ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)

ゴールドとダイヤモンドで表現された世界で最も贅沢な花 1850-70年頃のフランス製。
ダイヤモンドは薔薇の蕾をイメージさせるローズカット。
そしてピアス全体もお花の形になっています。
ダイヤモンドもゴールドも共に硬質の素材なのに、柔らかい雰囲気が出ていることがすごいと思いませんか?
ゴールドをうねらせて、2重の花びらを柔らかく表現しています。
ゴールドを婉曲させて作った花びらはまるでシフォンケーキを想わせるような愛らしい柔らかさに溢れています。
段階的に付けられた高さがポイント 幅は1センチ弱の小さなピアスですが、非常に立体的で存在感があるピアスです。
その秘訣は立体的な構造と、細工の細かさにあります。
横から見ると、ピアスが大きく3段階に高さが付けられていることが分かります。
波状のシルエットが美しい外側の花びら、そこから一段高く持ち上げられた一回り小ぶりの内側の花びら(この2重の花びらが非常に贅沢です)。
そしてそこからかなりの高さをつけて、ローズカットダイヤモンドをゴールドのツメで持ち上げています。
6ミリほどの高さがあり、立体感が出ています。
素晴らしい金細工が楽しめるピアス。
とても着け易いところも魅力です。
地金は18Kゴールド。

  • 幅:9mm 
    高さ:15mm 
    重量:1.8g
  • 販売価格:売り切れました。

ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)

世界にひとつだけの一点もの

  • ダイヤモンドもゴールド部分も硬い素材と思えないほど柔らかい雰囲気
  • 小さめのピアスなのに、ダイヤモンドは4.5ミリほどと大粒で高級感があります
  • 1つ目の花びら2つめの花びら、そしてトップにローズカットダイヤモンドと立体的
  • ダイヤモンドは何と4.5ミリと大粒。透明度が高くローズカットも美しいです
  • 石はクローズド。裏から見てもゴールドが花の形に波打っていて可愛いです
  • ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)
  • ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)
  • ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)
  • ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)
  • ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)
  • ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)
  • ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)

上の写真をクリックするとローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)の大きな写真が切り替わります。

ローズカットダイヤモンドのアンティークピアス(花、金細工)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンドピアスについて

ダイヤモンドのアンティークピアスは、フランスアンティークジュエリーの定番的存在です。
「ダイヤモンドx18金ゴールドのピアスは」特に1900年前後のフランスのアンティークジュエリーで作られれたものが多いです。
ベルエポック時代に作られたダイヤモンドピアスの特徴はダイヤモンドの周囲のごく一部分にのみホワイトゴールドが使われていて(もう少し後年になりプラチナセットのものもあります)、あとはイエローゴールドでできています。
ダイヤモンドは台座に埋めこまれるようにセットされていることが多く、多くの場合ピアス自体は小ぶりです。
しかし定番といっても石の大きさやモチーフ、細工などはひとつずつ不思議なほど違い、思わずいろいろコレクションしてしまいたくなるアイテムです。
ピアスはつけ外しが頻繁に生じ、顔に非常に近いところに着けるジュエリーですから、ジュエリーの中でも最もクオリティーが求められます。
当時のこうしたダイヤモンドピアスは、非常に作りが良く丈夫。
手作りで作られたバネやセッティングが、現在のピアスにはないタフさを持っています。
かつ小ぶりで日本女性に似合い、合わせやすいアイテムですから、一つは欲しいマストアイテムでしょう!
ところでフランスのアンティークピアスは、その構造から分けると大きく以下の3種類に分かれます。
1)耳たぶの後ろから前に針をさしドルムーズタイプのピアス。
2)現代のピアスと同じよう、前に針を通して後ろで金具を留めるタイプのピアス。
3)フープ状になった針を前から後ろへ突き刺して、そのまま突き刺しただけのピアス。
どの作りのアンティークピアスが良いかはお好みによりますが、ドルムーズタイプのピアスは慣れるまで着けにくいですが、装着していて取れにくいと言う利点があります。
またいかにもアンティークと言った愛らしいデザインも魅力的です。
着けやすさでいったら2)と3)に軍配があがります。
2)のタイプのピアスは一番現代のピアスと構造が似ているので、好まれる方が多いです。
3)のタイプのピアスは針が太すぎたり、ピアスのモチーフ部分の角度を調整したい時などに一番調整が楽に出来るタイプのピアスです。
例えばドルムーズタイプのピアスがどうしても着けにくいといった場合にも、3)のタイプのピアスへの作り変えは比較的容易であることが多いです。
こうしたピアスのタイプを変更したり、本来ブローチだったものにペンダント通しをつけたりといった実用に伴う作り変えは、アンティークジュエリーの価値を大きく損ねるものではありませんが。
全体のデザインを大きく損ねず作り変えることが出来るかどうかは、ケースバイケースです。
ご相談ください。
また当店ではあらかじめお客様からの要望がない限り、あるいはおことわりなく加工して販売するといったことはないです。
よく日本の業者さんで行われているのが、2つで1組のアンティークピアスを2つのペンダントに加工して、「元々ペンダントでした」と販売をしてしまうというもの。
私はアンティークピアスが大好きということもあり、こうしたことを見ると本当に残念でなりません。
ピアスは2つで1組と言うこともあり、実は仕入れ価格がかなり高めになってしまうことが多く、その割りに日本で指輪などに比べて高額はつけにくいといった事情もあるようです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×