カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

評価の高まる50年代ジュエリー この指輪は当店で通常扱う指輪より後の時代、1950年代の作品です。
アンティークと言うよりヴィンテージと呼ぶべき時代のリングですが、この時代の一部のハイクラスのジュエリーは近年欧米で大変人気があり、近年は私も気に入ったものは仕入れるようにしています。
50年代のジュエリーは、1940年代に比べても更に大きくダイナミックに変化します。
地金としては1937年頃までフランスではホワイトのジュエリー(プラチナあるいはホワイトゴールド)が流行しますがそれ以降は肉厚のイエローゴールドが好まれます。
この指輪もその例に漏れずイエローゴールドを豊かに使った作品です。
19世紀ジュエリーでは肉厚なゴールドはつや消しなどが施されていたり古色での仕上げになっていることが多いですが、この時代のイエローゴールドは表面全体を鮮やかに磨き上げらたものが多いです。
デザインも簡略化されているものの、ジュエリー製作としては非常に手が込んでいて高い技術が見られるのが、この時代のジュエリーの魅力です。
カボションカットブルーサファイヤ 中心の青石はブルーサファイヤで、カボションカットにされています。
その両隣がダイヤモンド。
縦にメッシュがはいったイエローゴールドの地金を背景に、宝石は円形でセットされていて、その対比がユニークです。
手にするとずっしりと重く、通常のアンティーク指輪の2倍ほどの重みがあるのも実にこの時代らしいです。
大きく重厚に作られたフィフティーズのジュエリー。
身に着けた時に特別な存在感は、やはりこの時代特有のものです。
ボリュームがあり現代のお洋服との相性も抜群です。
指輪サイズは13号(有料でサイズ直し可)。

▼続きを読む
  • 高さ:13mm 
    重量:6.2g
  • 販売価格:194,400円(税込み)

カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

  • 19世紀までのアンティークとは異なる、時代を切り開く革新さがこの時代の魅力
  • 指輪の縦幅が1.3センチとボリュームもあり、マニッシュなスタイルとも合います
  • 宝石が台座に直接付いているように見えるところも面白いです
  • ゴールドメッシュは手作業で削りだしてます。宝飾技術がまだ高いのです
  • フランス18金の刻印と工房印の両方が残っています
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)
  • カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

カボションカットサファイヤ ヴィンテージリング(1950年代 フランス)

194,400円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

どこまでが「アンティーク」でどこからが「ヴィンテージ」なのか?

アンティークやヴィンテージという言葉はよく耳にしますね。
ではどこまでを「アンティークジュエリー」と呼び、どこからを「ヴィンテージジュエリー」と呼ぶのでしょうか?
「アンティークは100年以上たったもの」という定説はありますが、今日ではジュエリーに関しては1930年代のアールデコまでを含んで「アンティークジュエリー」と呼ぶのが一般的です。
1930年代と言いますと厳密に言えば100年を経ていないですが、ジュエリーの素材や製造過程、デザインがその時代特有のものか、量産を目的としたジュエリーか否かがアンティークとヴィンテージを分けるひとつの基準で、それが1930年代で分かれると考えられています。

それでは1940年以降のジュエリーに価値がないかというとそういう訳ではありません。
特に1940年代のジュエリーには戦火の迫る中、その時代にしかない特徴的なデザインで高く評価されています。
1940年代というと、第二次世界大戦を思い浮かべる人が多いようです。
ですので40年代ジェエリーというと、「戦争中にジュエリーなんて作っていたのですか?」と質問をされることがあります。
40年代ジュエリー(フォーティーズスタイル)とは正確に言うと、1939-1943年当たりに作られたジュエリーを指します。

1940年代の20世紀アンティーク?

フランスは1930年代が特に「白いジュエリーの時代」と言われ、ホワイトゴールドやプラチナを中心に白い地金のジュエリーが流行します。
ジュエリーの表部分にホワイトの地金を用いたジュエリーは1900年頃からトレンドになっていましたから、そうした「白いジュエリーの時代」は実に35年ほど続いたことになります。

1930年代後半になると それまで続いた白いジュエリーの時代が終焉を迎え、イエローゴールドを大胆に使ったジュエリーが次々と作られるようになります。
1940年代のジュエリーの特徴はまず肉厚なイエローゴールドです。
磨き上げた艶のある鮮やかなイエローゴールドの面をデザインの中に大胆に使っているのが、1940年代以降のジュエリーの特徴です。
戦争の足跡が聞こえていたこの時代プラチナは軍需金属とされたため、イエローゴールドへの回帰が高まっていたと言う社会背景もあります。

