ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)

ヨーロッパならではのリラ(ライラック)をモチーフにしたアンティークリング この指輪のモチーフはライラックの花です。
日本では「ライラック」と言う名前が通じやすいと思いますがヨーロッパが発祥の花で、ヨーロッパではフランス語由来のまま「リラ(lilas)」とも呼ばれることが多いです。
ヨーロッパの春といえば「リラ」というほどヨーロッパで広く愛されている花で、パリの石畳の街角でもよく見かける花です。
香りも良いので香水にされることも多いです。
「リラの花」と言いますとパープルを思い浮かべる方が多いかもしれません。
紫のイメージが強いですが紫色以外にも白やピンク、赤色でも存在します。
花言葉は「Pride」「Beauty」。
花びらは通常は4枚ですが、5枚になっているライラックを見つけますと、愛する人と永遠に過ごせるという言い伝えがあります。
古くからヨーロッパで愛されているリラの花ですが、アンティークジュエリーでそのモチーフにされていることはそれほど多くはなく、当店でもようやく初めて仕入れることができました!
不均一なアールヌーボーらしい美しさ リラの花は3つ、ダイヤモンドとルビーで花弁を作っています。
ルビーは花弁の形にぴったり合わせたペアシェイプになっています。
リラの花びらの大きさがまったく同一でないですが、それがむしろ自然の花の有様です。
アールヌーボーらしい耽美的な美意識がよく表現されています。
ダイヤモンドのほうは花びらの形の中に楕円形のダイヤモンドをセットし、枠の上を細かくミル打ちしています。
よく見ますとダイヤモンドでできた2つの花の上辺だけが、本当に薄くホワイトゴールドに切り替わっています。
地金は14金ゴールドです。
1890-1900年頃のフランスあるいはオランダ製。
指輪サイズは13.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:6mm 
    重量:2g
  • 販売価格:183,600円(税込み)

ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • ピンクを帯びた明るい発色の美しいルビーです
  • 縦幅が6ミリ、花が横いっぱいに広がり華やかさのわりに着けやすいです
  • ルビーは台座にあわせて覆輪留め、ダイヤモンドは爪も使っています
  • 花びら一つずつの造形が綺麗、ダイヤモンドはローズカットです
  • 指輪のサイズ直しをされた跡がありそのせいか刻印が消えてます
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)
  • ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)

上の写真をクリックするとライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)の大きな写真が切り替わります。

ライラック(リラの花)のアンティーク指輪(ルビーとダイヤモンド、14金ゴールド)

[通販価格:税込] 183,600円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

花がモチーフのアンティークジュエリー「ライラック(リラの花)」

花を主体にしたジュエリーは1820-30年頃から多く作られ始め(それ以前にも見られますが)、19世紀中ごろにその全盛を迎えます。
お花をモチーフにしたジュエリーが当時なぜそれほどまで流行したかというその理由については純粋にそのデザインが可愛かったこと、お花モチーフのジュエリーは身につけやすいジュエリーでもあったこと、またヨーロッパの王室貴族の間でガーデニングが同時期に流行したためと言われています。
この頃にガーデニングに良く使われた花はパンジー、薔薇、フクシア、キク、ダーリア。
これらはつまるところ、アンティークジュエリーの花のモチーフにしばしばされた花です。

フランスでもこの影響を受け、19世紀後半には多くのお花をモチーフにしたジュエリーが作られます。
特にナポレオンの妻、ユージェニーが特に花をモチーフにしたジュエリーを好みました。
どんなお花がモチーフになったかと言いますと、「薔薇(しあわせな愛)」、そして「忘れな草」。
その他、「エーデルワイス」「ハイビスカス」「プルメリア」「パンジー」「オークの葉と実」「マーガレット(忠実な愛)」「チューリップ」「ダーリア」「百合(花束で表現されることも多いです)」「すずらん」「アイリス」「デイジー(片思いの愛)」等々。
センチメンタルな忘れな草、フラワーバスケット(花籠)のジュエリーなども比較的よく見られます。
イギリスでは、イングランドのバラ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)が度々、ジュエリーのモチーフにされてきました。

ヨーロッパの街と言えばライラックを連想するほど、ライラックはヨーロッパで古くから愛されてきた花です。
日本では「ライラック」と言う名前が通じやすいと思いますが、ヨーロッパではフランス語由来のまま「リラ(lilas)」とも呼ばれることが多いです。
ヨーロッパの春といえば「リラの花」、パリの石畳の街角でもよく見かける花です。
香りも良いので香水にされることも多いです。
「リラの花」と言いますとパープルを思い浮かべる方が多いかもしれません。

ライラック

紫のイメージが強いですが紫色以外にも白やピンク、赤色でも存在します。

ライラック

英語の花言葉は「Pride」「Beauty」。
花びらは通常は4枚ですが、5枚になっているライラックを見つけますと、愛する人と永遠に過ごせるという言い伝えがあります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×