アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)

20世紀初頭の養殖真珠のネックレス 日本では「アンティーク真珠=すべて天然真珠」とされていることが多いようですが、実際は真珠の養殖はミキモトが1920年に大掛かりな真珠の養殖に成功する前から始まっています。
イギリスやフランスの市場を見ていますと、1920年代以前の真珠を用いたアンティークジュエリーの中で特にネックレスに関しては、1920年以前の作品でも頻繁に養殖真珠が用いられています。
これはやはり全周に真珠が入れるネックレスの場合、粒の揃った珠が数多く必要だったからでしょう。
美しいオフホワイトの真珠がグラデーションに配された、使いやすい王道のアンティーク真珠のネックレス。
もっとも大きな粒で直径8ミリ程、最小のもので直径4ミリ程とかなりはっきりとしたグラデーションになっています。
8ミリもある大粒の真珠は一粒だけですが、それでも中心部の真珠は他の粒も6-7ミリとかなり大きく、アンティーク真珠のネックレスにしてかなりしっかりとしたボリュームがあるネックレスです。
日本ではとにかく天然真珠の評価が高いですが、養殖初期の養殖真珠で粒にある程度大きさがあり綺麗な艶のあるものは、極小の天然真珠より価格的に評価されることも多いです。
初期の頃の養殖真珠は、現代の養殖真珠に比べて巻きがずっと厚いですから、やはり大きさも重要な要素になるのです。
古い時代の小さな留め具とオールノット仕上げ こうした真珠のネックレスのポイントの一つが留め具。
オリジナルのアンティークならではの小さめの愛らしい留め具は四角形で、全ての面に細かな金細工が施されています。
真珠は全てオールノットで仕上げられていて、ボリュームのある真珠のネックレスですのでノットが入っているのは安心です。
ノットの役割は、このようなある程度大きさのある真珠や珊等のデリケートな宝石の珠と珠の間にクッションを入れてこすれを防ぐことです。
また 万が一糸が 切れてもバラバラにならないためです。
一方で小粒の天然真珠の場合、ノットがある意味目立ちすぎてしまうので入っていないことも多いです。
どちらが良いかはケースバイケースになりますが、このネックレスの場合はある程度大きさがありますので、オールノットの方が安心でしょう。
ネックレスの長さは50センチ。
かなりしっかりとした長さがあるのも嬉しいところです。
アンティーク真珠のネックレスと言いますと「やはり天然真珠で!」とおっしゃる方も多いですが、万が一これだけの大きさのあるアンティークのパールのネックレスで真珠が天然だとすれば、まず一般的に手に入らない価格になります。
当店でも何度か天然の真珠のネックレスを扱いましたが、珠はずっと小粒になりますので素肌の上に着けるといったまた異なる魅力のネックレスになります。
20世紀初頭の真珠のネックレスでこれだけ美しく艶のある真珠が揃っていて、ボリュームも長さもあるこのネックレスは実にお買い得で日常的に使っていただきやすいです。

  • 幅:500mm 
    重量:18g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)

  • 全体の写真を見ますとはっきりしたグラデーションになっていることが分かります
  • 長さ50センチ。しなやかにフィットするところも良いです
  • 内側から出る、絹のようなこっくりとした艶
  • オールノットの仕上げも綺麗。真珠だけでなく作りの良さも感じられます
  • 留め具だけでなくセキュリティーチェーンもついています
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)
  • アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークパールネックレス(初期の頃の養殖真珠 1910年頃)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティーク=天然真珠は大きな間違い

アンティークジュエリーに詳しい方でしたら「昔は養殖の技術がなかったのだから、アンティークジュエリーで使われている真珠は全て天然真珠ですよ」といったことを聞かれたことがあるでしょう。
これはアンティークジュエリーの業界のセール文句になっているようですが必ずしも正しくはありません。
アンティークジュエリーに使われている真珠の多くが天然真珠です。
しかし全てが天然真珠ではありません。

上記の「アンティーク真珠=全て天然説」はヨーロッパで養殖真珠が本格的に市場に出始めるのは、一般的に1920年代頃からと言われていますからそれに基づいた論拠ということになります。
しかし養殖真珠はそれ以前にヨーロッパに存在し、一説には1880年頃から存在していたと言われています。
実際に1900年頃のヨーロッパのアンティークジュエリーから一部に使われています。
例えば下記をご覧ください。

こちらはフランスの有名なジュエリー専門のオークション会社のカタログからの抜粋です。
クリスティーズを初め世界の著名なオークション会社の競売では真珠に関して天然か養殖か明記します。
この「真珠とダイヤモンドの指輪」は「1900年頃に製作されたと」推定されていますが、ジュエリーの説明文のところに「Perles de culture(養殖真珠)」と言う記載があります。



同じカタログから別の事例をご紹介いたしましょう。
こちらは花綱模様の美しい典型的なベルエポック時代のダイヤモンドと真珠のペンダントです。
こちらは1910年頃の推定と先ほどの作品より僅かに後年になりますが、こちらは「une perle en pampille(天然真珠の房飾り)」と記載があります。
天然真珠になります。



天然真珠の評価がもっとも高かったのは、20世紀の初頭です。
1900-1920年頃は非常に美しい天然真珠のジュエリーが作られた時代であるのと同時に、初期の頃の養殖真珠がジュエリーに使われはじめた時代でもあります。
この時代に天然真珠として最大に近い大きさの最高級の天然真珠を使ったロングネックレスは、現在の貨幣価値に換算して約10億円で取引されたと言う記録が残っています。

養殖真珠が多く市場に出回るようになったのは、1920年頃からです。
1940年代にはもう養殖真珠が凌駕していき戦後は言うに及びませんので、美しい天然真珠が用いられたアンティークジュエリーを探すのであればやはり1930年代頃までというべきでしょう。

「養殖真珠」といっても本当の初期の頃(20世紀初頭)の養殖真珠は真珠層が厚くとても出来がいいです。
例えば下記は、1920年前後に英国で製作された養殖真珠のネックレス。
真珠の粒は0.8センチ程です。

1920年養殖真珠

現代の養殖真珠とは雲泥のレベルの差があり、それはそれで近年では高額に取引をされています。
天然真珠への評価が高まる昨今では、初期の頃の養殖真珠はヨーロッパのオークション等で非常に高価な値段がついてきています。
養殖真珠へのイメージが大きく変わるのではないでしょうか?

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.