カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)

アールデコを代表する石留め技法カリブレット 1920年頃のフランス製。
ザ・アールデコの「ルビーとダイヤモンドのリング」です。
丸形のデザインでで中央にオールドブリリアンカットのダイヤモンド、周りにはこの指輪をよりいっそう魅力的にしているカリブレカットのルビーが配されてます。
カリブレカットとは爪を使わずに石の上下をレール状の物で留める技法のことです。
この硬度な宝飾技術を要するカッティングは当時、高級時計やジュエリーに使われていました。
中心のダイヤモンドは、まるで「浮島」のようにセットされています。
外周のルビーの縁から4箇所、「ゴールドの橋」を伸ばしてそこにダイヤモンドを配した珍しい作りです。
アールデコの円形の指輪で、外周をカリブレカットのルビーないしブルーサファイアがセットされた指輪はこれまで数点扱ってきましたが、中心部がこのような構造になったものは初めてです!
ダイヤモンドはプラチナのベゼルに深くセットされているため、ぱっと見た時はそれほど感じないかもしれませんが、よく見ますと直径4ミリ程と実はさりげなく大粒です。
ダイヤモンドのシンチレーションと、艶やかなルビーの美しい色彩のコントラストが魅惑的なアールデコの指輪です。
ルビーも僅かにピンクを帯びた良い赤色をしています。
この時代のカリブレカットされた宝石(ルビーやサファイア)には合成の石が混ざっていることも多いのですが、この指輪のルビーは全て天然ルビーが使われています。
何層にも入ったミルグレインと光を取り込む透かし ダイヤモンドの台座は表面部分のみにプラチナが使われており、下部が18金イエローゴールドになっています。
プラチナ部分、そしてルビーの台座も外周と内周の両方にミルが打たれています。
ダイヤモンドとルビーの間に入った「透かし」のおかげで光がより取り込まれ、十字になったラインも幾何学的。
1920年代の時代の研ぎ澄まされたシャープさを今に伝えてくれる指輪です。
地金は18金ゴールド、一部プラチナ。
指輪サイズは13号(有料でサイズ直し可)

▼続きを読む
  • 幅:10mm 
    高さ:10mm 
    重量:2.4g
  • 販売価格:売り切れました。

カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)

  • 指輪全体は1センチほど、その中で宇宙のように広がる世界観です
  • ルビーが入ることで明るさが増し、また輪郭がはっきりと出て見栄えがします
  • ダイヤモンド部分が僅かに凸、シンプルに見えてそして立体的なラインです
  • 正面からは線のような「ゴールドの橋」は強度を出すため横側を幅広にしてます
  • フランスの18金の刻印、磨耗が見られますが確認できます
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)
  • カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

カリブレカットルビーのアールデコ指輪(ダイヤモンド、1920年代)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

カリブルカット(カリブレカット)が用いられたアンティークジュエリー

カリブレカットとはフランス語でCalibre cut(カリブレカット)。
カリブレカットは20世紀に入ってから登場する石留めの技術で、特にアールデコ期のジュエリーにセットされた宝石に見られるカッティング技法です。
カリブレカットは石を留めるのに爪を使わずに、石の両側の縁をわずかに倒して留めます。
アールデコ期(1920年代)に同じ色の同じ形の連続する石を留める時に用いられた技法で、主にアクセントカラーとなる色石に用いられました。
代表的なのがブルーサファイアそしてルビーです。
希代のアールデコのジュエラーは、カリブレカットした宝石を用いた対照色が美しい作品を残しています。

下記はJ.E Coldwellのカリブレカットルビーとダイヤモンド、オニキスのブローチ。

jecoldwell

下記はジョルジュ・フーケのエメラルドとカリブレカットサファイヤ、ダイヤモンドのブレスレット(1925年作)。
jecoldwell

宝石を幾何学的な形にカットしスッキリとしたラインを強調することで、アールデコらしいシャープなラインが生まれます。
カリブレカットのメリットは何とっても石と石の間に爪が見えないこと。
小さな石を連続してラインを作る時、宝石がすっきりとして見えるのが魅力です。
その端正なラインは、非常に高い宝飾技術によって支えられています。
シャープでモダンなアールデコのアンティークジュエリーは世界的にとても人気がありますが、カリブレカットが施された宝石が配されたものはとりわけ探されています。
アールデコ期に作られたカリブレカットのジュエリーは指輪がもっとも多いですが、下記のようなネックレスやブローチなどでも見られます。

ネグリジェネックレス

ちなみにこちらのネックレスのカリブレカットルビーは合成(シンセティック)です。
カリブレカットの色石は多くの色石を要するのと、特にルビーのパーティングと言う特性により、一流のジュエリーにも時々シンセティックルビーやシンセティックサファイヤが用いられたものがあります。
また天然宝石とシンセティックの混ざったものもありますので、そのジュエリーを販売している業者さんが全てきちんと調べているか確認することが大事です。
(ご納得された上でご購入されるのであれば、問題はありません。)

またアールデコより少し後年の1940年代の高級時計にも時々、カリブレカットのサファイヤやルビーがセットされた宝飾時計が作られました。

カクテルウォッチ

カリブレカットした宝石を用いたジュエリーは実にデザインが優れたものが多いです。
長方形、正方形、台形など作り上げたいデザインに応じて、小さく面取りしてカットしてレール状の台座にはめ込んでいく、まるで「宝石のパズルのような技法」ですから、当然ともいえます。
カリブレカットによって、アールデコのジュエラーは思い描いたデザインをより自由に大胆に表現することが出来たのです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.