天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)

バイカラーの天然パール 二つのパールを対角線上に置き、その間にダイヤモンド。
斜めに3石の美しい宝石が並ぶ指輪です。
1900年頃にヨーロッパで流行するクロスオーバーリングの応用形です。
2つの天然真珠は上の石がオフホワイト、下の石がクリーム色(上下の区別がない指輪ですので、逆向きに着けていただいてもかまいません)、二つのほぼ同じ大きさの異なる色のパールを使っているところが面白いです。
そしてダイヤモンドも2つの真珠もほぼ同じ形でほぼ同じ大きさ。
それらが対角線上に綺麗に並んだデザインが印象的です。
真珠はそれぞれ直径5ミリ程で天然真珠としては、マックスに近いサイズになります。
自然界でこれだけの大きさになるまでに要したであろう時間の長さ。
そしてこの指輪が作られてから100年以上を経ているのに、ずっとこれだけ美しい状態を保っていることに思うと、自然の神秘を感じずにはいられません。
真珠はデリケートなイメージが強いですが、昔の良質な天然真珠は強さも兼ね備えているのですね。
ぱっと見たところは真円に見えますが、実はなかなか歪な形をしていてそれがまた天然パールの証でもあり味わいです。 天然真珠とダイヤモンドの競演 2つのバイカラー天然真珠が主役の指輪ではありますが、ダイヤモンドもその透明感と無色の色が際立ち、良い石が使われていることが分かります。
オールドヨーロピアンカットで、ダイヤモンドの部分のみ地金がプラチナになっています。
真珠が後ろから針を突き刺したオープンセッティングになっているのに対して、ダイヤモンドは細い爪を細やかに使った爪留め。
美しい天然真珠と、煌くばかりの新大陸で発掘されたハイクオリティーなダイヤモンドのジュエリーは、この時代のジュエリーならではの醍醐味です。
1910年頃のフランス製。
土台は18金イエローゴールド。
指輪サイズは7号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:6mm 
    高さ:16mm 
  • 販売価格:280,800円(税込み)

天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 真円に見えて、上の真珠は左上に僅かな膨らみ、下の真珠は上部が細めです
  • 現状7号ととても小さいサイズですが少しサイズアップして薬指か中指がベスト
  • ダイヤモンドも直径4.5ミリと大粒、完全な円ではなく少しクッションに近いサークル
  • この時代によく見られる後ろから針を突き刺した真珠は、見た目よりずっと堅牢
  • フランス18金の刻印あり
  • 天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)
  • 天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)
  • 天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)
  • 天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)
  • 天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)
  • 天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)
  • 天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)

上の写真をクリックすると天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)の大きな写真が切り替わります。

天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)

[通販価格:税込] 280,800円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーク=天然真珠は大きな間違い

アンティークジュエリーに使われている真珠の多くが天然真珠です。
もちろん全てが天然真珠ではございませんので、注意が必要です。
ではいつごろから天然真珠がジュエリーの表舞台から消えていくのでしょうか?
養殖真珠がヨーロッパで市場に量として多く出回り始めるのがだいたい1920年代。
ただそれ以前にも存在し、一説には1880年頃から存在していたと言われています。
私の感覚では1900年頃のジュエリーから一部に見られます。
また後年になって付け替えられた可能性もありますので、注意が必要です。
そして一方で1930年頃まではハイジュエリーを中心に美しい天然真珠を使ったジュエリーが見られ、1940年代にはもう養殖真珠が凌駕していきます。
戦後はもう言うに及びませんので、やはり1930年代頃までというべきでしょう。
天然真珠の評価がもっとも高かったのが、20世紀の初頭の頃です。
この頃、天然真珠として最大に近い大きさの最高級の天然真珠を使ったロングネックレスは、現在の貨幣価値に換算して約10億円で取引されたと言う記録が残っています。

「養殖真珠」といっても本当の初期の頃(20世紀初頭)の養殖真珠は真珠層が厚くとても出来がいいです。
例えば下記は、1920年前後に英国で製作された養殖真珠のネックレス。
真珠の粒は0.8センチ程です。

