アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)

ラビリンスのような美しい透かしの世界 高度で細かな透かし細工が、目を引く指輪です。
ゴールドをまるで糸かワイヤーか何かのように自由自在に操っています。
巧みな曲線使いで、全体はお花の形に。
お花の花びらと花びらの間に程よい隙間が作られ、台座全体に透かしが効いています。
この入り込んだ曲線世界、一度見入ったら目が離せなくなってしまうラビリンス(迷宮)のようです。
ホワイトゴールドxダイヤモンドで燦々と輝くホワイトジュエリー 随所にダイヤモンドが入れ込まれているため、指輪全体がキラキラに輝いています。
透明度の高い良質なダイヤモンドをふんだんに使用。
特にお花の中心部のダイヤモンドは直径3.5ミリ程で、非常に美しいダイヤモンドをオールドヨーロピアンカットにしています。
6つの花びら一片ずつにもダイヤモンドが一石ずつ入れ込まれていて、こちらはローズカットにされています。
このローズカットダイヤモンドの台座のホワイトゴールドの縁には、細かなミルグレインがぎっしりと施されています。
見逃せないのはシャンク(腕)部分のダイヤモンド。
通常こうした横部分に入れるダイヤモンドは小さめで品質的にもメインのダイヤモンドに劣る石が使われていることが多いのですが、脇石とは思えない立派なダイヤモンドです。
左右のシャンク2石ずつ、直径2.5ミリと両脇で存在感あるダイヤモンド(オールドヨーロピアンカット)が煌きます。
1920-1930年頃のイギリスないしフランス製。
18Kホワイトゴールド。
指輪サイズは12号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:12mm 
    重量:3.9g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)

世界にひとつだけの一点もの

  • わずか1.2センチ幅のフェイスにこの入り組んだ曲線、美しい迷宮のような世界
  • 真円のお花の形が可愛いです。大人もシックに楽しめる上品なお花の指輪です
  • この腕部分のダイヤモンドも非常に良質のものを使っています
  • 中心のダイヤモンドの透明感、そして花びらのダイヤモンド周りのミルグレイン
  • 台座下の透かし細工は花籠のような編み方。横や裏から見てまたうっとりです
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンド指輪(花、オープンワーク、透かし、ミルグレイン)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーでホワイトゴールドはいつから存在するか?

アンティークジュエリーでもホワイトゴールドは使われます。
「ホワイトゴールドのジュエリーは1920年以降ぐらいにしか作られなかった」とおっしゃるディーラーさんもいらっしゃるようですが、これは完全に間違いです。
全体がホワイトゴールドで出来たジュエリーは確かに1920年頃からのジュエリーに多いのですが、ダイヤモンドの台座周りなどごく一部にホワイトゴールド(グレイゴールド)を使う方法は1900年頃のジュエリーによく見られますし、ホワイトゴールドそのものは1870年頃から存在します。
そして全体がグレイゴールド(ホワイトゴールド)のジュエリーも、フランスでは早くは1910年頃のジュエリーに見られます。

具体例とともにご紹介しましょう。
例えば下記はフランスの権威あるジュエリー専門のオークション会社のカタログからの抜粋です。

ホワイトゴールドブローチ
「1910年頃、グレイゴールド(or gris)の円形ブローチ」と記載されています。」。
この時代に既にホワイトゴールドは存在し、しかも単独でジュエリー全体に使われていることが分かります。
ちなみにホワイトゴールドとグレイゴールドの違いですが、基本的に同じものです。

下記もフランスの権威あるジュエリー専門のオークション会社(現地の専門家が複数人で査定してます)のカタログより抜粋します。

ホワイトゴールドとプラチナのブローチ
「1900年頃、プラチナとグレイゴールド(ホワイトゴールド)」と記載されています。
1900年頃に既にホワイトゴールドが存在し、このジュエリーではプラチナと張り合わせで使われています。

また「1920年代以降のアールデコのジュエリーで、ホワイトゴールドでできたものは質が悪いジュエリー、あるいはフェイクアンティークジュエリーの場合が多い。」とおっしゃるディーラーさんもいるようですが、良識あるフランス人ディーラーが聞いたら卒倒してしまいますし、私も聞いてショックを受けました。

ホワイトゴールドとプラチナのアンティークジュエリーの違いは、美しさやクオリティーの良し悪しにあるのではありません。
あえて言うなら「希少さ」です。
確かに当時、プラチナはゴールドに比べてずっと高価な金属であるのと同時にゴールドより硬く、「珍しいもの」だったのです。
「数が少ない=希少性のあるもの」がアンティークの世界では後年より高額で取引されていくことになります。
そこから一人歩きして「プラチナのアンティークはハイクオリティー」という説が出てきたのでしょう。
しかしプラチナは特徴としてよく伸びるのですが何といっても硬く、こまかな金細工を施すにはホワイトゴールドのほうが適していることも多々ありました。
どちらが良いかはジュエラーがケースバイケースで判断、もちろん好みもあります。
カルティエはいち早くプラチナを好んだとか、そういう違いもあります。

しかしホワイトゴールドでも良質なアンティークジュエリーが作られています。
下記は1925年にブシュロンが製作したジュエリー。
上記は外縁の白い金属がホワイトゴールド、下の作品はメインの白い金属がやはりホワイトゴールド(グレイゴールド)です出来ていることが明記されています。

ブシュロンアールデコ

説明文の「or girs」がグレイゴールドと言う意味です。
もちろんハイクオリティーな正真正銘のアールデコジュエリーです。

フランスは歴史的にゴールドが好きな民族で、早くからハイカラット(18金)ゴールドでのジュエリーの製作が始まっていますから、20世紀初頭にプラチナが市場に出始めてそれはある部分では一世を風靡しますが、それ以前のゴールドで作られるジュエリーが完全に取って代わることはありませんでした。
ゴールドの方が柔らかく細工がしやすいため、適性によって使い分けています。
ちなみに優れたアールデコのジュエリーはプラチナやホワイトゴールドだけでなく、時には銀でも作られています。
下記は1912年かのジャン・デプレが製作したネックレス。

銀とゴールドのネックレス
銀(argent)とイエローゴールド(or)を用いてることが明記されています。
年代的には少し早めですが、完全なアールデコのジュエリー、もちろんハイクオリティーなのは言うまでもありません。

ホワイトゴールド(グレイゴールド)の関しては、イギリスに関しては事情が異なるところがあります。
イギリスとフランスでは主たるゴールドのカラットが異なり、特にカラーゴールドの発展の仕方は異なるところが多いのです。
どの世界でも適当なことを言う人はいて、ヨーロッパのディーラーさんもそれは同じです。
しかし何か聞いてそれをそのまま鵜呑みにするのではなく、調べないとそのまま誤った情報を伝達してしまうことになります。
ディーラーであればそれが本当に正しいのかを実例と共に検証していかなくていけないのです。
地味な作業ですが、実例と共に考察を深めていくことで、ようやく正確な知識が身についていきます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×