アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)

極めて珍しい鉄(スティール)の十字架(クロス) 19世紀初頭のフランス製。
フランスで鉄のジュエリーが隆盛したのは18世紀後期から19世紀の初頭にかけて。
「フランスの鉄のジュエリー」は数が極めて少ない希少性の高いアンティークジュエリーです。
しかもこのペンダントは十字架がモチーフになっており、十字架の部分だけではなく、上部の紐を付ける部分までが鉄で出来た極めて珍しいものです。
この長方形の上部のパーツのおかげで下部のクロスが豊かに揺れます。
また細いチェーンや紐をこの部分に通すことができるので、首にぴったり添うようにして装着することができます。
何と二色の鉄が使われています そして特筆すべきなのは鉄の色。
何と2色の鉄が使われています。
黒っぽい鉄と、落ち着いたシルバー色の鉄の2つの鉄が使われています。
2色の鉄が使われたアイアンジュエリーは、当店でも初めての扱いです。
黒い鉄は十字架内側の愛らしい花びらに使われており、独特の世界観が出ています。
「黒い花」まで上品に格調高く見せてしまう類稀なセンスの良さは、さすがフランスブルボン朝です。
鉄のカッティングも素晴らしいです。
シルバー色の鉄の表面には多くのファセットが入っていて、まるでローズカットダイヤモンドのようなカッティングです。
細かに入れられたファセットの一つ一つが光を別方向に反射し、鉄特有の滑らかな光の反射を見せてくれてます。
花びらの黒い部分とあいまって、とても艶かしい魅力があります。
元々はペンダントと言うより胸飾りとして、貴婦人のお洋服に縫い付けて使われていたものだと思います。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:40mm 
    高さ:63mm 
    重量:6.9g
  • 販売価格:108,000円(税込み)

アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)

世界にひとつだけの一点もの

  • 4センチx6.3センチ。クロスのみならず上部モチーフもとても洒落たデザインです
  • 両端に割り勘のあるチェーンを使ってこのように着けても素敵です
  • クロス内側の花びらが黒色の鉄、お花の中心はまた銀色の鉄が使われてます
  • 写真では鉄の美しい色を伝えにくいのですが、色に奥行きがあり陰影があります
  • 裏面部分
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)
  • アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)

上の写真をクリックするとアンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク鉄の十字架ペンダント(スティール、19世紀初頭)

[通販価格:税込] 108,000円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

鉄(スティール)とカットスティールのアンティークジュエリー

ジュエリーというと、1920年以降は欧米を中心にプラチナのジュエリーが作られ始める前は、ゴールドかシルバーを地金として用いられることがほとんどでした。
しかし例外があり、代表的なものに「鉄」が挙げられます。
鉄のジュエリーは、17世紀初期にイギリスで始まり、フランスではフランス革命前の18世紀にその全盛を迎え、その流行は19世紀前半まで続きます。
当時、鉄とカットスティールでさまざまな宝飾品が作られました。
「カットスティール」とは、磨いた鉄を鋲状にして、それをぎっしりとプレートの上に敷き詰めたで作られた技法のことです。
表面が鈍い光できらめくのが味わいです。
また当時の鉄を使ったアンティークジュエリーには、カットスティールよりずっと小さな鉄にビーズのような穴を開けて、一つの布のようにしたものもあります。

当時のフランスは、鉄のジュエリーの地位は非常に高く、多くの王侯貴族に愛されていました。
後年のダイヤモンドの代用品としての「マルカジット」と異なり、鉄のジュエリーは貴石や貴金属が使えない「庶民の代用品としてのジュエリー」ではないのです。
例えばナポレオンの妻のユージェニー后妃なども鉄のジュエリーを愛した一人です。
彼女の死を惜しんで作られた記念のジュエリーには、目を見張る煌びやかな貴石の宝石と共に、カットスティールのセットジュエリーが2つも入っています。
また当時の鉄のジュエリーの人気を物語るもう一つのエピソードに、鉄のジュエリーのイミテーションとして銀で鉄のジュエリーが度々作られたという話もあります。
ヴィクトリアアルバート美術館が所蔵する1809年製造のコレクションにも、18世紀の鉄のジュエリーを模した銀製の櫛が残っています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×