Antique Jewelry News

2017-10-28アンティークガーネットのネックレスをアップしました
ボヘミアンガーネットを1石ずつ実に丁寧にセットしています。 詳細へ
2017-10-25ガーネットのネックレスをアップしました
色艶の良い美しいガーネットが目を引きます。 詳細へ
2017-10-22ダイヤモンドクラスターリングをアップしました
二重になったクラスターリング。
ボリュームがありダイヤモンドも綺麗で、見映えするリングです。 詳細へ
  • facebook
  • オーナーブログ
  • メールマガジン

NEWアンティークジュエリー新着商品

ガーネットのジュエリーは決して珍しいものではないですが、宝石の質や作り、デザイン、状態全てにわたって完品といえる作品も少なく、そうした中でこのネックレスは久しぶりに見つけたパーフェクトなガーネットネックレスです。

ダイヤモンドクラスターリング(ボンブリング 1950年頃 イギリス製)

ダイヤモンドクラスターリング(ボンブリング 1950年頃 イギリス製)

【華やかさ倍増、2重のクラスターリング】
アンティークリングを代表する指輪モデルの一つ、クラスターリング。
このリングは、よくあるクラスターリングよりずっとぎゅっとダイヤモンドが詰まった感じがしませんか?
通常クラスターリングとは、中央の石を中心に周りを一回り小さい石で囲っていますが、この指輪では二周り小さな石に囲まれています。
ダイヤモンドのクオリティーも良く、合計19石のダイヤモンドはいずれもしっかりとした厚みがあり、素晴らしいシンチレーションが見られます。
それぞれの石が別の方向にシンチレーションを出し、見事なきらめ・・・

続きを見る

アンティーク ボヘミアンガーネットネックレス(イギリス ヴィクトリア期)

アンティーク ボヘミアンガーネットネックレス(イギリス ヴィクトリア期)

【70石以上のウォームレッドのガーネット】
一見よくある古き良き時代のアンティークガーネットのネックレスですが、ぱっと垢抜けたデザインに目が行きます。
作られたのはイギリス、ヴィクトリア時代中期。
お花をモチーフにしたジュエリーはこの時代珍しくはないですが、細身ですらりと伸びるチェーン等、一歩垢抜けたデザインです。
ガーネットは当時、東欧(ボヘミアン地方)で採られたものです。
アンティークのボヘミアンガーネットの中でもとしても良質のものが使われていて、赤が暗くならず色調の明るい、温かみのあるウォームレッドです。
ボヘミア・・・

続きを見る

アンティークダイヤモンドスタッドピアス(クラスター フラワーピアス)

アンティークダイヤモンドスタッドピアス(クラスター フラワーピアス)

【同一のピアスを2セット、仕入れることができました】
アンティークジュエリーは基本的には一点ものですが、このピアスのように当初か…

続きを見る

アールデコ ルビーダイヤモンドリング(1920年頃 イギリス)

アールデコ ルビーダイヤモンドリング(1920年頃 イギリス)

【イギリスで見つけたザ・アールデコのルビーのリングです】
1920年代、アールデコの特徴がよく出たルビーリング。
4石のルビー…

続きを見る

アンティークガーネットドラップリーネックレス(長さ調整可)

アンティークガーネットドラップリーネックレス(長さ調整可)

