アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)

希少なブルーサファイヤの一文字リング 5石のサファイヤが並んだ愛らしいサファイヤのリング。
このように横一列に同じ宝石が並んだリングを「一文字リング」と呼びます。
ダイヤモンドの一文字リングが多いですが、他にもトルコ石やアメジストなどで作られました。
明度の高いいわゆるコーンフラワー色ではないものの、濃すぎないきれいな青色のサファイヤです。
透明度もあり、状態も良いブルーサファイヤが5石綺麗に並んでいます。
ブルーサファイヤはアンティークジュエリーで意外なほど見つけづらい(数の少ない)宝石です。
各サファイヤが意外に大きさがあります このように数多く宝石を用いたリングにしては、それぞれの石が直径3ミリ強としっかりとした大きさがあるのも魅力です。
地金はホワイトゴールドですが、年月を経ているのと14カラットゴールドであるせいか現代のホワイトゴールドより少し温かみのある色です。
フランスの14金の刻印であるサンジャック貝の刻印が押されています。
フランスのジュエリーは昔から基本が18カラットゴールドなので、珍しいケースです。
この独特の色合いを出すためであったと思われます。
20世紀初頭のフランス製。
指輪サイズは10.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:3.5mm 
    重量:1.4g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:110,000円(税込み)

アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)

  • 粒の揃った美しいブルーサファイヤが5石、ありそうでいてなかなかないです
  • 横に宝石が広がり、縦幅は小さめ。重ねづけもしやすい着けやすいデザインです
  • リングそのものは細身で小さめですがサファイヤには大きさがあります
  • 四隅のちょっと大きめの爪は台座から伸び、爪が装飾の一つになっています
  • フランスの14金の刻印の他に、イニシャル化工房印が部分的に残ってます
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)
  • アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークブルーサファイヤ一文字リング(14カラットゴールド)

110,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

アンティーク一文字リング

「一文字リング」とはアンティーク指輪のデザインの一つです。
ダイヤモンド等の宝石が一列に入ったタイプの指輪の事を指します。
大抵の場合は横一列に、指の上に乗る分だけ宝石がセッティングされています。
ダイヤモンドの一文字リングはアンティークジュエリーにおいて、特にイギリスのアンティークジュエリーにおいてよく見られるデザインですが、フランスのアンティーク指輪でも存在します。
使われているダイヤモンドの数は色々で5石のものが多いですが、時々8石と指のかなり横のほうまでダイヤモンドが乗っている指輪も見られます。
この一文字リングはアンティーク指輪にしては珍しく、比較的長い時代にわたって少しずつデザインを変化させながら作り続けられた指輪デザインですが、一番作られたのは1880年-1900年頃です。
日常的に使いやすく日本女性にも人気があるタイプのアンティーク指輪です。
また縦幅は短く横に長いデザインですので、重ねづけもしやすいところがポイントです。
アンティーク一文字リングはダイヤモンド以外でも、ブルーサファイア、トルコ石が5石並んだもの、ルビー5石が並んだもの、ガーネット5石並んだものなどが存在します。
フランスでは、川に水が流れるように宝石を並べたものは「リヴィエール」と呼ばれることがあります。
リヴィエールとは元々フランス語で、「川」とか「流れ」といった意味を持ちます。
「リヴィエール」は、いろいろなことわざにも使われるフランス語です。

「一文字リング」の指輪デザインは(もちろんまったく同じ形や同じレベルの細工ではありませんが)現代ジュエリーでも存在するようで、現代ジュエリーでも同じ呼称のようです。
アンティーク指輪のデザインはクロスオーバーリングにしても一文字リングにしても後年に影響を残し、現代でも似たようなデザインのジュエリーが製作されているものもあります。
逆に言えば現代の洋服やジュエリーの元になっているのが、特にベルエポックの時代の頃のファッションやジュエリーなのです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.