天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)

白(真珠)と白(ダイヤモンド)のマリアージュ 1920年代のフランス製。
真珠とダイヤモンドという、2つの白い2大宝石を贅沢に使った、白く輝くリング。
主役は中心にセットされた、直径5.5ミリの天然真珠。
天然真珠としては最大に近い大きさです。
特に横から見ると分かりますが、完全に真円ではないところが、昔の天然真珠ならでは。
100年ほど経ているのに傷がなく、艶のある天然真珠のまぶしいこと。
周囲には10個のオールドヨーロピアンカットされたダイヤモンドがセッティングされています。
真珠も素晴らしいですが、ダイヤモンドも透明度が高い、きわめてクオリティーのよいダイヤモンド。
きらきらと白く輝く美しいリングです。 完璧なアールデコ様式 デザインには、アールデコ様式が顕著に出ています。
こうした「完璧なアールデコ様式」のジュエリーは、非常に価値があります。
数も少なく、また飽きの来ないデザインなので、アールデコジュエリーがお好きな方には絶対お薦めしたいリングです。
地金は18Kゴールド。
指輪サイズは11.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:12mm 
    重量:2.9g
  • 販売価格:売り切れました。

天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)

世界にひとつだけの一点もの

  • 5ミリ以上の天然真珠はマックスの大きさ。艶良し、色良し、状態良し
  • 「ダイヤモンドと真珠」の組み合わせは、上品で高貴。丸く使いやすいデザイン
  • 真珠の周囲にはミル打ち。ダイヤは非常に厚みがあり輝きが強い上質のもの
  • フレームも台座も程よい厚みがあり、安心できます。しっかりした作りです
  • 真珠の裏側が葉っぱ模様に。見えないところ間で見えないのが最上のおしゃれ
  • 天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)
  • 天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)
  • 天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)
  • 天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)
  • 天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)
  • 天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)

上の写真をクリックすると天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)の大きな写真が切り替わります。

天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

「ダイヤモンドと天然真珠」の組み合わせのアンティークジュエリー

真珠とダイヤモンドの組み合わせのジュエリーはヨーロッパでは古くから存在し常に女性の心を魅了してきました。
フランスアンティークジュエリーでは特に、1900年前後に製作されたアンティークジュエリー(19世紀後期から1920年頃までのジュエリー)に、「ダイヤモンドx天然真珠」のハイレベルのジュエリーを見ることができます。
この時代は、天然真珠がダイヤモンドよりも人気が高く高価でした。

下記は当店で販売済みのアンティーククロスオーバーリング(ダイヤモンドと天然真珠のトワエモワ)、1900年頃に製作されています。
アンティーククロスオーバーリング(ダイヤモンドと天然真珠のトワエモワ)

清楚な「ダイヤモンドx天然真珠のジュエリー」はこの時代に最も愛された宝石の組み合わせで、供給面でもそれが可能な時代でした。
この時代は宝飾史上でもほぼ唯一、「最高品質のダイヤモンドと最高品質の天然真珠」が共存した時代です。

天然真珠とダイヤモンドの両方が上質なものを使えた時代というのは、長い宝飾史の中でも他に存在しません。
真珠は概して、古い時代のほうが良いものが存在した宝石です。
古ければ古いほど・・・と言ってしまうと極端ですが、例えばフランスのアンティークジュエリーで良質な天然真珠がセットされたジュエリーが見られるのは主に19世紀初頭から1930年代までです。
養殖真珠が市場に一般的に流通しはじめる1920-30年以降は、天然真珠は段々に少なくなってしまうのです。

一方ダイヤモンドはアンティークジュエリー史上、古くから重用されてきた宝石ですが、新大陸(南アフリカ)の鉱山が発見されるのは1860年代になってからです。
19世紀後期になるとこの新鉱山の発見を受けて、ダイヤモンドの流通量はそれ以前に比べて格段に増えます。
19世紀後期-20世紀初頭は「ダイヤモンドと真珠」と言うアンティークジュエリーで最も愛された2つの宝石が共に豊かに使えた、宝石史上、稀に見る貴重な時代だったのです。

1900年前後の「ダイヤモンドx天然真珠ジュエリー」のセッティングには、イエローゴールドをベースにダイヤモンドの周りのみプラチナあるいはホワイトゴールドが使われているケースが多いです。
フランスでは、ホワイトゴールドは1870年頃から一般的に使用されています。
銀を使うケースは皆無ではありませんが、19世紀が終わりに近づいていくにつれて少なくなってきます。
またプラチナは20世紀に入ると実用化が進んできます(プラチナの素材そのものは19世紀中に見つかっておりごく一部のジュエリーで既に実験的に使われていますが一般的に実用化が進むのは20世紀に入ってから、全体がプラチナで出来たジュエリーは一般的には1920年代からです)。
カルティエなどとりわけプラチナを好んだメゾンの作品には(カルティエはこの時代、他メーカーより10年ほど時代を先取りする傾向があったというのは有名な話です)、20世紀に入ってすぐの作品でもプラチナを全体に用いたジュエリーが作られ始めます。

下記は1908年にカルティエの製作した「ココシュニックティアラ(ロシア風ティアラ)」 。
それは美しい、天然真珠とオールドカットダイヤモンドのティアラです。

カルティエティアラ

ダイヤモンドのカッティングもちょうど過渡期にあたるため、この時代のダイヤモンドにはローズカット及びオールドカットダイヤモンド、両方がありえます。
20世紀に入り年月が経ていきますと、脇石以外ではローズカットダイヤモンドはあまり見られなくなっていきます。
この時代はジュエリー製作は数年に渡り、カッティングは19世紀中に行われているケースもありましたので、ピッタリ何年からとは言い切れないところですが、大きなジュエリーの流れ(トレンド)としては上記のようになります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×