ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)

何と動物の角(ホーン)でできたマーガレット 動物の角でできたペンダントトップ。
1890-1900年頃のフランス製。
特に白い角と呼ばれるこのペンダントに使われている白角は、フランスアンティークにおいて珍重されてきた素材です。
同素材は高級扇子の骨にもされてきました。
牡鹿など鹿の角を使うことが多く、この素材も牡鹿の角のようです。
アールヌーボーらしいデザイン このペンダントの魅力は、とても珍しい動物の角という素材でできていること、そしてアールヌーボーの特色が強く出たデザインであるということです。
そもそも動物の角という異素材を使っているのも、ヌーボーらしい選択です。
デイジーを有機的に描いた、表現力豊かな作品。
とても珍しいアンティークで、市場に出てくることは稀です。
注:チェーンやリボンは付いていません。お手持ちのリボンやチェーンと合わせてお使いください。

  • 幅:70mm 
    高さ:110mm 
    重量:12g
  • 販売価格:売り切れました。

ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)

世界にひとつだけの一点もの

  • 7センチx11センチほどと大きめ。トップス上などからざっくりとつける感じです
  • 茶色のヴェルヴェっトのリボンを通して短めにつけるとカッコイイです
  • デイジーの部分は白黒ともに骨。その下の雫の形の飾りもおそらく違う部位の骨
  • 裏から撮った写真。すべてが手彫りでできているのがよく分かります
  • この部分も別の部位のホーン(動物の骨)です
  • ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)
  • ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)
  • ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)
  • ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)
  • ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)
  • ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)
  • ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)

上の写真をクリックするとホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)の大きな写真が切り替わります。

ホーン製マーガレットペンダント(アールヌーボー、マーガレット)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

花がモチーフのアンティークジュエリー「マーガレット(フランス菊)とデイジー(ひなぎく)」

花を主体にしたジュエリーは1820-30年頃から多く作られ始め(それ以前にも見られますが)、19世紀中ごろにその全盛を迎えます。
お花をモチーフにしたジュエリーが当時なぜそれほどまで流行したかというその理由については純粋にそのデザインが可愛かったこと、お花モチーフのジュエリーは身につけやすいジュエリーでもあったこと、またヨーロッパの王室貴族の間でガーデニングが同時期に流行したためと言われています。
この頃にガーデニングに良く使われた花はパンジー、薔薇、フクシア、キク、ダーリア。
これらはつまるところ、アンティークジュエリーの花のモチーフにしばしばされた花です。

フランスでもこの影響を受け、多くの花をモチーフにしたジュエリーが作られます。
特にナポレオンの妻、ユージェニーが特に花をモチーフにしたジュエリーを好みました。
どんなお花がモチーフになったかと言いますと、「薔薇(しあわせな愛)」、そして「忘れな草」。
その他、「エーデルワイス」「ハイビスカス」「プルメリア」「パンジー」「オークの葉と実」「マーガレット(忠実な愛)」「プルメリア」「チューリップ」「ダーリア」「百合(花束で表現されることも多いです)」「すずらん」「アイリス」「デイジー」等々。
センチメンタルな忘れな草、フラワーバスケット(花籠)のジュエリーなども比較的よく見られます。
イギリスでは、イングランドのバラ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)が度々、ジュエリーのモチーフにされてきました。

フランスアンティークジュエリーで、たびたびモチーフにされるマーガレット(Margarites)。
マーガレットはアフリカ西北方のカナリー諸島で原産のキク科の花で、17世紀末ヨーロッパに持ち込まれ、フランスで改良されます。
少し紛らわしい話になりますが、日本語ではデイジーは「ひなぎく」、マーガレットは「木春菊」になります。
「マーガレット」は欧米では「フランス菊」を指し英語名で「Ox-eye daisy」、デイジーの花の一種でもあります。
マーガレットとデイジーは似ていますが、一般的にデイジーの方が小さくてマーガレットは1メートルくらいまで伸びて、葉が何本にも分かれているのが特徴です。
日本のマーガレット(木春菊)。
木春菊

フランスのマーガレット(フランス菊)。
フランス菊(マーガレット)は白ばかりでなく、ピンクや黄色の花もあります。

フランス菊

アールヌーボーのマーガレットのネックレス。
マーガレットのネックレス(バロック真珠、アールヌーボー)

デイジーの語源は「Day's eys(太陽の目)」。
デイジーは朝にその花びらを開き、夕方には閉じます。
フランスでは、古くからデイジーは愛と関性の高いる花であったため、デイジーもしばしば指輪やネックレスなどのジュエリーのモチーフにされてきました。
デイジー(ひなぎく)はイタリアの国花でもある花で、花弁が多いため、イギリスではその花弁を数えて恋占いに使われたことから、「measure of love (愛の物差し)」とも呼ばれていたそうです。
昔、求婚する若者はデイジー(ひなぎく)をポケットに忍ばせ、枯れるまでに 恋人のもとにたどりつけるかどうかで結婚の正否を占ったそうです。
また「彼(彼女)は、私を愛している?少し?大いに?熱烈に?」と、デイジー(ひなぎく)の花びらを一枚ずつちぎって行う占いもあります。
デイジー(ひなぎく)の花言葉は純潔です。
またアメリカでは女性の名前としても好まれました。

当店でもデイジーをモチーフにしたジュエリーは度々扱ってきましたのでいくつかご紹介しましょう。
まずマーガレットの指輪。
デイジーのアンティーク指輪(天然真珠)

ところで関連してフランス語で「Billet doux」と言う言葉があります。
これは英語に訳せば「sweet not」、日本語に無理やり訳せば「甘い切符」と言う意味になります。
かつてヨーロッパでは、当事者たちにしか分からない暗号のようなメッセージを新聞に掲載すると言うことが流行しました。
フランスが発祥のこの言葉、1848年にイギリスの作家ウィリアム・メイクピース・サッカレーの「虚栄の市」と言う小説の中で英語圏にも紹介されます。
この「Billet doux」は、ジュエリーにもなりました。
往々にして花束がそのモチーフになり、禁じられた恋人たちに秘密のメッセージを伝えました。 花束のモチーフによくなったのがバラ、パンジー、デージーです。
また宝石のセレクション(宝石の頭文字によって愛を表現したり)や、ジュエリーのシルエット、彫られた文字で表現された「billet doux」も生まれました。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×