【目を張る艶やかな赤色のガーネット】
アンティークガーネットは同じ赤系のガーネットでも実に色々な色があるのですが、このガーネット…

続きを見る

シェルシュミディがご紹介するアンティークジュエリーについて

シェルシュミディは、フランスのアンティークジュエリーを中心に良質でありきたりではない希少性の高いヨーロピアンアンティークジュエリーを厳選してご紹介しています。 フランスアンティークジュエリーの中でも そのジュエリーが作られた時代の特徴が極めてよく出たもの、 希少で滅多に手に入ることのない技法が施されたもの、他にない装飾様式やスタイルを持ったものにこだわって買付をしております。 特に力を入れているのがフランス18世紀の王侯貴族のアンティークジュエリー、 王政復古の時代のアンティークジュエリー(この時代のジュエリーは日本では他ではほとんど見ません)、 南仏やノルマンディーなどのフランスの地方アンティークジュエリー、ベルエポック時代の古典的な美しい様式のアンティークジュエリー、 19世紀末のアールヌーボーのジュエリー、幾何学的でシャープなオーセンティックなアールデコにかけてのジュエリーです。 シェルシュミディでご紹介をしているアンティークジュエリーは現地でも非常に珍しい類のもので、他では手に入らないものです。

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーの矢葺が直接フランスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。 買付後は一点ずつ細かい検品をします。 ジュエリーに応じたクリーニングを施し、宝石はすべて鑑別所でチェックし、必要なものはアンティークジュエリー専門の工房で修理を致します。 万全の体制を整えるため、買付後は1点ずつ時間をかけて新着のジュエリーをご紹介していきます。 4-5日に1点ぐらいの割合で新しく仕入れましたアンティークジュエリーをHPにアップしてまいります。 (その都度、買付の際のエピソードなどを交えたメールマガジンを発行させていただいております。 是非メールマガジンにもご登録ください。)

About antique jewelryアンティークジュエリー情報

アンティーク真珠について

「アンティーク=天然真珠」だと思っていませんか? アンティークジュエリーに少しでもお詳しい方でしたら「昔は養殖の技術がなかったのだから、アンティークジュエリーで使われている真珠は全て天然真珠ですよ」といったことを聞かれたことがあるでしょう。 これはアンティークジュエリーの業界のセール文句になっているようですが必ずしも正しくはありません。 アンティークジュエリーに使われている真珠の多くが天然真珠です。 しかし全てが天然真珠ではありません。 上記の「アンティーク真珠=全て天然説」はヨーロッパで養殖真珠が本格的に市場に出始めるのは、一般的に1920年代頃からと言われていますからそれに基づいた論拠ということになります。 しかし養殖真珠はそれ以前にヨーロッパに存在し、一説には1880年頃から存在していたと言われています。 実際に1900年頃のヨーロッパのアンティークジュエリーから一部に使われています。 例えば下記をご覧ください。 こちらはフランスの有名なジュエリー専門のオークション会社のカタログから抜粋したものになります。 クリスティーズを初め世界の名だたるオークション会社のジュエリー競売では、真珠に関してきわめて厳密な明記が求められ、専門家が事前調査をしています。 この「真珠とダイヤモンドの指輪」は「1900年頃に製作されたと」推定されていますが、ジュエリーの説明文のところにここに「Perles de culture(養殖真珠)」と言う記載があります。 同じカタログから別の事例をご紹介いたしましょう。 こちらは花綱模様の美しい典型的なベルエポック時代のダイヤモンドと真珠のペンダントです。 こちらは1910年頃の推定と先ほどの作品より僅かに後年になりますが、こちらは「une perle en pampille(天然真珠の房飾り)」と記載があります。 天然真珠になります。

続きは「アンティーク真珠について」へ

18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力

市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。 アンティークジュエリーの中でも現在市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。 18世紀のアンティークジュエリーというのは、イギリスのアンティークジュエリーでもフランスのアンティークジュエリーであってもきわめて流通量が少ないもの。 どれくらい少ないかというと、現地のアンティークショップに行っても、ほとんどのお店にも一点もないのが普通です。 実際、当ショップでも18世紀のジュエリーは両手で数えられるぐらいしか扱っていません。 出てくることは稀で、高いお金を払おうが払うまいが、滅多に見つけられないのが18世紀アンティークジュエリーなのです。 18世紀といえば1700-1799年。 フランスの18世紀ジュエリーはその大半がフランス革命(1789-1799)に入る前に作られていますから、まさに250年以上前に作られた歴史的遺産です。 ブルボン王家の最盛期から、フランス革命によって王政が滅びた激動のフランス18世紀。 歴史的に見てもとても面白い時代ですし、ご存知のとおり文化的に素晴らしく洗練されて成熟した文化が生まれて、そして壊された時代です。

