アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)

愛くるしいアンティークハートペンダント 19世紀後期-1900年頃のフランス製。
幅2センチ弱の小さくて愛くるしいハートのペンダントです。
全体は18Kですが、こうしたハートのトペンダントは中が空洞になっているので軽いです。
真ん中には小さなパールが施されていて可愛さ倍増です。
典型的なガーランドスタイルのジュエリー 表にも裏にも、花輪のような形に金細工が施されています。
このロケットペンダントが作られた19世紀末のベルエポックの頃は、ガーランドスタイル(花綱模様)が流行した時代です。
花綱や花冠は典型的なガーランド様式のモチーフ。
可愛らしいけれど甘すぎず、程よく洗練されているので現在でも使いやすいです。
注:チェーンはついていません。
ロケットペンダントではないので中は開きません。

  • 幅:18mm 
    重量:1.2g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)

世界にひとつだけの一点もの

  • 昔ながらのハンドメイドなので小さいながら立体感があり、存在感があります
  • 他のペンダントとも併用しやすいです。チャームのように使っても素敵です!
  • 6ミリの程よい厚み。このふっくらとした厚みが美しいシルエットにつながるのです
  • 裏面には花輪模様。ハートの外周には細かな彫りが彫られ、手が込んでます
  • アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)
  • アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)
  • アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)
  • アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)
  • アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)
  • アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)

上の写真をクリックするとアンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)の大きな写真が切り替わります。

アンティークハートペンダント(ガーランド、真珠、フランスベルエポック期)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

センチメンタルジュエリー ラヴジュエリー ハートモチーフジュエリー

アンティークジュエリーの中には、個人的な愛情や思い出を表現したセンチメンタルジュエリーと呼ばれるジュエリーが存在します。
センチメンタルジュエリーは大きく分けて「宗教的な信仰を誓うもの」「故人を偲んだモーニングジュエリー(mourning jewelry)」「愛する人との永遠の愛を誓うジュエリー」に分けられます。

センチメンタルジュエリーがヨーロッパで製作されはじめたのは1800年前後からです。
ロケットやブレスレットのクラスプに、小さな肖像画を入れたセンチメンタルジュエリーもイギリスで1830年頃に流行します。
目だけ描かれた肖像画をジュエリーにするというのも1780年代から流行します。
ポイントは肖像画に描かれた人を特定するのが難しく、秘密にできるということです。
下記はヴィクトリアアルバート美術館所蔵の「lover's eye」のブローチ。
製作年度は1800-1820年。

モーニングジュエリー
(c)Victoria and Albert Museum, London

フランスでもセンチメンタルジュエリーは作られましたが、数は少ないです。
またイギリスのやや大げさなほど「約束」を前面に出したものではなく、ハートや花などのモチーフ(そのモチーフが持つメッセージ性)を上手に生かしたもの。
手で愛情を表現したものなども好まれました。

センチメンタルジュエリーは、文字が彫られたものもあります。
下記は当店で販売済みのシール(印章)。
、「plus loin plus serre(離れれば離れるほど(心は)近くに)」というロマンティックな愛の言葉が彫られています。

アンティーク印章ペンダント(栗鼠、コーネリアン、シール)

またセンチメンタルジュエリーのラヴジュエリーのモチーフの一つとして人気が高かったのが、ハートです。
ハートの起源は古く、中世にまで遡ります。
キリストが「自らのハートを人々への愛の証として見せる」、ということから始まりますが、心臓は愛と感情が宿る大切な場所ということで、ハートモチーフのジュエリーは愛情や幸福を象徴しています。

下記はイギリス、ヴィクトリアアルバート美術館所蔵のハートモチーフのリガード(Regard)ペンダント。
ハートと南京錠で、「あなたが私のハート(心)の鍵を握っている」と言うメッセージを伝えています。
また使用されている宝石は左からルビー(ruby)、エメラルド(emerald)、ガーネット(garnet)、アメジスト(amethyst)、ルビー(ruby)、ダイヤモンド(diamond)でその頭文字をとって「Regard」のメッセージが込められています。

リガードハート
(c)Victoria and Albert Museum, London

フランスジュエリーでは特にベルエポック時代に、良質なハートのジュエリーを見つけることができます。

下記は当店で販売済みのハートペンダント、ロケットになっています。

ハート型アンティークロケットペンダント(3色カラーゴールド、天然真珠)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×