バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)

2種類の花が描かれたアールヌーボーのネックレス この手の秀逸な金細工のゴールドネックレスは、フランスアールヌーボー期に作られました。
このネックレスが珍しいのは2つのお花が描かれていること。
薔薇の花だけのデザインが圧倒的多く、薔薇とパンジー二つの種類の花が一つのネックレスで描かれているネックレスは私も初めて入手します。
薔薇の花言葉は「しあわせな愛」、パンジーの花言葉は「誠実な愛、信頼」です。
どれだけの愛がこめられているのでしょうか。
ちなみにパンジーはフランス語が語源になっています。
「考える」を意味する言葉「パンセ(penser)」がその名の由来で、それだけにフランスアンティークジュエリーでパンジーをモチーフにしたものを見ると感慨深いものがあります。
レポゼ、彫金、つや消し・・・絶頂にあった金細工の数々が駆使されてます 使われている金細工技術について細かくご説明いたしましょう。
まずパーツごとの成型に一部レポゼ技術(裏からゴールドを押し出すことで形を作り出します)が用いられています。
しかし主たる技術は彫金細工になり、ゴールドを掘り出し削っていくことで、主だった花の形を作り上げています。
重なり合う薔薇の花びらの様子などはこの時代、彫金によって表現されることが多いです。
薔薇の花びらは卓越した彫金技術を遺憾なく発揮できるシルエットですから、それゆえに薔薇というモチーフが好まれたともいえます。
これ以外に表面に部分的につや消しが施されています。
これは鏨打ちによって行います。
つや消しが施されていることでハイカラットゴールドの塊であってもギラギラとせず、また陰影が生まれ植物の造形美が深まるのです。
裏面はレポゼによっておおよその形を作り上げてから、更に一面に彫金が施されています。
良質なアンティークジュエリーは概して裏面も綺麗に仕上げてあるものですが、この裏面の彫金は仕上げというレベルを超えていて一つの作品です。
花びらのひだから葉脈まで繊細に彫り上げられています。
パンジーの裏面などは私もうっかり裏面であるということにしばし気づかず、魅入ったほどです。
左右1粒ずつ添えられた天然真珠が愛らしいアクセントです。
全体は「ドラップリー」と呼ばれる首にヒダのように広がるネックレスデザインで、メインモチーフ以外にもゴールドのチェーンが複線で広がります。
1900年頃のフランス製。
18金ゴールド。
ネックレスの長さは42センチ。

  • 幅:420mm 
    重量:8.6g
  • 販売価格:324,000円(税込み)

バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 真ん中の大きなモチーフが薔薇、左右がパンジーです
  • 首回りに花が沿うようなデザインが素敵です
  • フレンチアールヌーボーのゴールドのネックレスは必ず18金、色が明るいです
  • つや消しされているところがマットに映りこんでいるのお分かちいただけますか
  • 引き輪部分にフランスの18金の刻印あり
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)
  • バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)

上の写真をクリックするとバラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)の大きな写真が切り替わります。

バラとパンジーのアールヌーボーゴールドネックレス(1900年頃フランス)

[通販価格:税込] 324,000円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

花がモチーフのアンティークジュエリー「パンジー(Pensee)」

花を主体にしたジュエリーは1820-30年頃から多く作られ始め(それ以前にも見られますが)、19世紀中ごろにその全盛を迎えます。
お花をモチーフにしたジュエリーが当時なぜそれほどまで流行したかというその理由については純粋にそのデザインが可愛かったこと、お花モチーフのジュエリーは身につけやすいジュエリーでもあったこと、またヨーロッパの王室貴族の間でガーデニングが同時期に流行したためと言われています。
この頃にガーデニングに良く使われた花はパンジー、薔薇、フクシア、キク、ダーリア。
これらはつまるところ、アンティークジュエリーの花のモチーフにしばしばされた花です。

フランスでもこの影響を受け、19世紀後半には多くのお花をモチーフにしたジュエリーが作られます。
特にナポレオンの妻、ユージェニーが特に花をモチーフにしたジュエリーを好みました。
どんなお花がモチーフになったかと言いますと、「薔薇(しあわせな愛)」、そして「忘れな草」。
その他、「エーデルワイス」「ハイビスカス」「プルメリア」「パンジー」「オークの葉と実」「マーガレット(忠実な愛)」「プルメリア」「チューリップ」「ダーリア」「百合(花束で表現されることも多いです)」「すずらん」「アイリス」「デイジー(片思いの愛)」等々。
センチメンタルな忘れな草、フラワーバスケット(花籠)のジュエリーなども比較的よく見られます。
イギリスでは、イングランドのバラ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)が度々、ジュエリーのモチーフにされてきました。

パンジーはフランス語の「考える」を意味する言葉「パンセ(penser)」がその名前の由来です。
深く考え込む人の姿に似ていることにちなんで名付けられたそうです。
パンジーは、19世紀になって作られた花で、ジュエリーのモチーフにされ始めるのも、この頃からです。
それまでの慣習や先入観から離れて知識や理性によって物事を考える「自由主義」のシンボルになります。
アンティークジュエリーでは度々見られる花の一つで、この指輪のように宝石を使って表現された他は(しかし3色の宝石を使って表現されたジュエリーは珍しいです)、エナメルで表現されたものも多いです。
パンジーの花言葉は 誠実な愛、信頼、忠実。
19世紀前半から、中ー後期、そしてアーツアンドクラフト運動の中でも愛されて度々ジュエリーのモチーフにされてきた花です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×