続きは「18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力」へ

アンティークジュエリーの刻印(ホールマーク)について

世界で最も長いジュエリーの歴史をもつ国のひとつフランス。 フランスの刻印制度はイギリスと並び世界で最も早く、制度が作られました。 フランスの刻印は金の刻印だけでもフランス国内用に作られたゴールド製品の押される刻印、輸出用ゴールド製品に押される刻印、輸入金製品に押される刻印等いくつもあります。 すべてを網羅するのはプロでも難しいですが、アンティークジュエリーで使われる刻印はある程度は決まっています。 (もちろん珍しい刻印も時々出てくるのですが・・・) フランスの刻印は昔も今も国によって厳しく管理されていますので、「金位や貴金属の区分」に関しては、刻印を正確に読み取ればまがい品をつかむことはまずありません。 ただし刻印で読み取れるにはフランスのアンティークジュエリーの場合、貴金属の種類と金位、製造国が主で、必ずしもアンティークの真偽を保証するものではないことも多いです。 (イギリスの場合、製造年や具体的な地域までが刻印で読み取れる場合が多いです) もちろんヒントになるところはあります。 分からない刻印を調べたいときは、分厚いフランスの専門書で調べるとほとんどすべてが明らかになります。

続きは「アンティークジュエリーの刻印(ホールマーク)について」へ

アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリーについて

知られざるアールヌーボーの本質 しなやかな曲線と自然への感性。 日本でも人気の高いアールヌーヴォー様式ですが、その「本質」は意外に知られていません。 アールヌーヴォーは19世紀末(1900年前後)、あらゆる芸術領域を席捲した装飾様式です。 ジュエリーの世界でアールヌーボーは、「貴石をシンメトリーにセッティングした従来のジュエリー作り」から「宝石的価値ではなく色によって選別した石を、美しく彫金されたゴールドにニュアンスカラーのエナメルと共にセットしたジュエリー」への脱皮をもたしました。

続きは「アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリーについて」へ

アールデコのアンティークジュエリーについて

アールデコジュエリーとは何か 1930年、著名なデザイナーであったポール・イリブ(Paul Iribe)はアールデコのジュエリーについて以下のように述べています。 「キュービズムとマシンデザインのために、花を犠牲にしている」。 アールデコ期にも以前として花や葉っぱなどの自然主義のモチーフのジュエリーも存続しつづけますが、「抽象的なジェオメトリックなデザインの台頭」なしにこの時代の動きは語れません。

続きは「アールデコのアンティークジュエリーについて」へ

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

1940年代のジュエリーの特徴はまず肉厚なイエローゴールドです。 磨き上げた艶のある鮮やかなイエローゴールドの面をデザインの中に大胆に使っているのが、1940年代以降のジュエリーの特徴です。 戦争の足跡が聞こえていたこの時代プラチナは軍需金属とされたため、イエローゴールドへの回帰が高まっていたと言う社会背景もあります。

続きは「1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー」へ
!

Antique Episodeアンティークエピソード

アンティーククラスターリングとは(cluster ring)

クラスターリングとは、中央の石を中心に周りを一回り小さい石で囲むお花のようなデザインの指輪のことです。
石と石の間が同じ間隔で詰まっています。

19世紀後期に、イギリスやフランスで特にクラスターリングが流行しますが、それ以前からあった伝統的なデザインです。
現代でも使われ続けているデザインで、クラスターエンゲージリングといってプロポーズの時に贈られることも多い指輪デザインです。

