愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)

Maison Augisの愛のメダル(メダイユ) このペンダントトップはフランス人では知っている人が多いAugisと言うリヨンにあるジュエリーメゾンの有名なメダルジュエリーです。
「+」と「-」を挟んで意味するフランス語は、「Je t'aime +(plus) qu'hier -(moins) que demain」。
「今日の愛は昨日より大きく、そして明日より小さい。」という意味になります。
つまり毎日愛が増していくという意味です。
なんともロマンチックな愛のメッセージですね。
Augis社は今でも存続する宝飾メゾンですが、このような愛のジュエリーは特に19世紀後期から1960年代まで作りました。
このペンダントトップはその装飾様式から20世紀初頭、1920年頃のものと思われます。
古い時代のAugisの愛のジュエリーは希少で、特に近年フランスの市場でとても人気が高くなってきています。
特にこれだけ古い時代のものはなかなか出てこないのですが、たまたま懇意にしているディーラーさんが入手し紹介していただけて好運でした。 美しい金細工、カリブレカットの赤石 Augisは長年同じメッセージを刻んだメダイユを製作していますが、そのスタイルは時代と共に変化していきます。
このメダイユは古い時代ならではの手の凝った金細工と彫金が魅力的です。
高さのつけられた外縁にはアールヌーボーの金細工を受け継いだ草花の彫金が施されています。
また内側のメッセージが刻まれた部分のゴールドはきめ細かく艶消しが施されています。
「+」の記号の真ん中には小さなローズカットダイヤモンドがセットされていて、「-」の記号の中にはカリブレカットされた赤石がセットされています。
この赤石はルビー、あるいは当時ヨーロッパでもてはやされたベルヌイ技法によって作られたシンセティックルビーのどちらかです。
裏面があまりにしっかり閉じられており数箇所の鑑別機関をあたりましたが判別不可でした。
時代的に考えましてもシンセティックルビーも十分に考えられます。
こうしたカリブレカットの赤石は1920年代のアールデコのジュエリーで好まれました。
ダイヤモンドのカッティングや色石のカッティングからも、時代がある程度絞れるところも面白いです。
18カラットゴールド。
注:チェーンはついていません。
裏面の刻印「Depose」は、フランスのアンティークジュエリーで時々見られる言葉です。
これはデザインの登記を行っている際に押された刻印です。

  • 幅:13mm 
    高さ:22mm 
    重量:2.77g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)

  • すべて18金ですが、金細工によって部分ごと質感が違うところが面白いです
  • 横幅1.3センチ、縦幅は引き輪部分を含めない状態で2.2センチ
  • 全体肌円形で外側が凸状になり+と-の記号部分も盛り上がってます
  • 金の台座に埋め込まれるように深くセットされたダイヤモンドと赤石
  • フランス18金の刻印あり
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)
  • 愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

愛のメダイユ(Augisのメダルジュエリー)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

メダイユ(メダル)のアンティークジュエリー

アンティークジュエリーで時々「メダイユ」という言葉が出てくると思いますが、これはフランス語で「メダル」という意味の言葉です。
このような小さくて丸い金のメダルをチェーンに通してネックレスやブレスのチャームとして使います。
メダイユは、聖母像や十字架、聖人像など宗教的なモチーフのものが多いです。
下記はカルティエ社による聖人のメダルです。

カルティエメダイユ

国家が発行した愛を伝えるメダイユ「la maddaille d'amour」もあります。

またフランスの愛を伝えるメダイユで有名なのが、「augis」というジュエリーメーカーがあります。
フランスのリヨンで長年、愛のジュエリーを製作しました。

下記のように「+」と「-」を用いて愛のメッセージを伝えています。

augisメダルジュエリー

「Je t'aime +(plus) qu'hier -(moins) que demain(昨日より多く愛していて、明日の愛よりは少ない)」、つまり日を追うごとにあなたへの愛が深まるという愛のメッセージになります。

Augisはメダイユ(メダル)の他にも、やはりロマンチックな愛の言葉を刻んだバーブローチやブレスレット、指輪を製作しました。
19世紀から1960年頃にかけて製造を行ったメーカーです。

augisメダルジュエリー

augisメダルジュエリー

augisメダルジュエリー

Augisは現在も存続するメーカーで、現在では特に子供の初聖体拝領用のジュエリーを手掛けていることで知れています。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.