アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)

同じ表情のものが二つとしてないアンティークパールリング アンティーク真珠の特にリングはお好きな方が多いので、私も気に入ったものがリーズナブルに入る限りは可能な限り仕入れるようにしています。
そしてつくづく思うのが、他の宝石以上に「二つとして似た作品」が見られないということです。
真珠はやはり自然の産物だったからでしょうか、石自体もその色合いや照りなどそれぞれに表情があり、仮にデザインが少し似ていたとしても表情が異なるのです。
このリングは「トワエモワ」と呼ばれる、フランスで1900年頃に流行したクロスオーバーリングです。
2つの石は「トワエモワ(あなたと私)」と言う意味で用いられていますが、その用語がぴったりなカップルのような相性のよい天然真珠が2石、選ばれています。
共に照りの良いオフホワイトの真円に近い真珠で、大きさは僅かに異なります。 真珠の周りに遮りを作らないセッティング 真珠は裏面からゴールドの針で突き刺しています。
当時のハイクラスのパールのジュエリーでよく見られるセッティングです。
更に底部から細いゴールドの爪数本で支えていますが、表面から見たときは出来るだけこの爪がほとんど見えないほど低めになっています。
真珠の周りに台座や爪などの遮りがなるべくないようになっていることで、より真珠のナチュラルな美しさが引き立っています。
クラスターリング自体はこの時代、比較的多く作られた指輪モデルですが、指輪が途中まで二連に分かれた面白い構造になっています。
2つの真珠のところで2連のフープが重なり、その両脇に隙間があり、指が見える透かしになっています。
特に指輪をはめたときに、この肌が透けて見えるのがとても綺麗であることに気づきます。
小粒ながらダイヤモンドにも透明度があり、ダイヤモンドからフレームにかけて絞りの入ったラインも垢抜けています。
さりげないデザインのようでいて、ベルエポック時代のフランスらしい洗練が随所に見られます。
1900年頃のフランス製。
18金ゴールド。
指輪サイズは12.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:9mm 
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)

  • 天然真珠でもこれだけの艶は稀。直径4ミリ強とかなり大きさもあります
  • 横に大きく広がるクラスターリング。2つのフレームから肌の色が見えます
  • 横から見るとしっかり見える爪、表面からは目立ちません
  • ダイヤモンドはローズカットですが、かなり厚みのある石が用いられています
  • フランス18金ゴールドの刻印あり
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

良い天然真珠の条件とは

真珠は数千年前から、ありとあらゆる権力者に愛されてきた宝石です。
東西を問わず真珠は富と権力の象徴であり、王族、貴族、宗教者、マハラジャ等々に愛されてきました。
貝の体内から美しい真珠が生まれ出る神秘は世界各地でさまざまな伝承を生みだしました。
そしてそしてその想いの深さを証明するように、人々は真珠を多くのロマンティックな言葉で形容詞しました。
代表的なものに[em]月の雫(しずく)」[/em]という表現があります。
古代ローマの博物誌には「月夜に、海面に浮かび上がった貝がひらき天から舞い降りた霧を吸い込んで育てたのが真珠」という幻想的な解説が残されているそうです。
その他にも 天然では産出が稀な真珠は、「天の露」、「人魚の涙」、「小さな月」などと比ゆされます。

いわゆるダイヤモンドの4Cにあたる、真珠の評価基準は[em]「巻き」「照り(光沢)」「形」「大きさ」「色」「キズ」[/em]の6つです。
このうち特に分かりにくいのは「巻き」と「照り」でしょうか。
「巻き」とは、真珠の芯となる核を取り巻く真珠層の巻きつきのことです。
薄巻きのものには真珠本来の美しさがなく、厚巻きのものほど価値があるとされています。
照り〈光沢)」の良い真珠ほど珍重されてきました。

小粒な真珠の場合難しいですが、良い真珠には自分の顔が映るかどうかを見てみるのも良い方法です。
当店で販売しているガーランドの真珠のネックレスです。
房飾りになった真珠は光沢がありすぎて写真を撮るときに光を反射し、真珠の上部と下部でまるで色が異なるように映ってしまうほどでした。
(光の干渉です。)

j01012-4.jpg

また真珠のクオリティーをあらわす言葉に「イリデッセンス」があります。
イリデッセンスとは英語で「虹色」という意味になります。
「干渉色」とも呼ばれ、真珠の表面に見られる光の波が重なって起こる虹色のことを指します。
もちろん照りの良い上質な真珠にしか見られないものです。

これは光の干渉によって起こります。
私たちが見ることのできる光にはすべて波があり、波なので上がって山となり、次に下って谷となります。
光によってこの周期(波長)は異なりますが、山と山あるいは、谷と谷が一致するように2つの波が重なり合うと、山の高さが2倍、あるいは谷の深さが2倍の波になります。
こうして波が重なり合って、強め合ったり、弱め合ったりする現象を干渉と言い、イリデッセンスの原因となります。
名称はギリシャ神話の虹の女神 Iris に因んでいます。

良い天然真珠の条件について、1750年の文献に既に下記のような記載があります。
[em]「those of the finest shape are perfectly round, which fits them for necklace, bracelets, jewels for the hair・・・」
最も良い形は、完全な真円でこうした形の真珠はネックレスやブレスレットに向く。
「their complexion must be milk white, not of a dead and lifeless, but of a clear and lively hue, free from stains・・・」。
もっとも良い色はミルクホワイト、まず死んだような色をしていないこと、明るく活き活きとした色合いで、汚れがないこと。[/em]

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.