ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)

アールヌーボーの先鋭とベルエポックの洗練 完全なアールヌーボーのネックレスでありながら、似たタイプのアールヌーボーのネックレスを見たことがありません。
アールヌーボーは1890-1910年頃にフランスを中心に隆盛した装飾様式ですが、このネックレスが製作されたのはその後半の1900-1910年頃と推定できます。
当時の先鋭的な運動であったアールヌーボーの影響を受けながら、ベルエポック時代の伝統的な貴族的なジュエリー製作の影響も見られます。
有機的な植物をモチーフにしたアールヌーボーのゴールドネックレスの典型的な構図を取りながら、中心のモチーフはベルエポックに好まれたガーランド(花綱模様)になっています。
曲線が絡みながらも左右対称で気品ある上品なネックレスです。
典型的なアールヌーボーのジュエリーでありながら、まるで違うものを見たような衝撃がありました。
通常のアールヌーボーは薔薇などをモチーフにしたものが多いですが、このネックレスは非常に様式化されたデザインになっています。
リボンのように折り曲げられたゴールドの曲線 このネックレスで一番感嘆したのは、あるいい一番目立たない部分なのですが、左右のモチーフのゴールドの捻り部分です。
特にゴールドの線を曲げている箇所は、まるで繊維で出来たりボンのしなりのよう。
一瞬のシルエットを永遠のものにしています。
この部分は絶妙につや消しがされていて立体感があり、それはゴールドが裏返る部分も同様です。
これだけのオリジナリティあるゴールドの捻りを作りだすのに、どれだけ高度な金細工技術が要ったことでしょう。
花綱の中心に天然真珠(裏側のセッティングも素晴らしい!)、そして左右のモチーフの要所にダイヤモンドが埋め込まれています。
ダイヤモンドの台座の表面のにみ当時出始めたばかりのプラチナが用いられており、こうした点からもこの作品はアールヌーボーの影響を受けながらもその後半、20世紀が明けてからの作品であることが分かります。 ネックレスの長さは39.5センチ。
短めと思われるかもしれませんが、ドロップラインがありますのでちょうど良いと思われる方が多いと思います。

  • 幅:395mm 
    重量:7.4g
  • 販売価格:432,000円(税込み)

ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)

世界にひとつだけの一点もの

  • 斬新であり王道、特徴的なデザインから独特な雰囲気が出ているジュエリーです
  • 重量もあり胸にしたときに綺麗なシルエットが保てます
  • 全体はイエローゴールドですが、所々に配された白系の宝石が絶妙なアクセント
  • お皿のようにゴールド野台座にセットされた天然真珠はこっくりとした艶があります
  • フランス18金の刻印が数箇所にあります
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)
  • ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)

上の写真をクリックするとベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)の大きな写真が切り替わります。

ベルエポック アールヌーボーネックレス(ガーランド花綱)

[通販価格:税込] 432,000円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

ベルエポック時代のジュエリーとアールヌーボーのジュエリー

アンティークジュエリーの説明書などを読んでいて分かりずらことの一つに、時としてその時代のジュエリーが時代名で表現されることもあれば、装飾様式名で表現されることだと思います。
フランスのジュエリーの中で特に有名な装飾様式を表す言葉に「アールヌーボー」、「アールデコ」がありますが、これらは装飾様式を示す言葉で時代を示す言葉ではありません。

理解が難しいことの一つに「アールヌーボーのジュエリー」と「ベルエポック時代のジュエリー」があると思います。
どちらもフランスのアンティークジュエリーに親しむ中でよく聞く言葉だと思います。
二つのジュエリーは、時代としては重なっています。

ベルエポックはフランス語でよき時代(Belle epoque)という意味です。
厳密には1910-1914年の5年間を指しますが、もっと広義に19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914年)までのパリがもっとも繁栄した華やかな時代とその文化を回顧して使われることもあります。
一方、アールヌーヴォーはこの時代にカウンターカルチャーとして隆盛する芸術の運動です。
「ベルエポックのジュエリー」と「アールヌーボーのジュエリー」は同じ時代のフランスで製作されながらも、その源とするところが異なります。

ベルエポック時代のフランスは、伝統固守と革新志向が混沌と共存しています。
若く革新的なアーティストたちがナンシーを中心に「皆のための芸術」という新芸術運動(アールヌーボー)を起こしていたのに対し、当時のパリの貴族やブルジョワ層は、18世紀末のマリーアントワネットなどの貴族スタイルに憧れを抱いていたのです。

ジュエリーを持つ社会的階層としては従来からの貴族層に加えて、産業によって富を得たブルジョワ層が入ってきます。
ベルエポック時代のジュエリーには、こうしてパリを中心に洗練された都市文化を謳歌していたブルジョワジーたちの好みが反映されるようになります。
アールヌーボーを除けば、ベルエポック時代に作られたアンティークジュエリー、中世ルネサンススタイルとガーランドスタイルの貴族的な影響が残る、むしろ古典的なものでした。

下記は当店で販売済みのベルエポック時代のドラップリーネックレス。
貴族的でエレガントな美しいラインが特徴的です。
ベルエポック時代のアンティークジュエリーは、アンティークならではの細工の細やかさや素材の良さに、こうした都会的なセンスの良さが加わり、現代女性にもとても着けやすい垢抜けたジュエリーが多いです。
アールヌーボーの工房が現在のデザイナージュエリーブティックの先駆けで、グランメゾンが現在のブランドブティックの先駆けだったといえます。
デザイナーブティックが斬新で奇をてらったようなデザインを追及したのと対照的に、グランメゾンは、その正当性を活かした正統派の貴族的な大ぶりのジュエリーを得意としました。

アンティークムーンストーンネックレス(ガーネット、ピンクサファイヤ、ドラップリー)

一方のアールヌーボーのジュエリーは芸術性の高い、ある意味で実験的な装飾様式といえます。
有機的なラインやアンシメトリーなラインなど、時代としてはベルエポック時代に属しますがまるでその真逆をいくような先鋭的なデザインと職人を中心とした動きがその本質です。

下記はやはり当店で販売済みの時代としてはベルエポック時代に作られたピアスですが、アールヌーボーの特色がよく出た作品です。
アールヌーボーのジュエリーは、先鋭的で時にエギゾチックでもありました。

アールヌーボー葉っぱのピアス(フランス、天然真珠と18金)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×