下記は当店で販売済みの1940年代のイエローゴールドタンクブレスレット。
チャームにそれぞれ仕掛けが施された、遊び心溢れるジュエリーです。

j00517-1

「フォーティズスタイル」と呼ばれる重厚感のある40年代のジュエリー。
その代表的な指輪が、バックルやベルトなどがモティーフにダイヤモンドやルビーなどの色石を配したこのカクテルリング、カクテルブレス、カクテルウォッチです。

下記は当店で販売済みの1940年代のカクテルジュエリーウォッチ。
カバーを開くと時計が出てくるやはりサプライズのある、遊び心あるジュエリーです。

カクテルジュエリーアンティークウォッチ

イヴニングドレスやカクテルドレスにこのような見栄えのする豪華なジュエリーで華を競いました。
カクテルリングの他、タンクと呼ばれる四角張ったボリューム感じのある指輪、ポン(橋)、ヌー(リボン)といった特徴的な指輪デザインも生み出されました。
下記は当店で販売済みのヌー(リボン)のリング。
40年代の作品です。

リボンと星のヴィンテージリング(プラチナ、18金、1940年代)

物騒な時代背景と対照的に40年代のジュエリーは、肉厚で華やかな明るい作品が多いです。
コスチュームジュエリーの先駆けを作った1940年代ジュエリーは「20世紀アンティーク」と呼ばれることもあります。 戦後エステートジュエリー

戦争から解き放たれた開放感とともにより自由で女性的なデザインにか変わっていきます。
アールデコを継承した幾何学的なデザインの他に花やリボンなどフェミニンなデザインのジュエリーが作られ、それらが流行の主流になっていきます。
1930年代までのジュエリーに比べて制約から放たれ解放感に溢れ、女性的で柔らかいデザインです。
デザインも簡略化されているものの、ジュエリー製作としては非常に手が込んでおり高い技術が用いられています。

ファッションの世界では1947年にクリスチャン・ディオールが発表したコレクションが「ニュールック」と呼ばれヨーロッパ中を席捲します。

ディオールニュールック

ゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、長いフレアースカートが特徴です。
ジュエリーもエレガントで女性的なシルエットが求められるようになります。

艶やかなイエローゴールドをたっぷり使用したジュエリーは、戦後の女性達が求めたフェミニンなファッションと共に時代の主流になっていきます。
下記は当店扱いの1940-1950年頃製作推定のブローチ。
裏面がクリップになっているのも特徴的です。

デザイン美、機能美、ファッション性、新しい時代を告げるジュエリー

価格が5倍も暴騰をしたエステートジュエリーもあります!
フランスをはじめ欧米ではこの20年来、1940-1950年代のジュエリーに対する歴史的評価が確立しています。
特に近年評価が急騰しているのが、戦後1940-70年代のグランメゾン(ブランド)の製作したジュエリーです。
この時代にヴァンクリーフアーペルやカルティエが製作したジュエリーは、近年世界中の名だたるオークションで驚くほど高価に取引されています。
その値上がりのすざまじさは一説には、2008年の頃と比べて5倍ほどあがったものもあるそうです。

専門書も立て続けに出るなど、フランスをはじめ西欧で今一番「熱い」ジュエリー。
欧米のセレブリティが近年こぞって手に入れようとしているのがこの時代のグランメゾンのジュエリーです。
アンティークジュエリーには及ばないにしても、現代と比べれば宝石の品質も良いことが多く、価値が認められつつあります。
こうした主に一流ブランドのヴィンテージジュエリーは「エステートジュエリー」と呼ばれて取引されることが多いです。

下記は1949年、ヴァンクリーフアーペル製作のパウダーケースです。
イエローゴールドで表面は籐細工をイメージしています。
ダイヤモンドに緑石はカリブレカットされたエメラルド、中を開けると鏡があります。
20世紀初頭からこの時代にかけてはジュエリーのみならずこうした至極贅沢な女性の喫煙や化粧にまつわる小物が作られました。

ヴァンクリーフアーペルケース

下記もヴァンクリーフアーペル。

ヴァンクリーフアーペルバレリーナ

1943年製作、バレリーナのブローチ。
2作品とも2010年のクリスティーズのオークションに出品されていた作品で、当時の推定価格も非常に高価ですが、それでも今では(2018年現在)この時の数倍の価格がつきます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.