「ヴィクトリア王朝時代末期のクラスターリング ダイヤモンド」
ヴィクトリア王朝時代後期クラスターリング

一言でダイヤモンドクラスターリングといっても、場所も時代も変われば雰囲気は大きく異なります。
下記はフランスで1930年頃に製作された「ダイヤモンド アンティーククラスターリング」。
先ほどのヴィクトリアンのクラスターリングに比べて大ぶりで、よりモダンな雰囲気が出ています。

ヴィクトリア王朝時代後期クラスターリング

下記は何と2重のクラスターリング。
中心の石を2周、小さい石で囲っています。

ヴィクトリア王朝時代後期クラスターリング

クラスターのClusterとはお花や果実などの「房」「かたまり」のことです。
アンティークのクラスターリングでは、ダイヤモンドのものが多いですが、「ルビーxダイヤモンド」「サファイアxダイヤモンド」等、ダイヤモンドと色石の組み合わせの指輪。
下記は当店で販売済みのブルーサファイヤxダイヤモンドのクラスターリング。
アンティークセイロンサファイア指輪

下記も当店で販売済みのクラスターリングで、すべてがガーネットでできています。

ペルピニャンガーネットアンティーク指輪

また「真珠とエメラルド」等、色石同士の組み合わせのものなど様々です。
「真珠とガーネットのクラスターリング」。

ペアンティークガーネット指輪

また「クラスターピアス、イヤリング」と言って、同じデザインのアンティークジュエリーでピアスになったものも存在し、やはりとても人気があります。
「アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花)」

アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花)

ブローチでも存在します。
アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花)。

アンティーククラスターブローチ(ローズカットダイヤモンドと天然真珠)

アンティークルビーの魅力

今日宝石といえばまず無色透明のダイヤモンドを浮かべる人が多いですが、ジュエリーの歴史の中でダイヤモンドが宝石の王座を占めるようになったのは僅か数百年前のことです。
古代の人の心を捉えたのは、美しい色を持つカラーストーン。
特にエメラルド、トルコ石、ガーネット、ルビー、サファイアです。
これらのカラーストーンは、カッティング技術が未発達な時代もその美しい色のために珍重されてきました。
後年になってもルビーは「王位」を象徴する石として、ダイヤモンド以上に好まれてきました。
五大宝石のひとつルビーは、サファイアなどと同じで鉱物名はコランダム。
コランダムの内、赤色のものを宝石名でルビーと呼んでいます。
「ルビー」という名前の由来はラテン語で、赤を意味する「ruber」から来ています。

下記は当店で販売済みのルビーの一文字リング。
アンティークルビー一文字指輪(非加熱ルビー、ローズゴールド)

1880年頃に良く作られたモデルで、ササビーズで非常に類似した指輪が出展されていました。

ササビーズルビーリング
ルビーは欲望、情熱、権力の象徴であり、ルビーはまたその「愛と情熱を表す明るい赤色」が恋人たちの別れを防ぐ宝石であると語り継がれてきました。
その他、戦士を守り、勇気と忍耐を与えるとか。
病気を治す、家や所持品を守る、富と幸運をもたらすと信じられてきました。
これはルビーの燃えるような赤色に不滅の炎が宿るとされ、そこから満ち足りた気持ちと愛情を与えると信じられてきたからです。
アンティークジュエリーで使われたルビーは古くはスリランカ(セイロン)産、そしてルネサンスの頃までにビルマ(ミャンマー)産ルビーが用いられるようになります。
他の多くの宝石と異なり、ルビーこの時代に発見さえたビルマの特にモゴーク地方の鉱山がその後800年に渡り重要な産地であり続けました。
アンティークジュエリーでもビルマ産のルビーが主流ですが、それ以外でも数は少ないですが例えばロシアデ産ルビーなども稀に見ることがあります。
下記はササビーズに出展されていた1910年頃にロシアで製作されたロシアンルビーとダイヤモンドのペンダントです。

