アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)

見たことのない、変わったデザインのロケットペンダント 私もこのロケットを譲って頂いたフランス人ディーラーさんも、こうした形のジュエリー自体初めてで、二人で何の形だろうねと話していました。
フクロウのようにも見えますね。
お腹にあたる部分がぷっくりしていて、愛らしいフォルムのロケットです。
大きさは横幅1.3センチ 縦幅1.8センチ(上の引き輪部分を含めず)と大きなロケットではありませんが、ふっくらとした厚みがあるせいか大きさ以上に重量感&存在感があります。
花綱(ガーランド)模様の金細工 愛嬌のあるぷっくりとしたフォルムとは対照的に、金細工で描かれたモチーフは優美そのものです。
表面と裏面で異なる模様が彫られています。
表面は草花、裏面もお花ですがガーランド模様になっています。
ガーランド様式(花綱模様)はフランス、ベルエポック時代を代表するジュエリーモチーフです。
状態もとても良く、ロケットは今でもパチンと音を立てて開閉することができます。
ロケット内部のガラス仕切りも状態が良く、このガラス仕切りにも意外なほどしっかりとした厚みがあります。
ロケットを開けたときにこのような風合いのある昔のガラスが綺麗に残っているのを見ると嬉しくなりますね。
ガラス仕切りは全面がゴールドで枠取りされていて、小さいながら細部まできっちり作りこまれた良質なアンティークロケットです。
19世紀後期-1900年頃のフランス製。
18ctゴールド。
注:チェーンはついていません。

  • 幅:13mm 
    高さ:18mm 
    重量:2.7g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 丸みを帯びた愛らしいシルエットで、触れた感じも気持ちいいです
  • 横幅が1.3センチ程、小さめですが厚みもありしっかりとした存在感です
  • 裏面のガーランド模様
  • ロケットを開けた状態。内側の仕切りのガラスも味わいがあります
  • フランス18金ゴールドの刻印あり
  • アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)
  • アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)
  • アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)
  • アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)
  • アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)
  • アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)
  • アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)

上の写真をクリックするとアンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク ゴールドロケットペンダント(19世紀後期 花綱ガーランド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークロケットペンダント(locket pendant)、ロケットリング(locket ring)

アンティークロケットは最も人気の高いアンティークジュエリーの一つです。
その歴史は中世のヨーロッパまで遡ります。
この頃は宗教的意味合いが強く、聖像などを収めたりするものでした。
下記は当店扱いの何と18世紀の非常に古い時代のロケットペンダント、何と「鉄とダイヤモンド」でできています。




18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)

ジュエリーとして美しいロケットが出始めるのは、主に19世紀。
19世紀初頭に、イギリスやフランスを中心に大切な人の髪や形見の品などを入れる物としてロケットペンダントやリングが普及します。
宝石をちりばめたものや、細工の凝ったものなど、美しいロケットが作られます。
下記は当店にて販売済みのイギリス・ヴィクトリアンのアンティークロケットリング。
この手の比較的小さなロケットリングは、故人の髪を入れるためのものでした。


エナメルアンティークロケット指輪

イギリス・ヴィクトリア時代(19世紀中ごろ)のロケットには積極的に愛のメッセージが込められているのが特徴です。
下記はヴィクトリア&アルバート美術館所蔵の1840年頃、イギリスヴィクトリア時代中期のロケットペンダントです。
ハートの形に南京錠、その鍵が描かれています。
その心は「私の心(ハート)の鍵はあなたが握っている」です。
使われている宝石にも愛のメッセージが込められています。
ルビー、エメラルド、ガーネット、アメジスト、ルビー、ダイヤモンドでその頭文字をとって「Regard」。

ロケットregard
(c) Victoria & Albert Museum, London

一方フランスでは19世紀中ごろに作られたロケットジュエリーも存在しますが、比較的数多くロケットジュエリーが作られたのはもっと先、19世紀末のベルエポック時代です。
またそのスタイルに関してもイギリスヴィクトリア時代の方が「時には重たいほど愛のメッセージ」が込められたものが多く、ジュエリーとしても重厚で大きめのロケットがトレンドであったのに対して、フランスベルエポック時代に製作されたロケットは、都会的で洗練されたデザインです。

下記は当店所蔵述べルエポック時代に作られたロケットペンダント。
同じハートの形ですが、愛のメッセージと言うよりジュエリーのモチーフとしてハートが用いられています。

ハートのロケットペンダント

ロケットペンダント(リング)に関しては、英仏でかなり異なった歴史が見られるところが面白いです。

ロケットのモチーフには時に、珍しい題材も選ばれました。
下記は当店で販売済みの葡萄モチーフのロケットペンダント、お酒のボトルをモチーフにしたロケットペンダントです。

アンティークロケットペンダント(葡萄、金細工、ベルエポック期)

アンティークロケットペンダント(ボトル型、天然真珠、ミルグレイン)

フランスのアンティークロケットでは金細工に優れたロケットが多いですが、エナメル細工が施されたロケットもアンティークジュエリーならではの醍醐味です。
フィリグリー金細工のロケットペンダント。

アンティークロケットペンダント(フィリグリー金細工、ルビー、ダイヤモンド)

ギロシェエナメルのロケットペンダント。

ギロッシュエナメルアンティークロケットペンダント(金細工、ダイヤモンド、真珠)

フランスのロケットジュエリーの大半はイエローゴールドで作られていますが中には例外もあります。
下記は銀製のロケットペンダント。

すずらんのアンティークロケットペンダント(鈴蘭、銀製)

またアンティークロケットペンダントも非常に人気があり、常に品薄状態なのですが、それ以上に見つけにくいのが、ロケットリングです。
ペンダントに比べても細工を施す面積が少ない指輪で、このような細工を施すのは非常に大変なことで、作られた数も極めて少ないのです。
下記は当店で販売済みのバラをモチーフにしたロケットリング。

アンティークロケットリング(フランス アールヌーヴォー 18ctゴールド)

このロケットリングのように無色のガラスの場合、何も入れない状態で着けても美しいですし、押し花のように小さな葉などを入れてもよいと思います。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×