アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)

アールヌーボーのジュエリーはフランスだけではありません アールヌーボーの影響が顕著に見られるジュエリーですが、おそらくフランスではなく、オランダで作られたジュエリーです。
うねった曲線の美しさの一方で左右対称でもあり、ヨーロッパ内陸部の影響が見られます。
下部のダイヤモンドは厚みはないですが、直径5ミリと大きさはたっぷりあります。
このローズカットダイヤモンドは完全に真円ではなくティアドロップに近い形。
その少し歪な形なので、写真の角度によっては「端が欠けているのでは?」と思われるかもしれませんが、カッティングも鮮やかで石の状態はとても良いです。
この部分が自由に揺れて、その形や存在感ある大きさゆえに印象に残ります。
全体はアールヌーボーらしい「葉」をモチーフにしています。
右各3つに分かれた葉の一枚一枚に、そして左右の葉の間と真ん中のトライアングルのモチーフの中にも2石のダイヤモンドが埋め込むように深くセットされています。
縦長のトライアングルですっきりとしたシルエットです ペンダント部分は縦長のトライアングルになっていて、その細いラインがとても洗練されています。
葉は有機的な曲線で描かれていますが、中心部分の細長のトライアングルのあたりは直線的なラインでユーゲントシュティールにつながっている動きです。
トライアングルのモチーフと台座の間には僅かにスリットが入っていて、これはもちろん削りだしています。
これだけの細さですから、非常に難しい作業です。
そしてこのトライアングルや葉の縁には細かくミルが打たれています(縁のギザギザ)。
オランダのアンティークジュエリーは下手をするとぼてっとして垢抜けないのですが、このネックレスは繊細さがありその仕上げは精密
レベルの高い作品です。
全体の地金は銀で、裏面がイエローゴールドバックになっています。
チェーンも銀製ですがオリジナルで、明らかにハンドメイドであることが分かる味わいがあります。
斜めから見た時にゴールドの美しい輝きが見えるのも、ゴールドバックの魅力です。
チェーンの長さは48センチ。
1890年頃のオランダ製。

  • 重量:4.3g
  • 販売価格:216,000円(税込み)

アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)

世界にひとつだけの一点もの

  • 底部のダイヤモンドだけが、別の動きで揺れます
  • チェーンからすっとモチーフが垂れ下がります
  • ハンドメイドの銀製チェーンは、網目が均一でないのが写真からも分かります
  • 少し歪な形のため欠けているように見えるかもしれませんが状態は完璧
  • ペンダント部分はすべてゴールドバックで側面もゴールドです
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)
  • アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)

上の写真をクリックするとアールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)の大きな写真が切り替わります。

アールヌーボーローズカットダイヤモンドペンダントネックレス(オランダ)

[通販価格:税込] 216,000円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

アールヌーボーとアーツアンドクラフツ、ユーゲント・シュティール

19世紀末にありとあらゆる芸術領域でフランスを席捲していたアールヌーボー。
当時同じような職人芸術がイギリス(アーツアンドクラフツ)やドイツ(ユーゲント・シュティール)で起こります。

アーツアンドクラフツは、イギリスのウイリアム・モリスが提唱した芸術運動で、アールヌーボーの理論的先駆けでもあります。
機械作りの低品質の物が氾濫している現状から、中世のように手作りの物を作ろうとしたのです。
モリスがモリス商会を設立し、職人の手作業を重視して作られた商品(ジュエリー以外も家具、インテリア装飾品が作られました)を販売しますが、手作業ということもあって自分の理想を実現するには理想を求めれば求めるほどコストがかかり、うまくいかなくなります。

そして台頭してくるのが、リバティー商会(リバティ百貨店)です。
1875年、東洋に強い憧れをもったアーサー・ラセンビィ・リバティはリバティ百貨店をオープン。
ウィリアム・モリスをはじめとする革新的で最高のデザイナーたちとの交流により、「アーツ・アンド・クラフツ運動」や「アール・ヌーヴォー」といった19世紀末のデザインムーブメントにおける中心的存在となりました。

ところで「リバティ=アーツアンドクラフト」のイメージが強いと思いますが、そうである部分とそうでない部分があります。
カボションカットされた宝石やエナメル技法、金属の表面をハンマーで叩いているところ、銀の多用などアーツアンドクラフツの代表的な特徴を備えていますが、実は初期の頃の作品以外は徹底して、可能な限りマシンメイドになっています。
アールヌーボー(アーツアンドクラフツ)が職人が理想を追い求めた芸術様式であるのに対して、その製作は商業的です。
またアールヌーボーが作家性を大事にしてサインドピースがもてはやされていたのに対し、リバティはその商品がリバティの商品として認知されることを好み、作家のサインは必要に迫られる限りは入れさせませんでした。
イギリスでもっとも商業的に成功をしたアーツアンドクラフツ運動は、アーツアンドクラフツの根本思想の間逆にあるマシンメイドによるジュエリーであったということは、なんとも皮肉な話です。
下記はアーチボルトノックスがデザインした、リバティ社のエナメルの櫛です。

リバティ社

お国は変わりドイツ語圏であるドイツやオランダでもこの時代にやはり「ユーゲント・シュティール(Jugendstil)」と言われる芸術活動が盛んになります。
ユーゲントシュティールも花、葉っぱなどやはり自然からその題材を得ます。
フランスのアールヌーボーとは趣が異なり、アールーボーよりも直線を取り入れたデザインでアールデコの要素を先取りしています。
ドイツではユーゲント・シュティールのオリジナルのジュエリーを模して大量生産品も作られると言ったことが起きました。
当時の中産階級のニーズに応えるためで、テオドールファーナーが得意とした技法です。
これらは必ず、オリジナルの銀や金より劣った金属(例えばアルパカや銅)で作られましたので、特にユーゲント・シュティールスタイルのジュエリーでは素材を確認することがより重要になります。

オランダではヨーゼフ・ホフマンがデザイン総指揮の下、Wiener Werkstaatte工房が美しいユーゲントシュティールのジュエリーを生み出しています。
ジュエリーをデザインする者、そして製作する者に分けて作り出す試みでした。

下記はヨーゼフ・ホフマンがデザインしたブローチ、1907年製作です。
フレンチアールヌーボーとは一線を画した、来たるアールデコの要素を感じさせる作品ですね。

ヨーゼフ・ホフマン

こちらはヨーゼフホフマンがデザイン、Karl PonocnyがWiener Werkstaatte工房のために製作したブローチ。1905年製作です。

ヨーゼフ・ホフマン



このようにフランスから発祥はアールヌーボーは、広くヨーロッパ各国へそして当時のアメリカにさえ影響を及ぼしました。
それぞれ作風に違いがあり面白いですが、実際にアンティーク市場で手にすることが出来るのはフレンチアールヌーボー、アーツアンドクラフツの作品は銀製のあまり品質のよくないものは比較的よく見られます。
ユーゲント・シュティールのジュエリーはそもそもの数が少なく、また前述しましたコピー品ではなく本当のユーゲント・シュティールのジュエリーはきわめて希少です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×