ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)

圧倒的に美しい、パーフェクトコンディションのクラスターリング お花のデザインに仕上げられた「クラスターリング」。
一言でアンティーククラスターリングと言っても実に色々な表情のリングがあり、レベルの高いクラスターリングを見つけますと嬉しくなり、コレクションをしたくなります。
この指輪はフェイス部分の大きさが直径1.1ミリと、よく見るクラスターリングよりサイズが大きめでゴージャス。
そしてダイヤモンドの密集度が高く、遠目でも存在感を放つリングです。
ダイヤモンドは中心のメイン石が、オールドヨーロピアンカット。
直径4ミリ強の大きさのある石です。
クリアで透明で燦々と煌くダイヤモンド、こうしたクオリティーのダイヤモンドはまさにこの時代のジュエリーならではの醍醐味。
写真から、その美しさが伝わることを願っています!
その周りの8石のダイヤモンドはローズカットですが、こちらも一瞬オールドヨーロピアンカットではないかと思うほどの眩く煌いています。
その理由は石自体がそれぞれオールドヨーロピアンカットにもできる高いレベルの石で、通常のローズカットより驚くほど厚みがあるからです。
プラチナで二段階に高さをつけられた台座に見事な透かしと共にセットされているため、様々な角度から光が入り、眩いばかりにダイヤモンドが煌きます。
アンティークリングの中で普遍的なデザインであるクラスターリングでは、いかに良い宝石が用いられているか、いかにレベルの高い細工がなされているかが重要です。 愛が込められたクラスターリング 18金ゴールドとプラチナを併用したジュエリーはいわゆるエドワーディアン後期の典型的なジュエリー製作です。
年号でいきますと1910年代。
フランスではもう少し後の1920年代の前半まで、つまりアールデコの初期のジュエリーにもまだこのスタイルのジュエリーを見ることができます。
斜めから見た時にゴールドの美しい輝きが見えるのも、エドワーディアンのプラチナフェイス&ゴールドバックのジュエリーの魅力です。
繊細なゴールドとプラチナの作りのこの時代の宝飾技術を、ジュエリー史のトップに位置づけるプロは多いです。
これ以降、アールデコ後期になってきますとオールプラチナやオールホワイトゴールドのジュエリーが増えていきます。
プラチナという新しい地金の特性から、優れたデザインのジュエリーは生み出されますが、一方で前世紀から受け継いだ緻密な細工は失われていきます。
プラチナの洗練と細やかな細工、宝石(特にダイヤモンド)の美しさの三拍子が揃っているのがまさにこの1910-1920年前半のジュエリー。
洗練されていて、日本女性にもっとも似合うジュエリーの一つでもあります。
ところでクラスターリングの「花」で表現しているのは愛です。
愛をこめて、愛する人に贈られました。
普遍的なエレガンスを持つクラスターリングは大人の女性の日常使い、あるいは結婚指輪としても最適です。
1910年頃のフランス製。
18金イエローゴールドとプラチナ。
指輪サイズは13.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:11mm 
  • 販売価格:売り切れました。

ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • プラチナで放射線状に広がるメイン石の爪で華やかさが増します
  • お花の直径1.1センチ、更に左右にダイヤモンドが入り、指一杯に広がるイメージ
  • 中心のダイヤモンドの美しさは、アンティークでもトップレベル
  • ダイヤモンド周り以外は少しピンクを帯びたローズゴールド
  • 緻密な仕事ぶりが分かる石の窓、プラチナとゴールドの張り合わせも見事です
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)
  • ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)

上の写真をクリックするとダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)の大きな写真が切り替わります。

ダイヤモンド アンティーククラスターリング(フラワーリング、フランス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーククラスターリングとは(cluster ring)

クラスターリングとは、中央の石を中心に周りを一回り小さい石で囲むお花のようなデザインの指輪のことです。
石と石の間が同じ間隔で詰まっています。

19世紀後期に、イギリスやフランスで特にクラスターリングが流行しますが、それ以前からあった伝統的なデザインです。
現代でも使われ続けているデザインで、クラスターエンゲージリングといってプロポーズの時に贈られることも多い指輪デザインです。

「ヴィクトリア王朝時代末期のクラスターリング ダイヤモンド」
ヴィクトリア王朝時代後期クラスターリング

一言でダイヤモンドクラスターリングといっても、場所も時代も変われば雰囲気は大きく異なります。
下記はフランスで1930年頃に製作された「ダイヤモンド アンティーククラスターリング」。
先ほどのヴィクトリアンのクラスターリングに比べて大ぶりで、よりモダンな雰囲気が出ています。

ヴィクトリア王朝時代後期クラスターリング

クラスターのClusterとはお花や果実などの「房」「かたまり」のことです。
アンティークのクラスターリングでは、ダイヤモンドのものが多いですが、「ルビーxダイヤモンド」「サファイアxダイヤモンド」等、ダイヤモンドと色石の組み合わせの指輪。
下記は当店で販売済みのブルーサファイヤxダイヤモンドのクラスターリング。
アンティークセイロンサファイア指輪

下記も当店で販売済みのクラスターリングで、すべてがガーネットでできています。

ペルピニャンガーネットアンティーク指輪

また「真珠とエメラルド」等、色石同士の組み合わせのものなど様々です。
「真珠とガーネットのクラスターリング」。

ペアンティークガーネット指輪

また「クラスターピアス、イヤリング」と言って、同じデザインのアンティークジュエリーでピアスになったものも存在し、やはりとても人気があります。
「アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花)」

アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花)

ブローチでも存在します。
アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花)。

アンティーククラスターブローチ(ローズカットダイヤモンドと天然真珠)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×