました。
イギリス及びフランスで全周あるいは半周にダイヤモンドがセットされた指輪が流行します。
現代も作られ続けているエタニティリングですが、アンティークのエタニティリングを特にお薦めする理由はやはり金細工の細やかさ、そしてオリジナリティあるデザインです。
特に石の側面に当たる部分の装飾に凝ったものが見つかります。
こちらの指輪では側面部分が透かしになっています。
ダイヤモンドの石座と台座の間に、トライアングルの透かしを一つずつ入れています。
そして何とこの透かしから、鋭角に伸びたダイヤモンドのキューレットを見ることができるようになっています。
こうしたダイヤモンドのキューレットを側面から見せる作りは、20世紀初頭のダイヤモンドの指輪やピアスで時々見られますが、エタニティリングでは私も初めて見ます。
深く入れ込まれた11石のダイヤモンド 正面から見たときは、ダイヤモンドが驚くほど台座に深く、セットされています。
まるで埋め込むように深く入っています。
石の大きさのわりにダイヤモンドが目立たないことになりますから、こうしたセッティングも現代では考えにくいものですね。
直径2ミリ程の、透明度の高い綺麗なダイヤモンドがセットされています。
石座の形も特徴的で、椀状の穴を開けてその中にダイヤモンドを深く入れています。
そのため正面からはダイヤモンドのクラウンまでしか見えず、オールドブリリアンカットなのに随分フラットなダイヤモンドに見えることでしょう。
また正面から見ると、台座のトライアングル部分が上下に見えます。
こうした高さの違いを巧く使っているところが、いつまでも見飽きない美しさにつながります。
ハーフエタニティリングと記載させていただきましたが、ダイヤモンドは半周以上に入っているため、正面から見ると指全体にダイヤモンドが広がります。
またサイズが現状14号と比較的大きめですので、少しサイズダウンすることでよりダイヤモンドがより指全体を囲います。
比較的オーソドックスな指輪デザインでありながら、現代の指輪にない細部の作り、デザインのオリジナリティが光ります。
長い年月、飽きずに大事にしていただける指輪になるでしょう。
他にない結婚指輪をお探しの方に。
またダイヤモンドが奥深く入っていますから、デイリーに着け続けることができる指輪をお探しの方にお薦めです。
サイズは14号(有料でサイズ直し可能ですが、大きなサイズ変更はシルエット的に難しいです、ご相談ください)。
1910-1920年頃のフランス製。
18金ゴールド。

  • 高さ:3mm 
    重量:2.4g
  • 販売価格:129,600円(税込み)

アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 円形の石座と側面の三角と幾何学的なアールデコのデザイン
  • 横も含めて指いっぱいにダイヤモンドが広がります
  • 台座の透かしからダイヤモンドの先端(キューレット)が見えます
  • 四隅の極小の爪も正確(実際は石座で固定しているので爪は飾りですが・・・)
  • フランスの鷲の頭の刻印に加えて、工房印があります。
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)
  • アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

上の写真をクリックするとアンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)の大きな写真が切り替わります。

アンティークエタニティリング(ハーフエタニティ、ダイヤモンド)

[通販価格:税込] 129,600円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークエタニティーリング(エタニティリング)

現在でも「エタニティーリング」と呼ばれて愛されている指輪デザインの歴史は古く、フランスでは18世紀のジュエリーに既にエタニティリングを見つけることが出来ます。
この指輪デザインのことをフランス語では「Alliance(結婚指輪=マリッジリング)」と呼びます。
この「alliance」という言葉は元々は、「同盟」とか「協定」といった意味のフランス語で、そこから転じて「結婚」、「結婚指輪」を指します。

下記は当店で販売済みの18世紀のエタニティリング。
緑石はペーストガラスです。

18世紀エタニティリング(緑ガラスペースト、結婚指輪)

アンティークのエタニティーリングはダイヤモンドだけでありません。
古くは上記のようなペーストガラスも用いられましたし、下記はマルカジットを用いたエタニティリングです。(19世紀初頭)

アンティークエタニティーリング(マルカジット、銀製、19世紀初頭フランス)"

エタニティリングはまた、20世紀初頭にアメリカ人に愛されオーダーされた指輪デザインです。
フランスのアンティークジュエリーでもこの頃に作られたエタニティーリングが数としてはもっとも多いです。
そのため、フランスでは「Alliance Americaine(アメリカの結婚指輪)」とも呼ぶことも多いです。
半周だけ宝石が巡らさせたものは、半分と言う意味の「Demi」が前について「Demi-alliance」と呼ばれています。

フルエタニティーダイヤモンドリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

セミエタニティーリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

ダイヤモンド以外の宝石もエタニティーリング(セミエタニティーリング)に用いられました。

下記はガーネットのフルエタニティリング(フランス、1840年頃)。

アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

そしてフランスだけでなく、下記はロシア製作のトルコ石をあしらったエタニティーリング。

アンティークトルコ石エタニティ指輪(ロシア、花冠)

下記のように2つのまったく同じサイズのエタニティリングをあらかじめ重ねづけするように作ったリングも作られました。
これは今日では別々に着けることもでき、とても重宝ですね。

ルビーとダイヤモンドのアンティークセミエタニティーリング

アンティークのエタニティリングは当店でもよくお問い合わせを頂きますが、そもそも数が少ないのに加えて、フルエタニティリングの場合はサイズ直しができないのが難しいところです。
指にぴったりの特にフルエタニティのアンティークリングで気に入られたものを見つけられたときは、迷わずにご購入をお薦めいたします!

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×