18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)

二重にもロングにも、ペンダントも通せる万能のチェーンです 19世紀後期のフランス製。
アンティークのハンドメイドのゴールドチェーンは、いつもとてもリクエストが多く、目を光らせて探しています。
近年とても難しくなってきているのですが、ようやく見つけました!
しかも二重にして使えて、ペンダントを通せて、一重ではロングで使える。
通し輪のところを使えば、一重の状態でも二重の状態でも、両方の状態で大概のペンダントを通すことができます。
(写真の例では、ペンダントヘッドの通し輪に余裕がありましたので、チェーンそのものをヘッドに通しました)。
まさに三拍子揃った非常に重宝なチェーンです。
アンティークジュエリーをお持ちの方なら誰でもあったら便利と思われるであろう、必見のチェーンですよ。
すべてのアンティークチェーンがハンドメイドなのではありません! アンティークジュエリーの業界の悪しきところだと思うのですが、よく「アンティークのチェーンだからハンドメイド」と唄われています。
実際は、部分的にマシンメイドのものもあります。
もちろんそれだから悪いというわけではありませんが、ここのところはよくチェックする必要があります。
もちろんこちらのチェーンはハンドメイドです。
まず網に目をよくご覧になられてください。
粒が揃っていても完全にすべての輪が一様ではないです。
ハンドメイドならではの温もりがあり、やはり触れた時の気持ちよさは格別です。
そしてハンドメイドチェーンはその繊細な外見からは意外ですが、丈夫です。
製造の過程でよく金属を叩いて仕上げるためです。
万が一、ぶつけたり引っ張ってしまってチェーンを切ってしまったときも連鎖していくつものチェーンがばーっと切れることがないので、修理して長く使えます。
チェーンの場合、この堅牢という要素は大きいですね。
地金はもちろん18金ゴールドで、フランスの刻印が入っています。
2重の場合は50.5センチ、1重の場合は約100センチになります。
注:写真のペンダントはイメージで、チェーンに付属していません。

  • 重量:4.7g
  • 販売価格:売り切れました。

18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)

世界にひとつだけの一点もの

  • 幅2ミリ程の輪を縦横で交互につなげてあります、輪の形も一様ではありません
  • 二重に着けると2つのチェーンの間からも肌の色が見えてより繊細さが増します
  • 2つの留め具を合わせることで2重にします、50センチなので2重でもゆったりです
  • 1つの輪の中にもゴールドの幅に強弱があります、これがハンドメイドの強みです
  • 留め具部分、留め具の近くにはなりますがここにもペンダントヘッドを付けれます
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)
  • 18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)

上の写真をクリックすると18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)の大きな写真が切り替わります。

18ctアンティークゴールドネックレス(二重、ハンドメイドチェーン)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークロングチェーンネックレス(ソートワール)

アンティークジュエリーの中でもいつもとても問い合わせを多くアイテムにロングチェーンネックレスがあります。
このような特に150センチを超えてくるようなロングネックレスは、フランス語ではよくソートワール(sautoir)と呼ばれます。
時代や様式によりあらゆるデザインで作られたソートワール。
南仏プロヴァンスでは、ソートワールの「連の多さ」は社会的ステータスを表すと考えられていました。
そしてチェーンに十字架やメダル(メダイヨン)、時には時計を通したのです。
時計を通すときはあらかじめ胸の辺りにそれ用の小さなポケットも作られました。
下記は1900年頃の絵葉書で描かれた「アルルの女性たち」。
当時のソートワールの装いが分かる一枚です。

arlesiennes_postal

アンティークソートワールは金銀やプラチナで作られ、豪華なものにはダイヤモンドや真珠、オパールなどがはさまれたものもあります。
シェルシュミディでもこれまで、金細工が秀逸な王政復古の時代のソートワール、1880-1990年頃のゴールドのフィリグリーのソートワール。
1920年代のアールデコの時代のロングネックレスなどをご紹介してきました。
現代の装いにも1重でロングで使ったり、2重、3重にしたり非常に使い勝手がよくしかもエレガントジュエリーで、いつも出すたびにすぐに売り切れてしまいます。
いつも需要が供給に対して逼迫しているアンティークジュエリーでもっとご紹介したいのですが、ソートワールは相続の時に半分にされてしまったりとオリジナルの長さを保っているものが非常に少なくなってきています。
例えばよくこうしたアンティークチェーンでブレスレットが存在しますが、ブレスレットの場合(はじめからブレスレットとして作られたものもありますが)、2人娘がいた場合に長いネックレスを半分にして、ブレスレットにして相続されたといこともあるようです。

またロングチェーン(ソートワール)に合わせてお揃い作られたのがチェーン留めです。
アンティークチェーンが銀製であれば銀で、18金であれば18金で作られています。
小さなダイヤモンドや真珠などがセットされたチェーン留めも作らました。
モチーフはお花の形や動物、リボンの形をしたものなど様々です。
チェーン留めを色々な場所で留めることで、同じチェーンでも色々な表情を楽しめます。
例えばチェーン留めを下部に持ってきたり、横にもってきたり。
長いチェーンであれば1重にしたり2重にしたりしながら、チェーン留めの位置も変えてあげるといくつモノアレンジでアンティークチェーンを楽しむことができます。
チェーン留めもオリジナルのまま残ったロングチェーンはとても少なくなってきており希少です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×