ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)

コストパフォーマンスの高いフォーティーズのリング シェルシュミディで通常扱うジュエリーより少し後年の1930年代後半から1940年代にかけてのリングです。
アンティークジュエリーとは一般的に1930年代までに作られたジュエリーを指しますが、フォーティーズのジュエリーは既に一昔前から確固とした「アンティーク」の価値を確立しています。
30年代後半から1940年代前半にかけて、フランスで特に多くのデザインに優れた良質なリングが生み出されています。
贅沢に用いたゴールドと(実際にこのリングも平均的なアンティークリングより重めです)、ファッション性の高いデザインが魅力です。
ゴールドはこの時代は「白の時代」と呼ばれた1930年代前半の反動からか、磨き上げられた艶やかなイエローゴールドがトレードマークです。
1950年代になりますと指輪はもっと大きく派手になり、日本女性には着けづらいものが多くなりますが、40年代のものはまだ小さめでアヴァンギャルドに行き過ぎることなく丁度よいです。
ポエティックな魅力の19世紀のアンティークリングとは一味異なる、都会的で洗練されたリングは現代の生活の中でもとても使いやすいです。
近年、評価が高止まりしていてなかなか扱うことができなかったフォーティーズリングですが、馴染みのディーラーさんからリーズナブルに仕入れることができました。 シャープなラインと丸みを共に体現した40年代リング この時代の特徴である、シャープなラインと丸みが共存したデザインです。
真ん中は透明感のある美しいオールドヨーロピアンカットのダイヤモンドで、石の先端が切り落とされているのが見えるところも、旧式のカットであることが分かり嬉しいポイントです。
ダイヤモンドが台座に埋め込まれるようにセットさえていますが、直径3.5ミリ強と、しっかりとした大きさのダイヤモンドが用いられています。
凸部分がなく、手を洗う時なども基本的にそのままでOKです。
全体は磨き上げられたイエローゴールドですが、ダイヤモンド周りだけはプラチナになっていて2カラーであるところも、いろいろなワードローブに合わせやすく使いやすいです。
18カラットゴールド。
指輪サイズは14号。
 

  • 高さ:10mm 
    重量:3.5g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)

  • ベゼルの表層のみプラチナでスクエアに沿ってミルグレインが打たれてます
  • 指輪の縦幅が1センチ程、いわゆるアンティークリングにはないボリューム感
  • 真ん中のダイヤモンドの四隅のプラチナ細工でベゼル全体が煌めいて見えます
  • 丸みと直線を組み合わせたデザインはかっこよく女性的でもあります
  • 左手にフランスの18金の刻印、右に工房の刻印
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)
  • ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ダイヤモンドゴールタンクドリング(1940年頃)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

どこまでが「アンティーク」でどこからが「ヴィンテージ」なのか? アンティークやヴィンテージという言葉はよく耳にしますね。
ではどこまでを「アンティークジュエリー」と呼び、どこからを「ヴィンテージジュエリー」と呼ぶのでしょうか?
「アンティークは100年以上たったもの」という定説はありますが、今日ではジュエリーに関しては1930年代のアールデコまでを含んで「アンティークジュエリー」と呼ぶのが一般的です。
1930年代と言いますと厳密に言えば100年を経ていないですが、ジュエリーの素材や製造過程、デザインがその時代特有のものか、量産を目的としたジュエリーか否かがアンティークとヴィンテージを分けるひとつの基準で、それが1930年代で分かれると考えられています。

それでは1940年以降のジュエリーに価値がないかというとそういう訳ではありません。
特に1940年代のジュエリーには戦火の迫る中、その時代にしかない特徴的なデザインで高く評価されています。
1940年代というと、第二次世界大戦を思い浮かべる人が多いようです。
ですので40年代ジェエリーというと、「戦争中にジュエリーなんて作っていたのですか?」と質問をされることがあります。
40年代ジュエリー(フォーティーズスタイル)とは正確に言うと、1939-1943年当たりに作られたジュエリーを指します。

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーに関して更に詳しい情報は1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.