1920年養殖真珠

現代の養殖真珠とは雲泥のレベルの差があり、それはそれで近年では高額に取引をされています。
天然真珠の見分けは熟練したディーラーさんでも100%は難しいです。
中には形や色などで明らかに天然と分かるものもありますし、困難なものは最終的にX線をかける必要がでてきます。
シェルシュミディでも、真珠ジュエリーの買い付けは一番神経を使います。
当店が現在取っている対策とししては、一つには明らかに形状などで天然と分かるボタンパール等を仕入れる。
それ以外の判別が難しいタイプの真珠に関しては(例えばオフホワイトの大粒の真円に近い真珠の場合)真珠博士ともいえるほど真珠に詳しいディーラーさんからのみ仕入れるようにしています。
彼女は判別の難しいものは、必ずX線をかけるからです。
天然真珠は実に買い付けの時に神経を使う宝石ですが、それでも良い天然真珠を手に入れたときの喜びは格別です。
では天然真珠と養殖真珠、その違いは何でしょう?

1)まずは退色の違いです。
「真珠は退色する」と思ってらっしゃる方もおおいのではないでしょうか?
でもアンティークジュエリーで使われている真珠は100年以上経ても、美しいまま残っていますよね。
なぜでしょう?
真珠を留める時にはまず、真珠に穴を開けますよね。
養殖真珠(現在の真珠で純粋な天然真珠はほぼ皆無ですので=現在の真珠ともいえます)はその穴から核と真珠層の間に大気中のいろいろな物質が浸透して、中から退色が発生するのです。
これに対して天然真珠は核が比べ物にならないほど小さく、そのため内部からの変色がほとんどあり得ないのです。
また天然真珠のほとんど全体が真珠層でできているのに対して、養殖真珠は外側の0.01-2ミリが真珠層でその内部(つまり大部分)が人工的な核できています。
当然この核の大きさの違いが、退色の差になります。
例えば下記は当店扱いの天然真珠のリングですが、真珠の一つに小さな穴があけられていることに気づきます。
これは昔、天然真珠が非常に希少でそれ以前に製作されたネックレス等などから真珠を流用したためです。
これだけしっかりと穴が開いていながらも、まったく退色が起きていないことが良く分かる例です。

天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)

2)大きさ。
現在ではマーケットに出ている真珠のほとんどが養殖真珠ですので、ある程度大粒の真珠に慣れている方が多いかもしれません。
しかし本来、天然真珠は大きい真珠が非常に稀な存在で、5ミリ以上ある真珠はかなり大粒になります。
下記は1870年頃製作の天然カラー真珠のペンダント。
中心の真珠は、直径約7ミリ程でこれだけの大きさになりますとまさに最大サイズに近いです。

天然カラー真珠とダイヤモンドの19世紀ペンダント(1870年頃、銀、オリジナルチェーン)

アンティークの天然真珠でも3ミリ以下の粒は、「宝石の金銭的価値」としてはそこまで大きくはないですが。 (近年美しい天然真珠が用いられたアンティークジュエリーはますます少なくなっていき、アンティークジュエリーとしての価値はもちろん大いにあります。
) 5ミリ以上になりますと真珠そのものが宝石としての価値が増し、近年ますますその評価は上がってきています。
それほど価格や価値に大きな影響を及ぼす真珠の大きさですが、現在の養殖真珠では、大粒でも小粒でもそれほど値段に開きはありませんね。
なぜでしょう?
養殖、特に現在の養殖真珠は真珠層が0.01mm以下ととても薄いのです。
その内側はすべて人工の核。
それだけ本来の真珠層が薄いのですから、真珠が大きくても小さくてももちろんその価値はほとんど変わりません。
天然真珠ですと、1ミリ大きくなるのにものすごい年月を要し、それだけ数が少なくなります。
そのため昔の天然真珠の場合大きさにより、値段の差があるのです。