ロシアンルビー

1)ルビーの色を決めるもの
一言に「赤色のコランダムをルビーと呼ぶ」と言っても、ルビーには黒っぽい赤色のもの、ピンクっぽいもの、さまざまな色相があります。
ルビーの赤色の原因となっているのは、ルビーの成分の酸化クロムに起因しています。
酸化クロム以外にもルビーは酸化鉄、酸化チタンなどが含まれていて、これらの量が色調の要因となっています。
酸化鉄の量が増えるにしたがって黒味が増し、また酸化チタンの含有量が増えるにしたがって、紫味が強くなる傾向があります。
ビルマ北部は翳りの原因となる鉄分の含有率が低い、地質学的に興味深い土地であると言われています。
下記は当店取り扱いのルビーリング。
ビルマルビーと言えば「ピジョンブラッド」が有名ですが、このような彩度の高い華やかなピンク帯びた赤もビルマ産ルビーの特徴です。

ビルマ産アンティークルビー指輪

下記は数年前にササビーズに出展されていました20世紀初頭のルビーリング。
上記のリングと同じ頃に製作されたリングで、やはりルビーの色が非常に酷似しています。

ササビーズピンクルビーリング
2)現代行われているルビーの人口処理と加熱
いくつかの限られらた確実な産地からしかルビーが採られていなかった時代では、色調である程度の産地が想定することが可能でした。
しかしながら現在ではルビーを高温を加熱して、透明度も良くしたりすることが日常的に行われています。
例えば余分な黒色などを除去して、いわゆる「ルビーらしい色」に近づけるよう人工的な調整が行われています。
近年では、アフリカやアジアの様々な地域で次々と新しい鉱山が発見されておりそれほど品質の良くないルビーに関しても加熱処理、あるいは人為的にフラクチャーなどを埋める充鎮などで「トリートメント」が施されているため、現在のルビーでは「本来の色」は見ることができないものがほとんどです。
こうした人工的なトリートメントは代表的なものに「石をガラスによって補填する」、「石を染める」等があります。
ルビーの加熱に関しては、現在のような高温での加熱処理が始まったのは戦後1970年頃になります。
ルビーの加熱というのは、一般的に1600度の高熱を用いた加熱のことを指します。
鉱山から採掘したルビーを研磨したり、適度な温度で加熱して切り出す処理は、数千年前から行われており、これはよく言われるルビーの加熱やトリートメントとは異なります。
石の価値を下げるものでもありません。
鉱山から採掘したばかりのルビーを本当になにもしなければ、例えば下記のような輝かないルビーになります。

アンティークルビーネックレス(14Kゴールド、金細工、ハンドメイド)

近代に始められた人口処理はルビーの価値を下げるもので、これらの技術はそのアンティークルビーはもし途中で取り替えられたと言うことがない限りは、施されていません。
実際に取替えられたと思われるケースは私も何度か見たことがありますのでアンティージュエリーでも注意は必要ではありますが・・・。

3)合成ルビー(シンセティックルビー)
1920-1940年頃のジュエリーではハイクラスな作品にも時々、シンセティックルビーが用いられていることがあります。
これはルビーのパーティング(中心から外側へ向かう力)する特性から、技術的に天然ルビーを四角くカッティングすることが困難であったからであると考えられます。
アールデコ期にはスクエアカットのルビーが好まれて用いられましたが、ベルヌイ技法による合成ルビーが全ての石あるいは時々一部分に用いられていることがあります。
(当店ではもちろん全ての石を外部の宝石鑑別書に委託の上、鑑別してもらい、合成の場合にはその旨をわかりやすく正確に記載させていただいております)
当時は合成ルビーにこうしたスクエアカッティングを施すのにも、天然ルビーを使う以上のコストがかかったそうです。
特に1940年代は、ージャスなハイジュエリーでも合成ルビーが使われているケースが度々見られます。
これは戦火近づく中、極東からの輸入が困難になったということも関係しているでしょう。

