ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)

「雫(goutte)」のネックレス このような円形のペンダントは、フランス語では「雫(goutte)」と呼ばれます。
外枠が円形。
その内側がクローバーの形になっていることに気づかれるでしょうか?
その内側にひし形の内枠があり、中心にメインダイヤモンドが揺れる作りになっています。
メインダイヤモンドの大きさは2.5ミリ程と大きくはないのですが、無色透明でとても美しい石が用いられています。
ダイヤモンドはローズカットにされています。
この時代のこれだけ小さなローズカットでこの透明感は珍しいです。
メインダイヤモンドの台座はバターカップ(キンポウゲ)になっています。
この時代の特にフランスのダイヤモンドの台座に見られます。
ダイヤモンドは更にひし形の内枠の四隅、円形の外枠の四隅にもそれぞれ4石ずつ用いられています。
いずれのダイヤモンドもローズカットですが、小さい石なのにきらりと水の雫のように美しく煌めきます。
ダイヤモンドはさらに通し輪部分に3石、通し輪とペンダントの接続部にも1石埋め込まれるようにセットされています。 ゴールドバックのプラチナ台 全体は18カラットイエローゴールドで、表層部分がプラチナです。
ベルエポック時代のフランス(隣国イギリスではエドワーディアン)のジュエリーによくみられる構造です。
プラチナはゴールドに比べて伸びるので、少量で宝石のセッティングが可能になり、レースのような繊細なセッティングが可能なため重用されました。
特にひし形の内枠などは、まるで線のように細いです。
実は側面に厚みを持たせて強度を出しているのですが、その透かしを多用した線のような繊細な細工はまさにこの時代のプラチナを用いたジュエリーの醍醐味です。
面白いのは別に揺れるメインダイヤモンドの台座までゴールドバックのプラチナ台になっているところです。
いかに丁寧に作りこまれているか、分かります。
繊細な細工、確かな技術。
20世紀初頭という新しい時代に生み出された、洗練されたデザイン。
大きな作品ではないものの、様々な美しい要素を楽しむこができるペンダントです。
1910年頃のフランス製。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:16mm 
    高さ:29mm 
    重量:1.8g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)

  • 直径1.6センチ程。円形、スクエア、四つ葉のシルエットが合わさってます
  • 直径が1.6センチ程、真円で素肌の上にも美しいペンダントです
  • 外枠や内枠の端はミルグレインがぎっしり打たれています
  • 裏面はイエローゴールド、表面はプラチナで貼り合わせています
  • フランスの18金の刻印を、こんなところに器用に打たれています
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)
  • ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ローズカットダイヤモンド雫のペンダント(ゴールドバックプラチナ クローバー)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

三つ葉(みつば)、四つ葉(よつば)をモチーフにしたアンティークジュエリー

幸せのシンボルとして古今東西愛され、探され続けている四葉のクローバー。
アンティークジュエリーでも時々、三つ葉や四つ葉がモチーフにされた指輪やネックレス、ペンダントが作られました。
「四つ葉のクローバーが幸せをもたらす」という言い伝えは、古今東西変わりません。

フランスでも昔から四つ葉のクローバーはそれぞれ「希望・誠実・愛情・幸運」を象徴し、見つけた人には幸運が訪れるという話が信じられています。
ナポレオンが戦場で馬に乗っていたところ、偶然にも四つ葉のクローバーを見つけ、体をかがめた瞬間に銃弾が身をかすめ、命を救われた」という伝説までもあります。

三つ葉は四つ葉と同じく「幸運の象徴」でしたから、イギリスやフランスでは特に19世紀-1900年頃に三つ葉をモチーフにしたジュエリーが度々作られました。
ジュエリーの場合、四葉ですとちょっとバランスがとりにくい場合が多く、アンティークジュエリーではミツバは四葉以上にジュエリーのモチーフになってきました。
クローバーの模様は、古来より守護の力を持つものとして知られていました。
キリスト教以前のアイルランドなどでは、古代ケルトのお守りとしてミツバを珍重してきました。
。 その後、アイルランドへキリスト教の福音を伝えるためにやってきた守護聖人パトリックが、異教信仰との融和を図るため、小さな三つ葉を用いて三位一体の教え(信仰、希望、愛)を説いたと言われていることから、 三つ葉のクローバーは「信仰、希望、愛」を意味します。
下記は当店で販売済みの、アールヌーボーの三つ葉のブローチ。

アールヌーボー三つ葉クローバーのブローチ

下記は指輪。
ぺリドットの三つ葉のリングです。
アンティークぺリドット指輪(ダイヤモンド、三つ葉、捻りフレーム)

上記のように全体が三つ葉の形をしたもの以外に、部分的に三つ葉が装飾に用いられているアンティークジュエリーもあります。
下記は全体は星の形をしていますが、四隅にアクセントで三つ葉が入っています。

アンティークダイヤモンドペンダントトップ(星と三つ葉のモチーフ)

下記のリングでも、両サイドのサブモチーフが三つ葉の形になっています。
トルコ石とアメジストのアンティーク指輪(クローズドセッティング、王政復古、三つ葉)

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.