3)形。
アンティークジュエリーで見る天然真珠は真円のものばかりではありませんね。
なぜでしょう?
天然真珠は大きくなればなるほど歪になるものです。
そのほとんどが大きな丸い核でできている現在の「真珠」では、真円は当たり前のように作れますが、天然真珠は、中までそのほとんどが真珠層。
とてつもなく長い時間をかけて真珠層が作られるので、天然真珠は大きくなればなるほど歪になります。
自然のものですからそれが当然なのです。
天然真珠を使ったアンティークジュエリーで特に指輪などをじっくり観察してみますと、一見真円に見えるけれどよく見ると真珠の形は扁平だったり少しいびつな形をしていることが多いです。
天然真珠では完璧な真円の真珠は、大きくなればなるほど極めて少ないもの。
5ミリを超える大きさになってくると、完全な真円の真珠と言うのが稀になっていきます。
そこでセッティングの妙で、正面からみたときに真円に見える見えるように、絶妙な位置に穴を開けて真珠をセットしているのです。
下記は当店で販売済みの天然真珠のリングです。

アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)

セッティングの妙で真円に近いように見えますが、よく見ますとかなり特徴的な形をした真珠です。
このようなことは一粒の天然真珠を活かしたアンティークリングでは、よく見受けられます。
大きめの天然真珠を使ったアンティークジュエリーに出会ったら、ぜひ横から見てみるのも面白いです。

「天然真珠は養殖真珠との違い」、簡単に言えばそれは天然真珠は養殖真珠と比べ物にならないほど長い年月を経てできたものだということ。
養殖真珠が数ヶ月で膨らむのに対して、天然真珠は何十年何百年という年月を経て(それも偶然の産物で)ようやく生成されるものなのです。
養殖真珠はそもそも人為的に核をいれているので、外側だけが真珠層。
内側はどんどん人工的な力で大きく膨らんでいくので、生成のために要するのは3ヶ月ほど。
それから2年間ほど乾燥して(最近ではこの過程をもっと縮小した養殖真珠も多いよう)、2-3年後には商品として並んでいるのです。
一方の天然真珠は、あこや貝などの真珠層に偶然入った小さな異物を核にして、長年の年月を掛けて真珠層が形成されます。
これは何十年以上要するものなのです。

養殖真珠が多く市場に出回るようになったのは、1920年頃からです。
以降日本では市場にでている真珠のほとんどが養殖真珠で、「真珠」といえば一般的に養殖真珠を指すことが多いです。
しかしヨーロッパやアメリカなど天然真珠との関わりが長い国においては、「真珠」といえば現在でも天然真珠を指します。
そして養殖の場合は「養殖真珠」とはっきり明記・明言することを強く求めています。
日本では、養殖の真珠に関しても「本真珠」「ナチュラルカラー」といった呼び方をすることがあります。
これは比較的物事を厳密にしないで、商用に様ざまなネーミングを生み出す日本的な慣習なのですが、これは欧米から見れば「養殖真珠を天然真珠のように思わせようとした意図的な改ざん」とみなされ、度々非難されています。
ヨーロッパにおける真珠の歴史はとても長く、天然真珠へのこだわりも日本よりずっと高いです。
1920年代に養殖真珠が一般化されても、例えばフランスなどではそれからしばらく、ハイジュエリーの真珠はやはり天然真珠でありつづけます。

養殖真珠といえば近年、日本でも海外でもとても安い養殖真珠を見かけることが多いです。
これは何かというと中国産の養殖真珠です。
中国では80年代後半以降、急激に養殖事業が広まり、現在雷州半島からベトナム国境にかけて大規模な養殖が行われています。
元々日本で行っていた養殖は2-3年かけて養殖するのが基本でしたが、現在の中国の養殖真珠はひどくて、養殖に必要なアコヤガイは人口採苗で、しかも養殖機関は何と8ヶ月!
これでは外皮の非常に薄い部分にしか、真珠膜はできません。
それが世界中で「真珠」として売られていて、真珠の価格破壊がおきて、真珠全体の価値判断を難しくしているのですから、困ったものですね。
もちろん昔の天然真珠とこうした高速養殖真珠は、まったく持って違うものです。
アンティークジュエリーの真珠で見られる養殖真珠は実はかなり美しくて、20世紀初頭の養殖真珠は、天然真珠には劣りますがそれでも近年かなりの額で取引がされるようになっています。
昔の養殖真珠さえ大変貴重になってきていると言えます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×