下記は当店扱いの40年代のシンセティックルビーのカクテルリング。
カクテルリング(フォーティーズ、シンセティックルビー、ダイヤモンド)

4)ルビーと類似する色を持つ、レッドスピネル
一方アンティークジュエリーでルビーに類似する宝石として忘れてならないのは、 レッドスピネルです。
特に中世ではレッドスピネルはルビーと同等のプレステージを持っていました。
例えば大英帝国王冠のた「黒太子のルビー」は実は後年になりルビーではなくスピネルであることが判明しました。
もっともコランダムとスピネルは混同されており18世紀までであり、18世紀以降の貴重なジジュエリーでは、レッドスピネルが使われているケースはほとんど見るこ4とがありません。

黒太子のルビー
5)近年ますます高まるナチュラルルビーの価値。
「king of precious stones(貴石の王様)」と呼ばれ、長きに渡って多くの人々の垂涎の的でしたが近年、ナチュラルルビーの価格の上昇はもはや天井なしといったところです。
下記はかつてカルティエが製作した25.59カラットのビルマ産ルビーのリング。
2015年5月のササビーズのオークションで何と約36億5200万円で落札されています。

カルティエサンライズルビー

アンティークガーネットとその種類(アルマンディン、パイロープ、ロードライト等)

ガーネットは、アンティークジュエリーで最も重用されてきた宝石の一つです。
ガーネットには古くから色々な言い伝えがあります。
その中で最も古いのが、「ガーネットはノアの箱舟の灯として使われて、暗闇を照らした」という伝説。
ガーネットの深く赤い石は、古代から疫病に強い効力があると信じられてきました。
古代エジプト人及びローマ人は血液関係の病気の治療にガーネットを使ったそうです。
中世ヨーロッパではガーネットを持つと友情に恵まれ、権力の座につくとされ、支配者層に好まれました。
ガーネットには暗闇でも見通せる、ガーネットを身につけることで洞察力が増すと信じられてきたのです。
ガーネットがジュエリーの表舞台に出はじめたのは18世紀初頭からです。
下記は18世紀のガーネットを用いたフランス、ヴァンデ地方の指輪です。

アンティークガーネットの指輪(18世紀地方ジュエリー、ヴァンデ地方)

アンティークジュエリーにおいて、ガーネットほど様々なジュエリーに様々な方法で用いられた色石はありません。
ガーネットの硬度は6.5-7.5と比較的高くカラーバリエーションも豊かなガーネットは、あるときは指輪、ピアス、ブレスレット、そしてカメオやインタリオなどにされてきました。
(デマントイドガーネットの硬度がおよそ6.5、ロードライトガーネットの硬度が7.5です)
宝石としては十分な硬度がありながら、ダイヤモンドやコランダム程までは硬くなく、彫り物も可能ということで、ガーネットは細工もののジュエリーにも重用されました。
下記はガーネットにインタリオが施された指輪です。

アンティークインタりオ指輪(ガーネット、天然真珠、イニシャル)

なぜガーネットと言う一つの宝石で硬度に幅があるのかと言えば、「ガーネット」と言う名称が複数の石のグループの総称で、その中に4つの異なるグループが存在するからです。
その4つとは下記になります。

1)ワインレッドに代表されるガーネットがアルマンディンガーネット
現在では、良質なアルマンダインガーネットは滅多に見ることがありません。

アンティークガーネットブレスレット(1900年頃、18Kゴールド)

2)ルビーに似た鮮やかな赤色のガーネットがパイロープガーネット
パイロープとはギリシャ語で「火の目」という意味です。
チェコスロバキア西部(元オーストリア領)にあるボヘミア地方では中世よりこのような火の目のような深紅色のパイロープが採掘されていました。

アンティークガーネットネックレス(パイロープガーネット、ペンダントネックレス、ヴェルメイユ)

