アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)

細部に至るまで可愛いリング 1900年前後のフランス製。
メインに直径3ミリx3.5ミリのローズカットダイヤモンド。
ファセットが細かく入った美しいローズカットで、ダイヤモンドの色も透明でよく輝きます。
指輪そのものが小ぶりなわりに、ダイヤモンドに大きさがあり存在感があります。
左右のホワイトゴールドの細工の部分にそれぞれ1つずつ小さいダイヤモンドが脇石として入っています。
巧みなイエローゴールドとホワイトゴールドの使い分け 全体はイエローゴールドとホワイトゴールド(共に18K)の2カラーゴールドを巧みに切り替えています。
ダイヤモンドの台座はWGのことが多いのですが、あえてイエローゴールドを使うことでベルエポックらしい華やかな雰囲気がでています。
8個の太めのイエローゴールドの爪と、お花の形をした台座がとてもチャーミング。
対照的にその両脇には広範囲にホワイトゴールドを持ってきて、すっきりとした印象に。
この部分が中心に向かってきゅっと絞りが入っているところが垢抜けています。
ホワイトゴールドの外周部分には細かなミルグレインが入れられてています。
またWGで粒金を作り、それが脇石のダイヤモンドと共に深遠に光ります。
小ぶりな指輪に抜群のセンスと卓越した技術が詰まった、これぞフランスアンティークといった可愛いダイヤモンドリングです。
指輪サイズは8.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:18mm 
    高さ:6mm 
    重量:1.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)

世界にひとつだけの一点もの

  • ゴールドの色の切り替えの巧さがこのダリングの魅力の一つ、洗練されてます
  • 指輪自体は小ぶりで細めなのに、ダイヤにかなりの大きさがあるので高級感あり
  • 中心のダイヤモンドの台座は5ミリ弱と高さがあり、立体的で華やかな印象に
  • WGの外周には細かくミルが打たれ、左右1石ずつダイヤが埋めこまれてます
  • フレーム全体はイエローゴールド。適度な厚みがあり使いやすさも抜群です
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、ミルグレイン)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

歴史上のダイヤモンド伝説(ホープダイヤモンド、カリナン)

ダイヤモンドはその時代の権力者、富裕層を魅了してきた石です。
桁外れの大きさやクオリティーを持つものは、数々の伝説を生みました。
その中でも有名なのが「ホープダイヤモンド」。
ホープダイヤモンドとは、現在スミソニアン博物館のひとつである国立自然史博物館に所蔵されている、何と45.5カラットのブルーダイヤモンドのことです。
クラリティはVS1で赤い燐光を発するこの巨大なダイヤモンド。
フランス人ジャン=バティスト・タベルニエという男性がこの巨大なダイヤをインドからフランスに持ちかえったことに遡ります。
その後、ルイ14世→ルイ16世とマリーアントワネット→フランス革命中に盗難にあいます。
次々とその持ち主が死んだり、破産したりすることから、このダイヤは災いをもたらすという伝説が生まれますが、最終的には1910年にカルティエが購入。
この伝説もカルティエが売り込みのためにでっちあげたという話もあります。
もともとルイ14世購入時、ホープダイヤは112.50カラットあったという記録が残っています
世界中を旅して、所有者が変わり度々リカットされて現在のカラットに至ります。

世界最大級のカットダイヤモンドが見れる意外な場所、それはロンドン塔です。
ロンドン塔はテムズ川の岸辺、イースト・エンドに築かれた中世の城塞です。
「女王陛下の宮殿にして要塞」(Her Majesty's Royal Palace and Fortress)と呼ばれるように、世界に誇る英国王室の財宝の数々が保管されていて、世界最大級のカットダイヤモンド「カリナン」もここに展示されているのです。
入場料を払うことで、誰でも見学をすることができます。
この「カリナン」は1905年に南アフリカのプレミア鉱山で発見されました。
その名前は、発見したトーマス・カリナンの名にちなんでいます。
英国王エドワード7世の66歳の誕生日に献上されました。
当時どのようにカッティングしたら一番大きくダイヤモンドが残せるが熱心研究されカッティングされたのが、530.2カラットの洋ナシの形のダイヤモンドです(カリナン1)。
世界で2番目に大きいカットダイヤモンドもこのときカットされたダイヤで、やはり、ロンドン塔の中に飾られています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×