3)紫赤ー褐赤色のロードライトガーネット
アンティークジュエリーで見られるガーネットの中で最も多いのがロードライトガーネットです。
ロードライトとは、「バラの花のような」という意味で、この意味の通り、やや紫がかった赤色をもつガーネットです。
バラに近い、紫がかった印象的な赤色のものが高い評価を受けています。
また、透明度も非常に重要視されています。
主な産出国は、タンザニア、マダガスカル、スリランカなどです。
特にスリランカ産は、バラの花を想わせる良質な石が産出されたことで知られています。

アンティークガーネット十字架ペンダント(クロス、ヴェルメイユ、南仏)

4)美しいオレンジ色のスペサルティンガーネット
この種のガーネットはアンティークジュエリーではほとんど見ることがありません。

現在では色の調整が行われていますから(アンティークガーネットで見られたような良質のガーネットが現在では枯渇しているため)、これほどカラーバリエーションがあるのはやはり昔の天然無加工だからです。
18世紀には特にピンク色のガーネットが、19世紀には明るい赤色の華やかなガーネットがもてはやされました。
シックな色調が魅力的なピンク色のアンティークガーネットは、その大部分が18世紀のヨーロッパで採られました。
この時代であってもピンク色のガーネットはとても産出量が少なく、小さくカットされて大切に使われました。
柔らかいピンクの色は、当時の照明のろうそくの下で、ダイヤモンドの煌めきと同じような光り方をするものが好まれたそうです。
下記はジュエリー自体は19世紀初頭に作られていますが、その色調から判断してピンク色を帯びたガーネットそのものは、もっと古い時代のものと推定できます。

19世紀十字架クロスペンダント(ピンク紫ガーネット)

赤色の他のアンティークガーネットとしては、緑色のガーネットが有名です。
グリーンガーネットは、聖書にも記載のある最も古い宝石の一つです。
「燃える石炭」とも呼ばれ聖書の中ではノアの箱舟の道しるべの明かりとして使われたグリーンガーネット。
強力な守護の力を持つと信じられ、魔除けとして使われたり、医薬的効能を持っていると信じられてきました。
グリーンガーネットには主に2種類あります。
翡翠と良く似たグロッシュラーガーネットと、ガーネットコレクターの垂涎のデマンドガーネットです。
下記はグリーングロッシュラーガーネットの指輪です。

グリーングロッシュラーアンティークガーネット指輪(ダイヤモンド、クロスオーバーリング)

ヨーロッパのガーネットの産地というと、ボヘミア(現在のチェコ共和国あたり)のイメージが強いと思いますが、フランスでもガーネットは産出されました。
中でも「ペルピニャンのガーネット」は、その質の高さで有名で、色調の明るい赤色がその特徴です。

ペルピニャンガーネットのアンティークブローチ(バーブローチ、クローズド、1840年頃)

ペルピニャンは、ピレネー山脈ぞいの、フランス南西部の地中海沿岸の町です。
科学的にはペルピニャン産か否かを鑑別できる術はなく、特にアンティークガーネットの場合、そこまで細かい産地の特定は困難です。
現在市場に出回っているガーネットのほとんどはフランス産でもボヘミアのものでもなく、タイ産がほとんどです。

ヨーロッパには、そんなガーネットを記念日に贈る習慣もあります。
まず結婚18周年。
ガーネットの宝石言葉は貞操。
そこから変わらぬ愛を届けるという意味で、この習慣が生まれたのでしょう。
そして初めての記念日。
またヨーロッパでは、最初に子供に与える宝石としてガーネットが贈られることが昔から多いです。
これはガーネットの持つ勤勉な力、人生に忠実であってほしいという両親の願いからでしょう。

指輪・リング
アンティーク ring
ネックレス
アンティーク necklace
ピアス・イヤリング
アンティーク pierce
ブレスレット
アンティーク bracelet
ブローチ
アンティーク brooch
高級ジュエリー
アンティーク high jewelry